【村吉みさきSS】野依「昔はよかった!」プンスコ

鬼滅の刃20巻を無料で読む方法!

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12 13:04:03 ID:eY1fHLMB0

『えへへ、のよりおねーちゃんっ!』

『のよりおねーちゃん、だいすきー!』ギュッ

『のよりおねーぢゃぁぁぁああん!!』ビエエエ

『おねーちゃん、おたんじょうびおめでとー! お花つんできたの、あげるね!』

『ありがと、おねーちゃん!』

『みさきね……大きくなったら、のよりおねーちゃんのお嫁さんに……』

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

スパァン!!

理沙「い、いたいっ!?」ガバッ

みさき「打ち合わせ中に居眠りとはいい度胸してますね、野依プロ」

理沙「ご…ごめん……」

みさき「それでもプロですか? 少し自覚が足りないのではないですか? 大体あなたは……」クドクド

理沙「……」
理沙(昔はよかった……)

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12 13:08:52 ID:eY1fHLMB0

[夜・酒屋]

咏「あーっはっはっは!!」ゲラゲラ

健夜「咏ちゃん、笑いすぎだよ……」

咏「ま、マジで? あの村吉アナが? 昔は?」

理沙「ほんと!」プンスコ

咏「イメージ合わねー!」バンバンッ
靖子「誰ですか、この人にお酒飲ませたの」ヒソヒソ

戒能「ソーリー…私のウォッカを横から取られてしまい」ヒソヒソ
はやり「でもいいね、そういうの。幼馴染で今もお仕事一緒なんだ?」

理沙「でも変わりすぎ!」

健夜「みさきちゃん?」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12 13:13:49 ID:eY1fHLMB0

理沙「昔はあんなにかわいかったのに……」シュン

咏「なんか嫌われることでもしたんじゃねー?」ヘラヘラ

理沙「!?」

咏「だってー、昔はそんなに野依プロに懐いてたんだろー? それが突然豹変ってさー」

健夜「まあ、確かに何か理由が無いとおかしいよね……」

理沙「……き、嫌われてるの?」

咏「かもねー!」

理沙「……」
理沙「……うぐ」ウル

靖子「あ」

理沙「ゔゔゔぅ゙ぅ゙ぅ゙ぅ゙……」ウルウル

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12 13:23:20 ID:eY1fHLMB0

はやり「はやや…☆ よしよし、大丈夫だぞー☆」ナデナデ

理沙「うぅぅ……みざぎー……」グズグズ
咏「……」キマズー

靖子「泣かせた」

戒能「泣かせましたね」

健夜「だめだよ咏ちゃん、そんな酷いこと言っちゃ」

咏「私のせいじゃねーし! っていうか小鍛治プロも乗ってたじゃないすか!」

健夜「でも一番ノリノリだったのは咏ちゃんだよね?」

咏「う……」

戒能「どうするんですか? しばらく泣きやみそうにありませんよ?」

グズッ ヒグッ ウエェェェェェン

健夜「どうするの、咏ちゃん?」

靖子「どうするんですか?」

咏「……だーっ!! もうっ、分かったよ!! 私が一肌脱ぎゃいーんだろ!?」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12 13:31:35 ID:eY1fHLMB0

健夜「おっ、さすが咏ちゃん。思い切りがいいね」

靖子「よっ、国内ランク2位!」

咏「野依プロ、携帯貸してもらえます?」

野依「ぐずっ……? う、うん……」

咏「えーと…村吉、村吉っと……おっ、あった」ピポピポ

野依「!?」

健夜「ちょ、咏ちゃん!?」
プルルルル……プルルルル…
咏「……あ、もしもし! みさきさん!? 私! 三尋木!
大変なんだよ! 野依さんと飲んでたんだけど、野依さん急に倒れちゃって…! …うん!」

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12 16:27:32 ID:eY1fHLMB0

・>>7の「野依」表記を「理沙」で統一
・>>26あたりの「野依さん」呼びを「野依プロ」で統一
あたりを脳内変換していただけると嬉しいな……。

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12 13:37:41 ID:eY1fHLMB0

咏「うん! ××って居酒屋にいるから! …うん、よろしくねぃ!」
ピッ
戒能「…何とも強引な」

咏「本人直接呼び出して聞きゃ早くねー?」ヒラヒラ

健夜「確かにそうだけど……」

理沙「…みさき、来るの?」

はやり「みたいだね!」

理沙「……」
理沙「……お、怒られる!」ダラダラ

咏「ん?」

理沙「明日も仕事なのに飲んでる……怒られる!」ガタガタ

健夜「…苦手意識すごくついちゃったみたいだね……」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12 13:41:25 ID:eY1fHLMB0

[十数分後]

ガララッ
みさき「野依プロ! 大丈夫ですか!?」

咏「おっ、みさきちゃーん。早かったねぃ」ヒラヒラ

みさき「三尋木プロ…! 野依プロは?」

咏「んー? 野依さーん、呼ばれてるよー」

みさき「……は?」

理沙「……!」プンスコプンスコ
みさき「…野依プロ。どういうことか、説明していただきましょうか……?」

理沙(こ、こわい!)プンスコカタカタ

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

みさき「…はぁ。それで、わざわざ呼び出したと」

咏「そーそー。ま、飲んで飲んで」トトトトッ

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12 13:47:19 ID:eY1fHLMB0

みさき「……ぷはぁっ」トンッ

健夜「おー、いい飲みっぷりだね」

みさき「…あのですね、野依プロ。私はまだ仕事中だったんですよ? 明日の実況のための資料をまとめていたんです」

理沙「う……うん」

みさき「それなのに、同じ解説のあなたは呑気に飲み会ですか?」

理沙「うぐ」ザクッ

みさき「私、今朝言いましたよね? あなたにはプロとしての自覚が無さすぎるって」

理沙「…うん」
咏「うへー、村吉アナちょーこえーよ」

健夜「容赦ないね……ほんとに嫌われてるのかな……」

はやり「…いや、あれは……」

戒能「…? はやりさん?」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12 13:56:13 ID:eY1fHLMB0

はやり「良子ちゃん。まだウォッカ残ってる?」

戒能「はい。他にも何本かアルコール度数強いものは残ってますが……飲みますか?」

はやり「ううん。私じゃなくって……☆」

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

みさき「……ですから、視聴者からもダメ解説扱いされるんですよ。分かってますか?」クドクド

理沙「うぅぅ……」ションボリ

みさき「それと……」
戒能「村吉アナ。飲み物はいかがですか?」

みさき「戒能プロ……いえ、これ以上飲むと酔ってしまいそうで」

戒能「ドンウォーリー、アルコールも殆ど入っていないお酒ですから」

みさき「…そうですか。それじゃ、一杯だけ……」クピ
みさき「……あれ…? なんだか、すごくお酒の味が……?」

戒能「気のせいじゃないでしょうか? さ、もう一杯……」

みさき「は、はい…… …?」クピクピ

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12 14:03:57 ID:eY1fHLMB0

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

みさき「あれりぇ……なんだかふらふりゃして……」フラフラー

健夜「そりゃあれだけウォッカ飲んだらね……」

戒能「…だいぶ酔いが回って来たみたいですね」

はやり「よしっ☆ それじゃ、野依ちゃん!」

理沙「? わたし?」キョトン

はやり「村吉ちゃん送ってあげるんだぞ☆」

理沙「送る…… …送る!?」

はやり「村吉ちゃんべろんべろんに酔っぱらっちゃってるから☆ 野依ちゃんしか家の場所知らないでしょ?」

理沙「う……うん」

はやり「ほらほら、明日もお仕事あるんでしょ? 早く帰った帰った☆」

理沙「わ、分かった! みさき!」

みさき「んんー……?」ムニャムニャ

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12 14:11:54 ID:eY1fHLMB0

理沙「かえる!」プンスコ

みさき「かえる……? ふぁい……」ヨロヨロ

理沙「ちゃ、ちゃんと立って!」

はやり「それじゃあねー☆」ハヤヤー

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

咏「帰らせちゃったけどさー…なんにも解決してなくねー?」

健夜「結局村吉アナ酔わせただけだもんね」

はやり「咏ちゃんも健夜ちゃんもまだまだ分かってないなー…☆」

健夜「む、何その上から目線。まるで自分は全てお見通し、って言わんばかりだね」

はやり「少なくとも健夜ちゃんよりはばっちり分かってるよー☆ ね、良子ちゃんっ」

戒能「…正直、私もにわかに信じがたいのですが……」

はやり「はややー…。何でみんな気づかないのかなー、村吉ちゃんの目の奥に溢れる大好きオーラに」

靖子「大好きオーラ、って……え、本当ですかそれ」

はやり「はややっ☆ 明日の二人が楽しみだねっ☆」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12 14:17:29 ID:eY1fHLMB0

[深夜・村吉宅 マンション前]

理沙「つ、ついた…!」

みさき「…んん…すぅ……」スヤスヤ

理沙(みさき、重い……!)

理沙(……でも)

みさき「……」スー

理沙(……)
『のよりおねーちゃーん!』
理沙(あの頃に比べて成長した!)プンスコ
みさき「ん……? …家……?」

理沙「みさき! ついた!」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12 14:23:54 ID:eY1fHLMB0

理沙「かぎ! 開けて!」

みさき「かぎ……あぁ、はい……」フラフラ
ガチャッ
理沙「ん! ちゃんと温かくして寝ること!」

みさき「……ふぁい」

理沙「それじゃ、私は帰る!」プンスコ

みさき「……」
ダキッ
理沙「……」

みさき「……ゃん」

理沙「…?」
みさき「のよりおねーちゃん……」

理沙「……?!??!!!?」プンスプンスプンス

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12 14:25:48 ID:JFkceDGG0

野依プロがショートしてしまう

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12 14:32:18 ID:eY1fHLMB0

みさき「えへへー……のよりおねーちゃん、あったかい……」ギュウーッ

理沙「み、みさ、みさっ、みさき!?」プンスコプンスコ

みさき「おねーちゃん…? どうしたの……?」

理沙「!」キュゥゥゥン

理沙(上目遣い! 反則!)

みさき「おねーちゃん…?」

理沙「……も、もう今日は寝て! ちゃんとベッドで寝る!」

みさき「やだ、今日はのよりおねーちゃんと一緒にねるの!」

理沙「いっしょ!?」

みさき「ほら、おねーちゃんっ! こっちー!」グイグイ

理沙「わわ!」
みさき「はいっ、おねーちゃんっ! 一緒にねよっ?」

理沙「……な」
理沙(なんでダブルベッド!)プンスコー

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12 14:41:06 ID:eY1fHLMB0

みさき「おねーちゃん? どうしたの? 顔まっかだよ?」

理沙「~~~っ」ドンッ

みさき「ひゃうっ!?」

理沙「みさき、一人で寝て! 私は帰る!」

みさき「だめだよー、おねーちゃん」ギュウッ

理沙「! 脚っ!? みさき、離してっ!」

みさき「のよりおねーちゃん、約束してくれたもん。私がこわくて一人で眠れないときは、いっしょに寝てくれるって」

理沙(約束したけど! それ十何年も前!)

みさき「私、今すっごく怖いんだ……」グイイッ

理沙「うわっ!」グラッ
ゴロンッ
理沙(……ち、ちかい!)

みさき「…明日は、私が今まで担当してきた仕事では一番大きな仕事。インハイ実況です」

理沙「…みさき……? 酔ってたんじゃ……」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12 14:48:53 ID:eY1fHLMB0

みさき「もちろん、こんな大役を任されたことは嬉しいのですが…もし、本番で大きな失敗をしたら。…想像するだけで震えが止まりません」

理沙「……みさき」

みさき「…怖いんです。私がいつもいつも、細かなことを気にしてあなたを責めるのも……失敗するのが、怖いだけなんです」

理沙「……」

みさき「……約束。してくれましたよね。『私が怖くて眠れないときは一緒に寝てくれる』と」

理沙「でも、一緒に寝るって……」

みさき「覚えてますか? 私の小さな頃の夢」

理沙「夢……!」ハッ
『大きくなったら、のよりおねーちゃんのお嫁さんになるんだー!』
理沙「…それって」

みさき「……もう私、子供じゃないんですよ…? 『のよりおねーちゃん』……」

理沙「……!!」プンスコココーン

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12 14:51:12 ID:eY1fHLMB0

>>25
①:朝チュン
②:ベッドシーン
③:みさき「ふふ……野依プロのプンスコ棒、もうこんなにプンスコしてますよ……」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12 15:03:46 ID:JFkceDGG0

③でしょ

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12 15:09:59 ID:eY1fHLMB0

理沙「みさき!!」ガバッ

みさき「ひゃあっ!」

理沙「みさき、みさきっ!」チュ

みさき「んむっ…! ん……む……」チュチュッ

理沙「んん…… …?!」
プハッ
みさき「……野依さん…?」

理沙「し、舌! 舌入ってきた!?」アワアワ

みさき「…大人のキス、初めてでした?」

理沙「……ん」コクン

みさき「…大丈夫ですよ。私がしっかり、リードしてあげますから」サワ

理沙「ひゃうっ!?」ビビクン

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12 15:20:03 ID:eY1fHLMB0

みさき「野依さん……胸のさきっぽ、もうこんなにとがってます」サワサワ

理沙「へ…へんな、触り方……しな……」プルプル

みさき「こうやってつまんだりするとどうですか?」ギュッ

理沙「!?!?」ガクガクッ

みさき「……ふふ。軽く、イっちゃいました?」

理沙「……うん」カァァッ

みさき「…かわいいです、野依さん。もっとかわいがってあげます……はむ」カプッ

理沙「ひゃ!」

チュウウッ ジュルルルッ チュパッ ジュプッ ジュプッ

理沙「み、みみっ! そんなにっ、吸わあぁっ!?」ガクンガクン

みさき「…ぷはっ。どうですか? 野依さん? 気持ちいいですか?」

理沙「なんか、変っ…!」

みさき「もっとシてあげますね……あむ」

チュッ レロロ ピチャッ ジュジュゥゥゥーッ

理沙「~~っ!! ~~~っっっ!!」ガクガクッ

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12 15:25:29 ID:eY1fHLMB0

みさき「……野依さん。すごいイヤらしい顔してますよ」

理沙「ふぁぁ……」トローン

みさき「では、今度はこっちを……」スッ

理沙「…あ、だめっ! そっちはだめ!!」

みさき「……?」サワ

理沙「ひゃううっ!?」

みさき「…なにか、硬いものが……?」

理沙「だめぇっ! みちゃだめ!!」

みさき「……」

理沙「うぅぅぅ……」カァァァァッ

みさき「…これは……まるで、男性器……」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12 15:30:00 ID:D86OB3rg0

なぞのプンスコ棒

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12 15:31:45 ID:4+Ri1DCZ0

流石理沙さん、新道寺出身は格が違った

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12 15:33:10 ID:eY1fHLMB0

野依「もうやだ……お嫁にいけない……」プンスコシューン

みさき「……」

野依「ごめん、みさき…! 気持ち悪いもの見せた…」

みさき「…野依さん」
サワワ
野依「あうっ!?」ビクンッ

みさき「気持ち悪くなんてないですよ。野依さんの一部なんですから」シュッ シュッ

野依「あっ! あっ! み、みさきっ!?」ピクッ ピクンッ

みさき「とってもかわいいです……野依さんのプンスコ棒……」シュッ シュッ

野依「みさきっ! だめっ、こんな汚いの触っちゃ!」

みさき「汚くなんてないです!」

野依「!?」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12 15:40:11 ID:eY1fHLMB0

みさき「野依プロ…あなたはもっと自信を持ってください」

理沙「みさき……」プルプル

みさき「こんなにも魅力的なんですから……私には、ここもとても愛おしく見えますよ」
チュッ
理沙「あうぅっ!?」ブルルッ

みさき「あむ……れろ、えろろ……あむ、んちゅっ……」

理沙「みさ、きっ…! そんな、舐めたりしちゃ……!」

みさき「れろ…… …こんなにすてきなプンスコ棒なんですから。隠したりしちゃ、可哀想ですよ?」

理沙「みさき……ひゃうっ!」

みさき「ちゅぽっ、ちゅ、ちゅるるっ じゅぷっ じゅぷっ じゅぷっ」

理沙「あっ! あっ! あうっ! みさきっ! 激しすぎ…ううっ!」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12 15:47:19 ID:GYzdXJAk0

プンスコ棒は正式名称なのか…

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12 15:49:24 ID:eY1fHLMB0

みさき「…ぷはっ。野依プロのプンスコ棒、口の中でびくびく暴れてます……あむ」

理沙「み、みさきっ! もうだめっ、出ちゃうっ! 出ちゃうからぁっ!」ハァーッ ハァーッ

みさき「じゅっ、じゅるるっ! ちゅぷっ、じゅぷっ…… …ふふ、いいですよ。お口の中に、全部出しちゃってください……!」

理沙「うううっ! みさきっ! みさきっ! 出ちゃう、出る! ……あうぅぅっっっ!!」
ビュルルルルッ ビューッ ビュウゥーッ
ドクン ドクン ドクン……
みさき「…!! ……」コク コキュッ ゴキュッ

理沙「…ご、ごめん! みさき……!」

みさき「……いっぱい、出ちゃいましたね」

理沙「汚いの飲ませた……ほんとにごめん…!」

みさき「汚くなんてないですってば。野依プロの、なんですから……ほら、あーん」

理沙「!」
ネバァーッ
みさき「くひのなか、こーんなに……出ひゃれひゃいまひた……」

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12 15:57:03 ID:eY1fHLMB0

理沙(…えろい!)プンスコプンスコ
プンスコボッキーン
理沙「…あっ」

みさき「……野依プロ?」

理沙「だ、だって! みさきがえろいから!」フンスフンス

みさき「一回出したのに、まだこんなにびんびんのよりなんて……」

理沙「うぅ……」カァー

みさき「…それじゃ、今度は……」
ファサッ
理沙「!」

みさき「…私も、気持ち良くしてください……」

理沙「!!」

理沙(もう辛抱たまらん!)プンスコココココーン!!!

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12 16:01:31 ID:4+Ri1DCZ0

くそwwwプンスコボッキーンでやられたwww

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12 16:02:47 ID:eY1fHLMB0

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

理沙「……」

みさき「んん……野依プロ……」ムニャムニャ

理沙「……」
チュンチュンッ チュンッ
理沙(やっちゃった!!)ズゴゴンッ

理沙(どうしよう……幼馴染のアナウンサーと…! 絶対からかわれる!)

理沙(プロの偉い人からも怒られる! …うぅぅー……!)
みさき「……ん、ふぁぁぁ… …もう朝ですか」

理沙「み、みさき! これからどうしよう!」

みさき「これから?」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12 16:07:57 ID:eY1fHLMB0

理沙「この関係! バレたら怒られる! …どうしよう!」アワアワ

みさき「…なんで隠す必要があるんですか?」キョトン

理沙「へ?」

みさき「別にバレたっていいじゃないですか。プロ雀士とアナウンサーが付き合ってた、なんて今時珍しくありませんよ」

理沙「そ、そうなの?」

みさき「ええ。身近なところだと……小鍛治プロと福与アナとか」

理沙「!?」

みさき「三尋木プロと針生アナもそうですね」

理沙「!!??」

みさき「大沼プロと三科アナも付き合ってますから」

理沙「!???!?!?」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12 16:16:09 ID:eY1fHLMB0

理沙「し…知らなかった……」

みさき「今ではプロ協会も黙認してるそうですよ。……何はともあれ、野依プロ」

理沙「?」

みさき「これからも、私はあなたを支え続けていきますから。…もし、私がどうしようもなく怖くて震えるような時は……」

理沙「…うん! 私がみさきを支える!」フンスー

みさき「はいっ。 よろしくお願いします、野依プロ!」ニコ
理沙「…みさき……」

みさき「はい?」

理沙「『野依プロ』より……その」

みさき「……『のよりおねーちゃん』?」

理沙「いいっ!!」プンスコプンスコ

カン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする