【咲-Saki-】成香「素敵にハマりました」SS

鬼滅の刃20巻を無料で読む方法!

4 :代行ありがとうございます 2013/06/06(木) 19:09:30.78 ID:C5bntu5J0

成香「大変です・・・」

成香「素敵にハマってしまいました・・・」

成香「自分でどうにか・・・は、できそうにありませんね」

成香「誰かに助けを求めないと・・・」

成香「申し訳ありませーん!」

成香「どなたか助けていただけませんかーー!?」

成香「・・・ダメでしょうか?」

ザッ

成香「!」ドキッ

成香(誰か来ました!)

安価>>7

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/06(木) 19:10:26.82 ID:53f7SpC/0

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/06(木) 19:12:06.54 ID:Iwb6e6soP

ところでどこにはまってるの

12 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:15) 2013/06/06(木) 19:15:08.32 ID:C5bntu5J0

菫「!!」

菫「これは一体・・・」

成香「あの!」

菫「見事にハマってしまっているな・・・」ふむふむ

成香「あの!お忙しいところ大変申し訳ないのですが・・・」

菫「いや、大丈夫だ気にしなくていい」

成香「あの・・・私ご覧のようにハマってしまって・・・」

菫「あぁ、見事にハマっているな」

成香「自分一人の力ではどうにもできなくて・・・」

成香「あの・・・、助けてはもらえないでしょうか?」

菫「・・・ふむ」うーん

菫(はてさて、どうしたものか・・・)ふーむ

安価>>15

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/06(木) 19:16:59.19 ID:5Z0ZWeb40

とりあえず引っ張ってみる

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/06(木) 19:23:34.51 ID:C5bntu5J0

菫「・・・それじゃあとりあえず引っ張ってみるか」よいしょ

成香「はい、お手数おかけします・・・」

菫「じゃあ引っ張るぞ」

成香「お願いします・・・!」ゴクリ

菫「せー・・・の!」

グイーッ!

成香「いたたたたたたたたた!痛いです!!」グイグイ

菫「どうだ!?抜けそうか?」グイグイ

成香「痛いです!痛いです!やめてください!!」(涙目)

菫「なに?痛いのか?」パッ

成香「はぁ・・・はぁ・・・」プルプル

菫「大丈夫か?」

成香「はわぅ・・・痛かったです・・・」グスン

菫「ふーむ・・・力ずくでは無理か・・・」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/06(木) 19:29:56.33 ID:C5bntu5J0

成香「どうすればいいんでしょうか・・・?」カタカタ

菫「うーむ・・・そうだな・・・」

菫(このままでは、か弱そうな彼女は衰弱してしまいそうだな)

成香「もう痛いのはいやです・・・」グスン

菫(早急になんとかしてはあげたいものだが・・・)

菫(私一人の力ではどうにも出来ないか・・・)

菫(せめてもう一人くらいいれば、力も知恵も足りるというのに・・・)

成香「・・・あ」

菫「ん?どうかしたのか?」

成香「誰かがこちらの方に・・・」

菫(お、いいタイミングで人が来てくれたな)

ザッ

安価>>23

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/06(木) 19:31:25.68 ID:0JsJT/8k0

裸足の咲

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/06(木) 19:41:25.65 ID:C5bntu5J0

咲「うぅ・・・また迷子になっちゃったよ・・・」

咲「ここどこ?」グスッ

菫「ちょっとそこの君!」

咲「!?」ビクッ

咲「わっ、私ですか!」ドキッ

菫(ん?あの子はもしや・・・いや、今はおいておこう)

咲(良かったー、人がいたよーあの人に道を聞こう)タッタッタッ

咲(・・・あれ?あの制服もしかして・・・)

菫「おや?君どうして裸足なんだ?」

咲「・・・えっ?」チラッ

咲「わわっ!」カーァッ

咲(対局室から靴下脱ぎっぱなしだったよー)(赤面)

菫「・・・まぁいい」

成香(いいんですか!?)

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/06(木) 19:49:39.21 ID:C5bntu5J0

菫「実は今この子がだなぁ・・・」かくかくしかじか

咲「えっ?ハマっちゃったんですか!?」

成香「お恥ずかしながら・・・」

菫「それで彼女を助けたいんだが・・・」

菫「私だけの力ではなんともならなくてな・・・」

成香「お願いします!お力を買していただけませんか?」

咲「えっ?私なんかでいいんでしょうか・・・」

菫「あぁ、今は一人でも多くの助けが必要だ」

成香「すいません、このような事に巻き込んでしまって」

咲「いえ、私でお力になれるんなら」

成香「なにかいい方法はありませんかね?」

咲「そうですねー・・・」

咲(・・・どうしよっか?)

安価>>30

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/06(木) 19:50:39.50 ID:3BZFNs+t0

引っ張る

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/06(木) 19:52:08.90 ID:FmjbOtRv0

引っ張っても抜けねえって言ってんだろうがおいこら

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/06(木) 19:56:20.49 ID:YA35phHa0

さすが咲さん

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/06(木) 19:58:46.92 ID:C5bntu5J0

咲「引っ張ってみたらいいんじゃないでしょうか?」

成香「あっ、いえそれは・・・」

菫「実は先ほど私もやってみたんだがうまくいかなくてな」

成香「はい、それにすっごく痛くって・・・」ハァー

咲「でも二人で引っ張ったら抜けるかもしれませんよ?」

成香「いえ、引っ張るのはもう・・・」

菫「たしかにそうかもしれないな」ふむ

成香「・・・・・・・・・・・・・・へ?」

菫「もう一度引っ張ってみるか」

咲「はい!」

成香「いや、あの、ちょっと、待って・・・」オロオロ

咲「いきますよ!」

菫「あぁ」コクン

咲 菫「せーーーーの!」グィッ

成香「みきゃああああああああああああああ!!!」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/06(木) 20:03:43.94 ID:C5bntu5J0

数分後

成香「・・・」ピクピク

菫「ふむ・・・やはり抜けなかったか」うーむ

咲「ビクともしませんでしたね」

成香「・・・」ピクピク

咲「どうしましょう?」

菫「どうするかなー・・・」

成香「・・・・・・・・・・・・痛かったです・・・」グスン

咲「・・・あ!あっちから人が来ますよ!」

菫「手伝ってもらうか」ふむ

成香「・・・・・・・・・・・もう痛いのはいやです・・・」ビクビク

ザッ

安価>>40

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/06(木) 20:05:36.08 ID:WAZAiLIW0

買物帰りの華菜ちゃん

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/06(木) 20:12:58.57 ID:C5bntu5J0

華菜「たまねぎ~にんじん~じゃがいも~♪」

華菜「お醤油いれて~お砂糖いれて~♪」

咲「あ、池田さん」

華菜「ん?清澄の宮永だし」

菫「知り合いか?」

咲「はい、一応」

華菜「一応ってなんだし、一応って」

咲「池田さん!」

華菜「にゃっ!突然どうしたし!」ビクッ

菫「実は私たちは今・・・」

咲「夕食は肉じゃがですか?」

菫「ってそこか!」ビシッ!

華菜「なんで漫才やってるし・・・」

成香(いつになったら私は助かるんでしょうか・・・)

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/06(木) 20:15:26.56 ID:8gmrXbIK0

人参口に突っ込んでみようぜ

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/06(木) 20:21:22.26 ID:C5bntu5J0

華菜「違うだろ宮永!」

菫「そうだ、私たちは今・・・」

華菜「今晩の華菜ちゃん家の晩ご飯はビーフシチューだし!」

菫「ってそっちもか!」ビシッ

成香「・・・・・・・ダメみたいですね・・・」(悟り)

華菜「っと冗談はさておき、何事だし?」

菫「あぁ、実はかくかくしかじかで・・・」

華菜「なるほど、ハマってしまったから助けてほしいってわけだな!」

菫「力を貸してくれるか?」

華菜「もちろんだし!」

咲「良かったですね、また助けが増えましたよ」ニコッ

成香「・・・・はい」

成香(今度は大丈夫なんでしょうか?・・・もう痛いのはいやです)カタカタ

華菜「じゃあ>>53するし!」

安価>>53

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/06(木) 20:22:51.85 ID:Z/KcI/ql0

偶然買ったとろろいもをすって全身にかけて滑りをよくする

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/06(木) 20:34:19.42 ID:C5bntu5J0

華菜「コレを使うし!」ジャジャーン

咲「山芋・・・ですか?」

菫「とろろ芋とも言うな」

成香(何をするんでしょうか・・・)ドキドキ

華菜「まずはこれを・・・擦る!」コシュコシュコシュ!

菫「一体なにをするつもりだ・・・」

咲「意図が読めません・・・」

成香(・・・なんだか嫌な予感がします)

華菜「そしてこれを・・・かける!」テローン

成香「ひゃっ!」ピクン!

咲「何をしてるんですか池田さん?」

華菜「このとろろで滑りをよくしてるし!」

華菜「さぁ!この状態でひっぱてみるし!」

成香「!?」

華菜「これできっと助かるし!」

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/06(木) 20:38:17.23 ID:gjT3YuDri

かぶれてしまう

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/06(木) 20:39:41.15 ID:5Z0ZWeb40

成香ちゃんが白いネバネバしたものまみれに…

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/06(木) 20:41:48.94 ID:C5bntu5J0

数分後

成香「・・・・・・・・・・・」デロデローン

咲「抜けませんでしたね」

華菜「抜けなかったし!」

菫「正直無理があったろ?」

華菜「華菜ちゃんもうすうす感づいてたし!」

成香(・・・・・・・・・心が折れそうです・・・)ピクピク

咲「もー、山芋がもったいないですよ池田さん!」

華菜「人助けのためだったから仕方ないし!」

菫「というかあのままでいいのかあれ?」

成香「・・・体が痒いです」ムズムズ

成香(・・・この方たちに任せておいても助かる気がしません)

成香(こちらから何かお願いした方がいいかもしれません・・・)

成香(・・・どうしましょうか)

安価>>66

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/06(木) 20:43:05.72 ID:4wMzUC2s0

山芋が痒いので、菫さん達に舐めて取ってもらう

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/06(木) 20:52:53.63 ID:C5bntu5J0

成香「あの・・・みなさんにお願いがあるのですが・・・」

咲「え?なんでしょうか?」

成香「あの、先ほどのとろろが大変痒いのでとってもらえませんか?」

華菜「おやすいご用だし!」

菫「どれ、このハンカチで拭き取って・・・」

成香「いけません!!!」

咲 菫 華菜「!?」ビクッ

成香「・・・みなさんは、いつも食べてる野菜や果物が」

成香「どれだけの苦労をかけて作られているかご存じですか?」

咲「え?」

華菜「突然どうしたし?」

成香「私の出身地でも、たくさんの人たちが作物や穀物を作っています」

菫(どこの出身なんだ彼女?)

成香「その方々の苦労を考えれば、食べずに捨てるなんてもったいないこと出来ません!」

華菜「じゃあどうするし?」

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/06(木) 21:01:00.35 ID:C5bntu5J0

成香「・・・食べてください」

咲「・・・え?」

成香「私にかけられたこのとろろ!」

成香「みなさんで舐めて食べてください!!!」

咲 菫 華菜「!?」

菫「いやそれは・・・」

成香「ダメです!農家の人の事を考えれば、なにをしなければいけないのかわかるはずです!」

咲「どうしますか?」

華菜「・・・元はといえばあたしのせいだし・・・やるし!」

咲「池田さん・・・、じゃっじゃあ私もやります!」

菫「二人とも本当にやるっていうのか!?」

咲「池田さんにすべての責任を押しつけるのもあれですし」

華菜「宮永・・・」

菫(・・・これは私もやらなきゃいけない流れなのか!?)

成香「はやくお願いします!・・・とっても痒いです」ムズムズ

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/06(木) 21:12:41.55 ID:C5bntu5J0

華菜「じゃあ・・・あたしからいくし・・・」ドキドキ

ペロッ

成香「ひゃっ!」ピクン

成香(く・・・くすぐったいですぅ・・・)ドキドキ

咲「じゃあ私も・・・」

菫「これも仕方なし・・・か」

ペロッペロッ

成香「ひゃぁぅっ・・・!」ピクッ

ペロペロペロペロペロペロペロペロ

成香「ふぁっ・・・んあっ・・・・あっ!」ビビクン

成香(何でしょうこの感覚・・・)ハァハァ

成香(くすぐったいだけじゃなく・・・)

成香(この感覚・・・!)ビクン

ペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロ

成香「んっ・・・・んんっ///」ゾクッ

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/06(木) 21:24:00.58 ID:C5bntu5J0

数分後

華菜「ふう、これできれいになったし!」

咲「お醤油が欲しかったですねー」

菫「ところで彼女、どうしたんだあれ?」

成香「ふぅぁー・・・ふぅぁー・・・」ピクピク

成香「素敵にいただかれました・・・」

華菜「なんか放心状態だし」

咲「お疲れなんじゃないんですか?」

菫「はやく助けてあげないとな」

咲「そうですね」コクン

成香(新感覚です・・・!)ゾクゾク

華菜「ん?誰かきたし?」

咲「誰でしょうか?」

菫「手を貸してもらえるかもしれないな」

安価>>87

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/06(木) 21:25:46.47 ID:0JsJT/8k0

あわあわ

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/06(木) 21:28:00.52 ID:NUVPhXOY0

状況が悪化する未来しか見えない

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/06(木) 21:41:13.01 ID:C5bntu5J0

淡「あれ~?菫先輩?」

菫「大星!?なんでお前がここに・・・」

咲「お知り合いなんですかね?」

華菜「きっと先輩後輩の関係だし!」

菫「いいところにきてくれた、少し手を貸してくれ」

淡「んー?なんですかー?」

淡「めんどくさいお願いはいやだなー私」

菫「そういうな、実はかくかくしかじかで・・・」

淡「え?ハマってしまって助けて欲しい?」

淡「あはははは、なにそれチョーうけるんだけど!」ニヤニヤ

菫「おい、大星」

淡「あぁ、ごめんなさいつい・・・ククッ」

菫「本気でこまってるんだぞこっちは!」

淡「んーと、じゃ~・・・>>95してみたらいいんじゃないですか?」

安価>>95

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/06(木) 21:43:11.30 ID:AnwW9jdV0

100回逝かせる

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/06(木) 21:46:53.94 ID:pnnoXS830

汗をかいて身体が縮むかもしれないな

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/06(木) 21:57:53.36 ID:C5bntu5J0

淡「100回逝かせてみましょう」

菫「は?」

華菜「行く?」

咲「イク?」

菫「お前・・・なにを言ってるんだ?」

淡「あーいいですよ、あと私やっとくんで」フフッ

淡「はーいそれじゃああとは私におまかせー♪」

成香「ふぁ!」ピクン!

菫「なにをする気だあいつ・・・」

咲「・・・・・さぁ?」

華菜「宮永絶対知ってるし」

成香「あ・・・あの、なにを・・・」

淡「大丈夫大丈夫、痛くしないから」ニコッ

淡「私こういうシチュエーションとか結構好きだし」ニコニコ

成香(・・・一体何が始まるっていうんですか?)ドキドキ

134 :ごめんなさい、寝落ちしてました 2013/06/07(金) 02:01:25.81 ID:HlGRP7ay0

淡「・・・あれ?あなたドキドキしてるね?」ユラユラ

成香「ふぁっ!・・・いえ、これは・・・」ドキドキ

淡「あれー?もしかしてあなた・・・」ニヤニヤ

成香「なっ、なんですか・・・」ドキドキ

淡「・・・こういうの、結構好きなんじゃない?」ボソッ

成香「・・・!、~~~~~~~~~~~~!!!」カーァッ

成香「ちっ、違います!私は・・・」

淡「・・・変態さん♪」フフッ

成香「はぅっ・・・」ビクン!

菫「大星のやつ、なにこそこそやってんだ?」

華菜「・・・なんかあたし、あのこの雰囲気苦手だし・・・」

咲(・・・お姉ちゃんに近い何かを感じる・・・)

淡「じゃあ・・・、いくね♪」

成香「・・・・・・・・・あ・・・」

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 02:14:01.02 ID:HlGRP7ay0

数時間後

淡「は~~~い、ラスト~~~~~♪」ユラユラ

成香「んああぁぁ・・・・・ふぁぁぁぁぁっ・・・・あぁぁぁ・・・・」

はてっ・・・

菫「大星・・・お前ってやつは・・・」カーァッ

淡「今更それいいます?」

華菜「華菜ちゃん途中でちょっと寝てたし・・・」ふぁー

咲「なれって怖いですね」はははっ・・・

成香「あっ・・・あぁ・・・ふぁぁ・・・・」ピクピク

菫「お前・・・とんでもないことをしてくれたな・・・」ドキドキ

淡「だ~か~ら~?今更それを言います?」

淡「菫先輩もず~~~~~~っと見てましたよね?」

菫「わっ!私は!!」アセアセ

淡「もしかして菫先輩も・・・」ニヤニヤ

菫「なっ!何が言いたいんだ!」

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 02:24:34.04 ID:HlGRP7ay0

淡「べっつに~~~?」ニヤニヤ

菫「・・・くっ!」プイッ

華菜「それよりどうするし」

淡「え?何が?」

咲「この人まだ助けれてませんよ?」

淡「あ~~~、そういえばそういう話だったね」

華菜「忘れんな!」

淡「ん~・・・正直、私じゃどうしようもないや」あっけらんかん

咲「そんな無責任な・・・」

淡「だってこんなのどうすればいいかわかんないし~」

淡「あなたは何かいい方法思いついたの?」

咲「えっ?わたし?」

咲(・・・私が来てから随分時間がたったけど・・・)

咲(何かいい方法は・・・)

安価>>145

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 02:27:08.79 ID:4LIpcTV50

大剣でタメ3。ぶっ叩く

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 02:39:02.10 ID:HlGRP7ay0

咲「やはり物理で殴るのがはやいんじゃないでしょうか?」

淡「ほほう・・・」ふむ

華菜「宮永物騒なこというなし・・・」

咲「こう・・・モン○ンの大剣みたいに・・・」構え

淡「わぉ!おっきいの持ってるね!」

華菜「どっからだしたし!」

菫「私は弓しか使わないからな・・・」

咲「持ち運ぶときは軽いんですけど、使うときはとたんに重くなるんですよね・・・」グググッ

華菜「なんか宮永光ってるし!」

菫「タメ動作中だな」

淡「タイミング良く離さないとタメ3にはならないよ!」

華菜「そんなオカルトありえないし・・・」

咲「・・・今だ!とりゃーーーーー!!!」ブン!

バイーン

菫「・・・ダメか」

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 02:46:54.31 ID:HlGRP7ay0

咲「そんな・・・」

淡「タメ3は出来てたから気にしない気にしない」

華菜「・・・なんだかもういろいろおかしいし・・・」

菫「しかし大剣タメ3で無理なら、私のシャープシュート(物理)もおそらくダメだな・・・」ふむ

淡「じゃあ次は菫せんぱーい!」

菫「わっ、私か!?」

淡「菫先輩は頭いいんだし、なんかいい案あるでしょー?」

菫「それは・・・」タジタジ

華菜「頼んだし!」

咲「お願いします!」

菫「え、えっと・・・」

菫(どうするか、何にも考えてなかった・・・)

菫(と、とりあえず>>150をしてみるか・・・)

>>150

150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 02:48:12.43 ID:/vx2wiCXO

消防に連絡

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 02:54:19.12 ID:HlGRP7ay0

菫「しょ・・・」

淡「しょ?」

菫「消防署に連絡でもしてみるか・・・」

咲 淡 華菜「!!!」

菫「・・・違うかな?」

淡「菫先輩!」

菫「なっ!なんだ!?」ビクッ!

華菜「それだしそれ!」

咲「はじめからそうしておけば良かったんですよ!」

淡「やるじゃん菫先輩!」

菫「いっ、いやー///」テレテレ

咲「早速電話しましょう!」

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 03:01:51.09 ID:HlGRP7ay0

病院

成香「・・・・・・・んっ」パチッ

華菜「気がついたし!」

成香「ここは・・・」

菫「病院だ、衰弱していたから一応な」

成香「あっ・・・私・・・」ぶわっ

淡「よかったねー、おっきなけがもなくてー」

咲「助かったんですよ」ニコッ

成香「良かった・・・良かった・・・」スンスン

成香「あの・・・、みなさん本当にありがとうございました」ぺっこりん

淡「人として当然の事をしたまでだよー」えっへん!

菫「あれがか?」

華菜「まぁ実際助けたのはレスキュー隊の人たちだし」

咲「途中で回り道しすぎましたね」

成香「はい、・・・本当に・・・」

153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 03:09:53.44 ID:HlGRP7ay0

成香「一時はもうダメかと思いました・・・」

成香「私、このまま肉体的にも精神的にも壊れてしまうんじゃないかと・・・」

淡「あはっ、まーS心をくすぐられる雰囲気してるしね!」

菫「おいこら!大星!」

咲(分かる)ジトーッ

華菜(宮永の目がやばいし・・・)

成香「ほんと、助かって良かったです・・・」ホッ

菫「・・・そういえば、ずっと気になっていたんだが・・・」

成香「はい、なんでしょうか?」

咲 菫 淡 華菜「どうして>>157なんかにハマってしまったの?」

カン

成香がハマっていたもの>>157

157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 03:16:02.36 ID:sUHzWesQO

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 03:16:58.45 ID:/vx2wiCXO

ホモトレイン

160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 03:20:02.60 ID:HlGRP7ay0

決めてたオチだからこれでいいけど・・・
どういうことなの(困惑)

161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 03:23:41.94 ID:/vx2wiCXO


知らんが面白そうだったからつい

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 03:26:24.11 ID:dgLFBhhs0

深夜のテンションって怖いね
俺もわっかんねー

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 06:03:09.28 ID:vvIvWBDmP

何かこのシリーズ見たの久し振りな気がする
乙乙

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする