【咲-Saki-SS】淡「あ、清水谷だ」

鬼滅の刃20巻を無料で読む方法!

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/17(土) 23:08:04.54 ID:kQwrhcLT0

竜華「ん。なんや、白糸台の大将か」

淡「何よそれー。私のことは淡でいいよ!」

竜華「いきなり他人を下呼びなんか出来へんよ。確か、大星さんやったっけ」

淡「……私ってあんまり印象に残ってないんだね」

竜華「印象に残ってへんちゅうか、あん時は負けたショックがでかくて周りのこと頭に入ってへんねん」

淡「何よー。私のことなんか覚えてないって訳?」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/17(土) 23:14:00.97 ID:kQwrhcLT0

竜華「覚えとるよ。名前言えたやろ」

淡「むー。で、清水谷はこんな所で何してんの?」

竜華「怜のお見舞い行った帰りや」

淡「あーそう言えば病院に運ばれてったっけ。今も病院にいんの?」

竜華「大事を取ってるだけや。もう普通に話したり出来るで」

淡「大変だねそーいうの」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/17(土) 23:18:03.83 ID:FjUIPC7l0

すばらな組み合わせ

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/17(土) 23:19:31.47 ID:kQwrhcLT0

竜華「あんたに気遣われとうないわ」

淡「何よ。慰めてやってんじゃん」

竜華「慰めるって何やねん」

淡「何って、負けちゃった高校への配慮?」

竜華「なっ。あんたやって辛勝やったないか!」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/17(土) 23:24:45.85 ID:kQwrhcLT0

淡「勝ちは勝ちだもんねー。それに私が二位だったのは亦野先輩のせいだもん」

竜華「人のせいにするんやなあ。白糸台の大将っちゅうのは」

淡「だからその白糸台ってのやめてよ! それに事実は事実だもん」

竜華「自身の失態を誤魔化すような奴は白糸台で十分や」

淡「負け犬のくせに!」

竜華「なんやねんその言い草! さっきは慰めるとか言うとったくせに!」

淡「ちょっと気が向いただけだもん。私元々敗戦校に気を回すたちじゃないし」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/17(土) 23:29:40.62 ID:kQwrhcLT0

竜華「あーそーか。傷に塩塗りたくるんやったあっち行って」

淡「やだよー。わめき続けてやる。私がどこにいようと勝手でしょ」

竜華「それやったらうちがどっか行くわ」

淡「ちょっと、待ちなさいよ!」

竜華「うちがどこ行こうが勝手やろ」

淡「じゃ付いてくもん」

竜華「あんた暇なんか」

淡「暇じゃなかったらこんな所ぶらついてないよ」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/17(土) 23:34:02.38 ID:kQwrhcLT0

竜華「あんた個人戦は?」

淡「出るよ」

竜華「じゃあ練習でもしとったらええやないか」

淡「私はちょー強いから練習なんかしなくてもいいんだもん」

竜華「練習せんでもちょー強い白糸台の大将はやっとこ二位になるのが限界なんやねー。そら凄いわ」

淡「生意気だようちに負けたくせに!」

竜華「そっちこそ生意気やねん! 上級生に敬語使えや!」

淡「清水谷なんかタメ口で十分だもん」

竜華「教育がなっとらなんなー」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/17(土) 23:39:37.51 ID:kQwrhcLT0

淡「で、どこまで行くの」

竜華「ホテルに帰るんや。あんたも帰り」

淡「やだ」

竜華「部屋に戻るんやで?」

淡「じゃあ部屋にまで押しかけてやる」

竜華「しまいには警察呼ぶで大星」

淡「あー! また大星って言った!」

竜華「何や。苗字で呼ばれるのいやなんか」

淡「淡って名前結構気に入ってるんだもん」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/17(土) 23:44:08.45 ID:kQwrhcLT0

竜華「あーそーかい。はいはい淡ちゃん淡ちゃん」

淡「心がこもってなーい」

竜華「あんたと心込めて名前呼ぶような仲やないわ」

淡「何よ! 清水谷のくせに!」

竜華「清水谷のくせにってなんやねん! 清水谷はそんな酷い苗字なんか!」

淡「別に? 全国の清水谷さんは悪くないよ。でも清水谷は清水谷だもん」

竜華「訳分からんわ」

淡「……あ、着いちゃった」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/17(土) 23:50:00.20 ID:kQwrhcLT0

竜華「ほなうちはこれで」

淡「待ちなさいよー」

竜華「なんや本気で部屋まで付いてくるんか」

淡「だって清水谷のくせに生意気なんだもん」

竜華「あんたしつこいなー」

淡「心を込めて、淡さん楯突いて申し訳ありませんでした。って謝ったら許してあげるよ」

竜華「こいつ腹立つわあ。もうええわ。気が済むまでいたらええ」

淡「そうさせて貰う!」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/17(土) 23:52:04.04 ID:4td+Ckqp0

あわあわ素直やないなー

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/17(土) 23:55:54.54 ID:kQwrhcLT0

竜華「しかし暑いなー」

淡「クーラー入れるね」

竜華「勝手に部屋のもんいじんなや」

淡「どうせつけるんでしょー?」

竜華「うちはこれからシャワー浴びるねん。せやからしばらくクーラーは入れんでええの」

淡「じゃあ私が暑いじゃん」

竜華「勝手に部屋に上がり込んでおいて人のもん使うなや」

淡「だったら私もシャワー浴びる」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/17(土) 23:59:33.47 ID:kQwrhcLT0

竜華「ちょ、何言うてんねん」

淡「別にいいでしょー。女同士なんだから」

竜華「あかんあかん。うちには怜がおるんやから」

淡「清水谷って園城寺以外の女の子とシャワー浴びたりしないの?」

竜華「そうや。うちは怜と以外と風呂に入ったりシャワー浴びたりせんねん」

淡「ふうん。じゃ私が一緒に入って園城寺に言いつけてやろ!」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/18(日) 00:05:02.84 ID:FgRWtq/C0

竜華「な、なんやと! 何ふざけたこと言っとんねん!」

淡「ほら、一緒にシャワー浴びるんでしょ? 早く脱いでよ」

竜華「何脱いでんねん! 勝手に一人で入ってろや!」

淡「あ、そういうこと言うんだ。私より弱っちいくせに」

竜華「なんやと!」

淡「だってそうでしょ?」

竜華「団体戦で強いも弱いもないわ!」

淡「何よ。私より強かったら私から点取りまくって決勝行けばよかったじゃん」

竜華「……この小娘」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/18(日) 00:10:06.60 ID:FgRWtq/C0

淡「なあに? 怒ったの? 清水谷が怒っても全然怖くないよ」

竜華「ちょっと身の程知った方がええな」

淡「ちょ、何よ」

竜華「人の部屋に勝手に上がり込んで服脱いで。いやらしいやっちゃなあ」

淡「ちょっと! 離してよ!」

竜華「何や? さっきまで一緒にシャワー浴びるとか言っとったくせに」

淡「そ、それとこれとは話が別でしょ!?」

竜華「散々人のこと馬鹿にしよってからに」

淡「や、やめてよ。何するの!」

竜華「身の程知らずに教育したったるんや」

淡「やだ! やめてよ!」

竜華「ほなベッド行こか」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/18(日) 00:14:42.98 ID:4jTRtaAQ0

わっふるわっふる

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/18(日) 00:14:49.71 ID:gON8OBYY0

園城寺怒りの刹活孔

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/18(日) 00:16:10.74 ID:FgRWtq/C0

淡「ちょっと、どこ触ってんの!」

竜華「なんや。こういうことするん初めてか」

淡「し、知らないもん……ひゃ……」

竜華「かわええな。さっきまでキャンキャンわめいとったくせに」

淡「や、やめて……」

竜華「ええからお姉さんに任せとき」

淡「ひゃんっ……んあ……」

竜華「可愛い声で鳴くもんやな。威勢のいい淡ちゃんはどこ行ったんや?」

淡「ふあっ……んん……!」

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/18(日) 00:23:32.93 ID:FgRWtq/C0

竜華「うちより強いんやろ? 嫌やったらうちのこと払いのけたらええやん」

淡「そ、それは麻雀の話だもん……んあっ……」

竜華「麻雀しか取り柄ない小娘っちゅうことやな」

淡「うう……もうやめてよ……」

竜華「ええからええから。そのうち気持ちようなってくるんや」

淡「いや……やだぁ……んんっ!?」

竜華「んふっ……んー……唇やわっこいな……」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/18(日) 00:24:55.84 ID:eC59fFWR0

これが最高状態の清水谷部長か

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/18(日) 00:26:08.72 ID:FgRWtq/C0

淡「ううっ……うー……」

竜華「あらら。泣いとる。もしかしてキスも初めてやったんか?」

淡「もうやだあ……」

竜華「そろそろ気持ちええやろ? たっぷり『お返し』したるからな?」

淡「ごめんなさい……謝るから……やめてぇ……」

竜華「そんなん言うてもこっちは正直やね。こんなに濡れてもうて」

淡「ぬ、濡れてなんかない……」

竜華「そんな強がり言えへんぐらいにぐちょぐちょにしたるからな?」

淡「や、やあ!? やめて! やめてやめて!」

竜華「ほれほれー」

淡「んあっ……ああ……! はっ……ああんっ……!」

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/18(日) 00:29:05.78 ID:FgRWtq/C0

竜華「イってもうた? 良かったやろ? そろそろうちも気持ちようしてや」

淡「はあっ……はあっ……んぐっ……」

竜華「口開けて。ほら舐めえや」

淡「んーっ……んーっ……」

竜華「舌で気持ちようしてえな」

淡「んー! んーん!」

竜華「なんや、舐めてくれへんの? せやったら押し付けて唇味わうしかないな」

淡「んふ……んぐう……」

竜華「ああ、気持ちええ……はあんっ……ああっ……」

淡「んぐっ……んん……!」

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/18(日) 00:32:43.12 ID:FgRWtq/C0

竜華「ほらほら上と下の口でキスしとるで? 淡も気持ちええやろ?」

淡「んう……! うう……!」

竜華「あははっ。泣いたってしょうがないやろ」

淡「ふううっ……んぐっ……」

竜華「泣いとる顔もかわええなあ」

淡「んんっ……ふぐっ……」

竜華「そろそろええか……」

淡「んは……はあ……はあ……」

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/18(日) 00:35:13.55 ID:FgRWtq/C0

竜華「じゃあ下の口でもキスしよか?」

淡「あ……や……」

竜華「や、やないよ。一番気持ちええやつやろ」

淡「やめて……ください……」

竜華「んふふ……たっぷりしよな……?」

淡「ごめんなさい……ごめんなさい……」

竜華「その顔最高やな。いっぱい気持ちようしたるからな?」

淡「ああっ……んやっ……」

竜華「柔らかいなあ……」

淡「あ……ああっ……あんっ……」

竜華「んあっ……んんっ……」

淡「ひあっ……あっ……あっ……」

竜華「すごいやろ? ずっとこうしてよな?」

淡「んん……んんっ……!」

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/18(日) 00:36:44.06 ID:4jTRtaAQ0

ただのエロ親父やないか

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/18(日) 00:36:46.93 ID:i8nR4+Nj0

あわあわはやっぱり受けですね

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/18(日) 00:38:26.72 ID:FgRWtq/C0

二時間後

淡「ひっ……ひい……」

竜華「すごい顔しとるなあ。気持よかったな?」

淡「ああ……あん……」

竜華「なんや。頭おかしなっとるんか?」

淡「もっと……もっと舐めて……」

竜華「ん? もっと舐めて欲しいんか? 淡も好きやなあ」

淡「竜華ぁ……」

竜華「今日はもう終わりや」

淡「やだ……もっとする……」

竜華「じゃあ明日や。明日も来るか? そしたら気持ちようしたる」

淡「分かった……竜華のとこ行く……」

竜華「ええ子やな。……ほな一緒にシャワー浴びよか?」

淡「うんっ」

終わり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする