【松実玄SS】宥「雀卓を買ったよー」

鬼滅の刃20巻を無料で読む方法!

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 04:21:37 ID:QijilaFJ0

玄「え!?高かったんじゃない?」

宥「ううん、自動卓じゃないし安かったよー」

玄「っていうか…お姉ちゃんの部屋に置いてないよね?」

宥「?もう置いてるよ?」

玄「えっ?どこに…」キョロキョロ

宥「ここ!」バタンッ

玄「!?」

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 04:23:16 ID:QijilaFJ0

宥「こたつの天板の裏を改造して卓にしたの~」ニコニコ

玄「(お姉ちゃんのどこにそんなバイタリティが…)」

宥「ね、打とう?あったかいところで打つの幸せー」

玄「でも、二麻つまんないよ…」

宥「そ、そうだね…」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 04:23:53 ID:QijilaFJ0

ガラガラ

??「ごめんくださーい!」

宥「?この声は…」

玄「あ!忘れてた……今行きまーすっ!」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 04:25:18 ID:QijilaFJ0

竜華「お久しぶりやね、玄ちゃん」

玄「こちらこそですっ!」

怜「急にうちら呼んで、どないしたん?」

玄「いや、ただ遊びたいなって思ってたんですけど…ちょうど良かった!」

竜華「?」

玄「こっちです!」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 04:26:50 ID:QijilaFJ0

宥部屋

怜「あ、おこたがあるやん」モゾモゾ

竜華「こら怜、人んちやで!」ピシ

怜「あぅっ」

宥「いやいや、いいのー、二人とも来てくれたんだねー」ニコニコ

竜華「おたくの玄ちゃんに呼ばれてなー」アハハ

怜「…あれ、これ天板にマット敷いてるんやな」

玄「お姉ちゃんが雀卓作ったらしくて…」

竜華「ほぁー、器用なんやな」

宥「えへへ」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 04:27:47 ID:QijilaFJ0

怜「なら、打つ?」

玄「お二人が良ければ…どうでしょう?」

竜華「ええ………けど…」チラ

怜「(インハイからの約束、やろ?)」

竜華「(うん、未来見るんは禁止やで?)」

怜「(わかっとるって)」コクリ

宥「?」

竜華「うん、でも怜の体調もあるし東風でええ?」

玄「はい、ぜひ!」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 04:28:50 ID:QijilaFJ0

東一局
東(起家):宥 南:玄 西:竜華 北:怜

怜「(未来視せん、とは言ったものの…)」コト

宥「あったかいとあったかい牌もいっぱい~♪」コト

怜「(松実姉が大暴れや…)」

竜華「宥ちゃん捨て牌も萬子ばっかりやなー」コト

怜「(こっちは筒子索子だけの絶一門状態…)」

玄「(赤五萬が邪魔でテンパイできないよお…)」コト

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 04:28:54 ID:AZ8W8WHm0

(あれこのメンバー相手にシングル無しだと怜やばくね)

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 04:29:48 ID:QijilaFJ0

宥「!あ、ツモです!」

宥「平和、ツモ、一通、清一」

怜「………ほわー」

宥「8,000オールです」ニコニコ

宥:49000
玄:17000
竜華:17000
怜:17000

竜華「(…インハイはクーラー効いてて、良かったわ)」

竜華「(下手したら泉でトバされてたかもなウチら…)」ハァ

宥「いっぽんばー」

怜「(これ、一巡先見ずに切り抜けること出来るんやろか…)」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 04:30:34 ID:QijilaFJ0

東一局 一本場

怜「(あれ、萬子来てる?)」

宥「んー、ちょっと寒いぃ…毛布毛布」ゴソゴソ

竜華「あら、もう毛布出とるんやな。まだ11月も初旬やのに」

玄「30℃以下はお姉ちゃんには寒いんですよー…っと!」

玄「リーチですっ!」ピシッ

竜華「!玄ちゃんのリーチ…」

玄「一発来るかなぁ~」ワクワク

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 04:31:46 ID:QijilaFJ0

竜華「(あれ、玄ちゃんドラ捨てれんのやないっけ?)」

怜「(ドラが全部揃ったからリーチしとるんやろうか…)」

怜「(てことは倍満以上確定…裏も乗ったりしたら)」ゾク

竜華「(…これはベタオリやな)」

怜「(ウチ現物ないんやけど…)」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 04:32:32 ID:QijilaFJ0

怜「(……シングル、だけなら)」キイィン

怜「!」カタカタ

怜「(見てて良かった、トバされる所やったわ)」コト

宥「んー、じゃあ、赤から遠い九萬ー」コト

怜「!あ…」

玄「へへー、ロンだよ、お姉ちゃん!」

玄「リーチ、ドラ8、裏九萬で3!」

玄「24300だよ」ドヤ

宥「う、取り返されちゃった…」

宥:24700
玄:41300
竜華:17000
怜:17000

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 04:33:28 ID:QijilaFJ0

竜華「……」ピピ

怜「……」ピピ

玄「あれ、お二人ともメールですか?」

竜華「うん、ちょっと後輩に」

怜「ウチもー…」

ーー
千里山女子高校 麻雀部部室

船Q「ふう…やっと牌譜整理終わった」

ピリリリ

船Q「ん?メール…清水谷先輩と園城寺先輩からや…」

船Q「そういや二人で松実姉妹の所に行くとか言うてたなぁ…なになに」ピッ

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 04:35:05 ID:+BqBCCpm0

竜華『玄ちゃんは裏ドラも大体支配しとるでー』

竜華『でも裏ドラは全部って訳やないからカン裏の牌とかはドラ乗るかもなー』

船Q「へぇー…今麻雀打ちよるんか」メモメモ

船Q「園城寺先輩のは…っと」

怜『松実姉妹におこた渡したらアカン!』

船Q「………はい?」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 04:35:46 ID:4gEtlYE50

東二局

玄「という訳で親番ですー!」タンッ

竜華「…」コト

怜「(げー、竜華がゾーンに入った)」コト

怜「(おこたに入っとるし皆体温高いんやないかな…)」

宥「あったかくなってきた~」ホカホカ

怜「(んで手牌から萬子減っとると思ったら…もう)」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 04:36:46 ID:AZ8W8WHm0

ぬくぬくおもち麻雀だけど ガチガチバチバチじゃないですかやだー

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 04:36:56 ID:gyyC6x/k0

玄「(…あんまり手牌良くないなぁ)」コト

竜華「ロン」

玄「はい!?」

竜華「8000です」

玄「は、はい……」カタカタ

宥「清水谷さん、あったかくなくなってる…大丈夫かな」フルフル

怜「あ、大丈夫です仕様やから」

宥:24700
玄:33300
竜華:25000
怜:17000

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 04:37:45 ID:gyyC6x/k0

東三局

竜華「…ツモ、1000オール」

宥「………ま、まだ大丈夫」フルフル

宥:23700
玄:32300
竜華:28000
怜:16000

東三局 一本場

竜華「ロン」

玄「ふぇっ!?」

竜華「7700は8000」

宥:23700
玄:24300
竜華:36000
怜:16000

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 04:39:40 ID:gyyC6x/k0

東三局 二本場

玄「(う、うぅ…準決勝のトラウマが…)」ガタガタ

宥「(あったかくないぃ…)」ガタガタ

怜「(…アカン、これは安手でなんとしても上がらな…ちょっとシングル使って、と)」キイィン

怜「ロ、ロンや。1000の二本場で1600」

竜華「!あ、うんっ」

玄「(お、終わった)」ホッ

宥「(清水谷さん…もとに戻った?)」

怜「(…ラスかぁ…でも、ラス親やし)」

怜「(ぜったい、まくったるっ)」ゴッ

宥:23700
玄:24300
竜華:36000
怜:17600

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 04:45:04 ID:gyyC6x/k0

オーラス

怜「(配牌から良形の1向聴…いけるっ)」パシッ

宥「♪~」コト

怜「(このメンツに連荘は厳しいからな…体力的にも)」

怜「(ウチが一発でトップなるには…直撃で満貫、他やと跳満、か…余裕やっ!)」

玄「(うう、形が全然作れない…)」コト

怜「(…そやけど、ドラがこんからなぁ)」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 04:47:32 ID:OKTMoOhH0

竜華「…」コトッ

怜「(ごめんな、竜華…やっぱトップ取りたいから)」

怜「(…ダブルっ!)」キイィン

竜華「!」

怜「っ!」クラッ

宥「園城寺さん?大丈夫?」

怜「(…なるほど、な)」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 04:50:46 ID:OKTMoOhH0

怜「……リーチ」

竜華「っ!怜っ!」

玄「え、まさか…」

怜「ツモ。メンタンピン一発ツモ、お、裏ドラ乗ったわ裏1」

怜「(裏乗るのも知ってたけどそんなん言ったら竜華怒るやろうな)」

怜「6000オール」

玄「うーわー…」

宥「ら、ラス引いちゃった…」

怜「途中から寒かったからやない?」クスクス

竜華「…」

宥:17700
玄:18300
竜華:30000
怜:36600

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 04:53:58 ID:OKTMoOhH0

竜華「…あんなぁ、怜」

怜「はい?」

竜華「アカンって言うたやん…」

怜「へ?み、未来なんかみてないよ?」

竜華「ならなんで、一発ツモなん?」

怜「知らんよー、偶然やろー」タハハ

竜華「リーチ一発ツモで裏も乗らないと、一回でまくれんやったやん」

怜「いや、ラス親やんか。連荘しよっかなーって」

竜華「…体温が高い。脈拍も140や」

怜「うっ…」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 04:58:04 ID:OKTMoOhH0

竜華「体に障るやろ?養生せな、な?」ナデナデ

怜「せっ…せやけど」

竜華「?」

怜「竜華も宥ちゃんもドラローさんも本気だしとるのに…ウチだけヒラ打ちとか、失礼やん」

竜華「と、怜…」

ーー

玄「(ヒラ打ちって…別にイカサマじゃないのに)」

宥「(…でもなんだかあったかい雰囲気~)」ヌクヌク

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 04:58:43 ID:OKTMoOhH0

竜華「えっと…ごめんな?気遣わせてしもた?」

怜「んーん…久しぶりに本気でやって楽しかったわー」ギュッ

竜華「うぇっ!?ちょ、アカンよ、玄ちゃんらおるし」アセッ

怜「んー…おこたよりあったかいわ」スリスリ

竜華「いやいや、すりすりするのやめっ…」

ガラガラ

憧「おっじゃまっしまー…す…」

竜華「あっ…」

怜「んー…」スリスリ

玄「(清水谷さんのおもちに…すりすり…!)」ギラギラ

宥「あ、憧ちゃんー憧ちゃんも打とう?」ホワホワ

憧「…な、何この状況」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/09 04:59:25 ID:OKTMoOhH0

憧「へえ、それで千里山の人達と」

玄「ほら、憧ちゃんもコタツ入って打とうよ!」

宥「でも、5人になっちゃう…」

怜「ん、ウチ竜華の膝の上から見よるから、入ってええよー」ポフ

玄「!」

竜華「ちょ、怜!?」

怜「竜華の乳を背もたれに悠々観戦や」ドヤ

竜華「もー、セクハラやめっ!」

玄「…私がトップになったら、その席変わってもらえますか?」

怜「ふふ、やれるもんならやってみー」ニヤニヤ

竜華「え?」

おわり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする