【針生えりSS】三尋木咏「私のファンが一向に増えない……」

鬼滅の刃20巻を無料で読む方法!

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 00:45:36.41 ID:a2NVqALc0

咏「わかんねー……なにが悪いんだろ」

咏「日本代表の先鋒だぜ?」

咏「世界レベルのエースなんだぜ?」

咏「なのにほとんど隠居してるあの女のが人気って……」

咏「わかんねー」
2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 00:46:24.06 ID:DD49afNj0

何歳なんだろ?アラサーより年下?
4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 00:47:00.65 ID:C38ohEQz0

>>2
24
6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 00:48:54.21 ID:uN+QWLSu0

カツ丼よりは圧倒的に人気だと思うんだが
20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 00:53:31.30 ID:a2NVqALc0

咏「うーん……」トボトボ

えり「あっ、三尋木プロ?」

咏「おっ、えりちゃん。今日も一緒のお仕事だねー」

えり「そうですね。準決勝からは違う局ですから、今日が最後の仕事ですね」

咏「……えっ、今ちょっと喜ばなかった?」

えり「えっ?」
27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 01:00:06.10 ID:a2NVqALc0

えり「別に、そんなことはありませんけど……?」

咏「……わ、私が解説だと嫌、かな?」オズオズ

えり「……どうしたんですか? 今日はなんか、えらい弱気な感じですけど」

咏「んっ、んー……いやまぁ」

えり「?」

咏「また後でねっ!」タッタッ

えり「あっ!」

えり「──何なのよ、もう……」
30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 01:02:38.58 ID:Mrsp9MWp0

高火力が売りらしいから、見てて楽しい打ち方なんだろうな
いや知らんけど
31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 01:02:42.21 ID:T6bWu8hg0

24歳 145cm 37kg
32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 01:03:29.68 ID:FM6zLrKi0

>>31
ロリっろりな体型だな
45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 01:11:27.93 ID:a2NVqALc0

自室

咏「」ポチポチ

『インハイAブロック二回戦第二試合 反省会スレ』

咏「」カチカチ

『園城寺可愛い』
『ドラ娘の実家の旅館特定出来た?』
『ダサい玉』
『相変わらずの五月蝿いアナ』
『今回は三尋木プロ仕事してたな』
『咏ちゃん可愛いー』

咏「────」

咏「えへへ」ニコッ
53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 01:23:12.18 ID:a2NVqALc0

『別に普通だろ』
『あれくらい誰でも言えるわ』
『それよりも大将戦で俺の針生アナに喧嘩売ってたのがムカつく。身の程知れ小娘』
『それより今日の可愛い子一覧はよ』
咏「──」シュン

咏「……うぅ、わかんねー……」ジワッ
54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 01:23:14.25 ID:kew/nUElO

わかんねーと知らんしの汎用性が高い
60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 01:29:14.58 ID:MrAihsTq0

いやいや三尋木プロとか屈指の可愛さだろ
61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 01:34:00.45 ID:a2NVqALc0

えり「──うわ、気持ち悪っ!」ゾワゾワ

えり「誰があなたのものですかっての」カタカタ

『準決でも三尋木プロ呼べばいいのに』

えり「……ふっ」

『そして始まるわかんねー』
『キレるえりちゃん』
『いや知らんしw』
『そりゃ呼ばれんわw』

えり「──っ」プルプル
265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 21:32:33.85 ID:a2NVqALc0

──

『今日はインターハイ6日目、二回戦の第三試合──と』

咏「」ジー

『まもなく先鋒戦が始まろうとしています!』

咏「……」ピッポッパ

咏「──あ、えりちゃん? 今なにしてるー?」
271 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 21:41:06.14 ID:a2NVqALc0

えり「どうしたんですか急に。一緒に試合観ようだなんて」

えり「昨日は終わったらすぐ帰っちゃうし……。スタッフさんしばらく探してましたよ」

咏「いやー、はっは。ごめんねー、昨日はちょっと急いでてさー」ケラケラ

咏「それに一日中一人でテレビ眺めてるのもつまんなくね?」

えり「三尋木プロなら言えば部屋用意してもらえると思いますが……まぁいいですけど」
276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 21:54:15.02 ID:a2NVqALc0

『東一局二本場、親の清澄がダブルリーチです!』

えり「強いですね、この子」

咏「そだねー」フリフリ

咏「東場のこの子はとにかくテンパイが早いね」

咏「代わりに最終形の役がぶれる形になることが多いけど、そこはドラで補ってるから打点は安定してる」

咏「今年から赤ドラありのルールになってかなり有利になった子の一人じゃないかなぁ?」ヒラヒラ

咏「知らんけど」バサッ

えり「へぇ──」パチクリ

えり「…………」

えり「!?」
279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 22:02:23.23 ID:RfTmZ5nhO

普通に解説してるw
280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 22:05:11.49 ID:a2NVqALc0

咏「ん? どうしたのえりちゃん?」

えり「えっ、と。三尋木プロ、何か今日は、いつもと違いますね……」

咏「んー? どのへんが?」ユラユラ

えり「う、うまく言えませんが……」

えり「──いえ、気のせいだったかも」

咏「そう?」ニコニコ
283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 22:19:05.35 ID:a2NVqALc0

『宮守女子の小瀬川、配牌イーシャンテンから大きく手を広げます』

えり「? 今の手順は、どうなんでしょう?」

咏「連荘されてるけどまだ東一局だしね。一筒引いて微妙なリーチ打つよりかは筒子を落とした方が迷いはなくなるね」フリフリ

咏「打牌前に若干悩んだ感じだったし、その間でリスクとリターンを考えてたんでしょ」ヒラヒラ

咏「宮守女子は今まで出場もしてないから、よく分かんねーけど」バサッ

えり「は、はぁ……」

えり「────」

えり「あなた誰ですか?」

咏「えっ?」
287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 22:26:46.29 ID:E3q3wnzO0

解説している・・・だと・・・?
288 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 22:28:39.56 ID:a2NVqALc0

──

えり「はぁ、なるほど……」

えり「新規ファン獲得のためにイメチェンを図ったと……」

咏「うん……」シュン

えり「通りで違和感があったわけだ」

咏「や、やっぱり変だった?」オズオズ

えり「いえ別に変ってことは……なんでそんな弱気になってるんですか?」
291 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 22:35:29.33 ID:kew/nUElO

三尋木プロってそんなに解説しないイメージかよ
ちゃんと的確な解説してたじゃんよ
296 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 22:42:30.68 ID:a2NVqALc0

咏「だって、プロとして動いてるって手応えはあるのに、周りの反応は全然パッとしないし」

えり「この間雑誌の特集組まれてたじゃないですか」

えり「『迫り来る怒涛の火力』って表紙飾ったやつ」

咏「あっ、えりちゃんアレ読んでくれたんだ」ニコッ

えり「お、おう」ドキッ

咏「でもあの号の話題、私よりページ数少ない宮永照の特集に食われちゃってたんだ……」シュン

えり「あ、そうだったんですか……」

咏「いくら彼女でもさー、私の麻雀は高校生より魅力がないってことを感じさせられると……」

咏「……凹む」グスッ
303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 23:00:07.38 ID:a2NVqALc0

えり「……え、えっと──」

咏「」ズーン

えり「」キュン

えり「そ、その、三尋木プロ?」

咏「?」

えり「あ、あまり私の立場で偉そうに言うのもどうかと思いますが」

えり「プロ雀士はアイドルじゃないんですから、そんなに周りの目を気にする必要はないと思います」

咏「……あ」

えり「まぁ、確かにこちらから話振った時に、分かんねーとか知らんしとか言われると若干ムカつきますが」

咏「」ビクッ
306 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 23:06:33.08 ID:a2NVqALc0

えり「それでも、さっきみたいな、丁寧でもどこか味気ない印象の解説をする三尋木プロより」

えり「飄々として、ここぞというときにだけ的確な解説をしてくれる三尋木プロの方が」

えり「私は好きですよ?」ニコッ

咏「──あ、うぅ……」ジワッ

咏「え、え゛りちゃぁん゛っ!」ピョン

えり「わっ、と」ダキッ

咏「何か知らんけど、ありがとう!」

咏「ありがとぉぉっ!」ギュー

えり「あ、あはは」ナデナデ
342 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/27(金) 23:52:16.99 ID:a2NVqALc0

──

咏「……んっ」モゾ

えり「……次鋒戦、終わりましたね」ナデナデ

えり「休憩時間入りますから、私たちもお昼行きましょうか」

咏「あ、うん。でもちょっと待って」

咏「先シャワー浴びたいなー」

咏「その、汗、かいちゃったし……」カァ

えり「──そうですね」ギュッ

咏「あぅ……」ギュー
お風呂入りますから
おしまい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする