【豊音SS】トシ「はい2人組作って」【宮守】

鬼滅の刃20巻を無料で読む方法!

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 19:49:38.30 ID:VQhSUpjg0

エイ「ネズミーランド!」

胡桃「へぇ、ここがー……賑わってるね」

トシ「平日とはいえ夏休みの真っ只中だからねぇ」

エイ「アソブ!ハヤク!」

塞「時間はたくさんあるんだから、急がない」

シロ「……ダル」

トシ「思い出作りとして遊園地にきたのはいいけれど……」

トシ「そうね、どうせなんだから2人組に別れるのはどうだい?」

塞エ胡「ええっ!?」

トシ(五人まとめて見るのはさすがにめんどくさいからねぇ……高校生だし大丈夫だろう)

塞エ胡(2人組なら、シロと……!)

豊音「え、あ……うぅ……っ」

シロ「だる……んー豊音でいいや」

塞エ胡「えっ!?」
4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 19:53:13.41 ID:JGE/ZW1C0

じゃあ残った三人は俺とだな
7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 19:53:51.71 ID:CxouvniY0

トシさんとペアになったらどうすんだよ…

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 19:56:33.82 ID:VQhSUpjg0

トシ「ちなみにあまりは私とだよ」

塞「……」

豊音「えっ?わ、私は……」

塞「し、シロ!私と組もう!」

胡桃「あ、私と組むんだから!」

エイ「サセナイ!」

ギャーギャー

シロ「……」

豊音「ちょっと、みんな落ち着いて……」アタフタ

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 19:58:21.36 ID:VQhSUpjg0

シロ「……おいで」ギュッ

豊音「わっ」

塞エ胡「!!」

塞「うそ、まじで……?」

胡桃「し、シロが……いや、トヨネなら仕方ないか……」

トシ「ふふふ、追わないのかい?」

エイ「イイノ?」

トシ「私ははしゃぐような歳じゃないからねぇ、まったりみて回るよ」

塞「……ありがとうございます」

胡桃「いくよ、みんな!」

エイ「ウン!」

トシ「青春だねぇ」
10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 20:02:23.83 ID:VQhSUpjg0

豊音「い、いいのかな……?みんなに悪いよー……」

シロ「トヨネはなに乗りたい?」

豊音「え、でも……」

シロ「私がトヨネを選んだんだから、そんな遠慮はいらない」

豊音「うぅ………っ」カァァ

シロ「嫌だった?」

豊音「い、嫌じゃないよー!?」

シロ「うん」

豊音「じゃ、じゃあ観覧車っていうのに乗ってみたいな!」

シロ「はいはい、いこうか」
12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 20:06:55.46 ID:M6roAJS/i

シロ(観覧車はダルくないし、いいか)
エイ「ヘンソウ!」

塞「手軽に仮装アイテム手に入って良かった……お、いたいた……」

エイ「トヨネ、メダツ!」

胡桃「さすがネズミーランドだよねー……あれ、観覧車の列に並んでるけど……」

塞「い、いきなりこれ!?」

胡桃「……後ろに並ぶよ!」

エイ「ウン!」
13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 20:09:33.52 ID:PjN9S5Mr0

ちょっと変装したぐらいじゃこの三人の可愛さは隠しきれないと思うの
14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 20:17:21.76 ID:M6roAJS/i

豊音「ワクワクだよー」

シロ「んー、観覧車でいいの?」

豊音「うん、パンフレットだけじゃなくて実際に上から見て決めたいって思って」

シロ「じゃ、いいか」

豊音「うんー」
塞「バレてないね?」ヒソヒソ

エイ「バッチリ!」ヒソヒソ

胡桃「このままいくよー!」ヒソヒソ

シロ(ダル……)

豊音「あ、私たちの番だー」

豊音「わわっ、乗るの難しいねー……よし、乗れた」

シロ「ん」

豊音「おお、一発だー」

シロ「お茶の子さいさい」

豊音「……狭い」
16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 20:26:31.37 ID:M6roAJS/i

シロ(……あの三人、どうみても塞とエイスリンと胡桃だよなぁ……)

シロ「ダル……」ボソッ

豊音「おー、どんどん小さくなっていくよー」

シロ(トヨネが気づかなければいいかぁ)
塞「うーん、下からじゃみえないなぁ」

胡桃「くぅ……何を話してるのか気になる……!」

エイ「ムムム……」

シロ(……)チラッ

シロ「はぁ……」

豊音「シロ、どうしたのー?」

シロ「ん、なんでもない」

豊音「あ、あのゴーッて落ちてくの楽しそうー」

シロ「……」

豊音「お化け屋敷なんていうのもあるんだねー」
19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 20:37:34.82 ID:SQfiFD6Li

豊音「そろそろてっぺんだよー」

シロ「そんなに動くと危ないって」

豊音「えへへ、楽しくてつい」
塞「トヨネ、はしゃいでるね」

胡桃「確かに、いつもよりイキイキしてる」

ガタンッ

塞エ胡「キャッ!?」

胡桃「みんな片側に寄ってたのもあるけど、まさか止まるなんて……いたた」

塞「うー、 顔打った……」

エイ「ゴメンナサイ……」
22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 20:47:01.13 ID:SQfiFD6Li

豊音「うわぁ!?」グラァ

シロ「っ」グイッ

豊音「ッ!」ポフッ

シロ「ほら、立ってるから……」

豊音「う、うん……ありがとー……」
塞「」

胡桃「」

エイ「oh…」
25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 20:55:29.65 ID:SQfiFD6Li

豊音「あ、動き出した」

シロ「どっかの三人組がやらかしたんじゃないかな……ダル」

豊音「……?」
塞「い、いいいいまの……」

胡桃「だ、だだだ抱きっ…抱き合って……」

エイ「ビックリシタ……」

塞「トヨネも満更でもない感じだし……」

胡桃「ぐぬぬ……」
豊音「地球一周~!」トンッ

シロ「小さい地球だね」

豊音「えへへー」
30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 21:12:11.87 ID:SQfiFD6Li

シロ「次、どうするの」

豊音「私が選んでいいの?」

シロ「うん、もともとそういう予定だったし」

豊音「じゃあ、あれに乗りたいなー」

シロ「ジェットコースター?」

豊音「うんうん」

シロ「……待ってちゃだめ?」

豊音「ぼっちじゃないよー、お友達がきたよー」ジー

シロ「う……わかった」
31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 21:15:01.18 ID:PjN9S5Mr0

豊音ちゃん山奥から出してもらえなかったらしいし、遊園地なんて初めてでちょー可愛い笑顔で楽しんでるんだろうなぁ
34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 21:26:03.63 ID:SQfiFD6Li

塞「こ、今度はジェットコースターか……」

塞「さすがにこれは、まってようか」

エイ「ノル!」キラキラ

塞「えっ!?」

エイ「アレ、ノリタイ!」

塞「く、胡桃……」チラッ

胡桃「ごめーん、私身長制限で乗れないやー!」ニヤニヤ

塞「や、やっぱり乗るのはやめよう!!」

エイ「……why?」

胡桃「エイスリンがかわいそうだよー?」

塞「うう……」

塞「わかった……」
36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 21:31:48.47 ID:SQfiFD6Li

豊音「キャー!」

シロ「……」

エイ「キャー!」

塞「……うぷっ」

豊音「わぁぁぁぁー!!」

エイ「キャァァァ!」

シロ「……うぷっ」
胡桃「……乗りたいなんて思ってないんだからねっ」
38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 21:39:07.94 ID:SQfiFD6Li

シロ「……」ゲッソリ

豊音「ご、ごめん……」

シロ「気にしないで」

豊音「で、でも……」

シロ「もう大丈夫だから」

豊音「や、もうちょっと休んでいこ?私もつかれたよー」

シロ「……わかった」
塞「きっつ……」

胡桃「おっつー」

塞「くそ……チビなのが役に立ったな」

胡桃「え?」カチン

エイ「ストーップ!」

胡桃「はっ」

塞「とりあえず、少し休ませて……」
42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 21:53:32.28 ID:SQfiFD6Li

シロ「うん、もういいよ」

豊音「じゃあ、お化け屋敷にいこう!」

シロ「ベタだなぁ」

豊音「いいんだよー!」

胡桃「む、サエ隊長、体調はいかがで?」

塞「き、キツイ……」

胡桃「お化け屋敷に並んだみたいだから、落ち着いたら外でまっててよ」

塞「わかった」

エイ「オバケ?」

胡桃「そ、いくよー」
45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 22:00:32.36 ID:SQfiFD6Li

豊音「で、でたぁー!!」

シロ「……」

豊音「きゃー、こわいー!」ダキッ

シロ「……」

豊音「いやぁぁぁ!」

シロ「すごいテンプレを感じる」
胡桃(ここって怖いことで有名なんだよな……よぅし、エイちゃんを脅かして……)

胡桃「ぎゃぁぁぁ!こないでー!!」

エイ「クルミ、コワガリ」
48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 22:10:26.79 ID:SQfiFD6Li

シロ「……」

豊音「あれっ、シロ……どこ?」キョロキョロ

豊音「あ、あれ……?」

シロ(んー、いじめてみたくなったんだよなぁ……)

豊音「ぅくっ…シロォ……」ジワ

シロ「こっちこっち」

シロ「……」ススッ

豊音「あ、そっちにいるの?」タタタッ

豊音「あれ……」

トントン

豊音「~~~~ッ!!」ストンッ

シロ「ありゃ、やりすぎた……」

豊音「び、びっくりしたよー……あはは」ポロポロ

シロ「つい、出来心で」

豊音「一生忘れられないよ、これー……」
50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 22:13:43.24 ID:aGVAdhgo0

シロちゃんがイケメンすぎてつらい
54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 22:30:39.80 ID:VQhSUpjg0

胡桃「ひぃー、早く終わってよー……」

エイ「!」

エイ「~♪」サラサラ

ツンツン

胡桃「ん……?」

エイ「(とりあえず怖そうな絵)」ドヤッ

胡桃「ぎぃやぁぁぁぁ!!!」

エイ「……コレ、タノシイ!」
55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 22:35:45.43 ID:b23IoolG0

エイちゃんwww
57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 22:37:14.01 ID:VQhSUpjg0

豊音「なんとか出てこれたー……」

シロ「だ……おつかれ」

豊音「疲れちゃったから休憩したいよー」

シロ「ん」
胡桃「うう……」

塞「ははは、なにその顔~」

胡桃「うるさいそこ!」
胡桃「はぁ……エイちゃんドSすぎだよ……」

エイ「~♪」サラサラトンッ

塞「え、もう一回いきたい?」

胡桃「もう一回いくとシロたち見失うよー」

エイ「ァ……ハイ……」ショボン
59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 22:46:07.39 ID:VQhSUpjg0

ーーーーー
ーー

豊音「ふー、いっぱい遊んだよー」

シロ「楽しかった?」

豊音「ちょー楽しかったよー」

シロ「よかった」

豊音「でも、みんなで遊びたかったかもー」

シロ「んー、そろそろいいか」クルッ

塞エ胡「あ」

豊音「あれ、みんな!?」

塞「あはは、ばれてたか」

胡桃「シロは鋭いもんなー」

豊音「え?え?」
60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/12(木) 22:50:33.76 ID:VQhSUpjg0

シロ「ずっとおなじアトラクション乗ってたんだ」

豊音「なんだ、そうだったんだー」

塞「あはは、偶然かなァ」

エイ「タマタマ」

胡桃「まぁ、そんなこともあるよ」

豊音「……あはは」

豊音「ちょーうれしい!」

シロ「じゃ、最後の〆にあれのろう」

豊音「えっ……」

塞「最初に乗ったもんなァ~?」

豊音「う、うん」
63 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/07/12(木) 22:54:29.60 ID:VQhSUpjg0

胡桃「夕焼けで赤くなってる景色も綺麗なんだよ」

豊音「!!」

豊音「早く、いこうよみんなー!」

胡桃「は、走ったらはぐれるでしょー!」

豊音「あははー」

塞「まったく……」

シロ「あ」

塞「ん?」

シロ「おんぶして」

塞「さすがに歩きなさい」ビシッ

シロ「ダル~」

エイ「メ、シロアルク!」

シロ「はいはい……」
64 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/07/12(木) 22:57:44.35 ID:VQhSUpjg0

豊音「みんなで乗るよ~」

胡桃「おー!」

エイ「オー」

シロ「……」

塞「ふふっ、やっぱり五人でいる時が一番だな」

豊音「次だ~」
係員「ごめんなさい、人数は……」

豊音「え?五人ですけど……」

係員「これ、四人が限界なんですよ……」

豊音「」

エイ「」

胡桃「」

塞「……はは」

シロ「ダルい」
おわり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする