【宮守女子SS】塞「電車が遅延!?」 胡桃「ごめん、中堅戦までにはなんとか……」【熊倉トシ】

鬼滅の刃20巻を無料で読む方法!

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 02:46:48.20 ID:5FZ+8P9I0

塞「え!? ちょ、冗談でしょ!?」

胡桃『ほんっとごめん!』

胡桃『打ち上げ代全部奢るから……』

塞「いや、そうは言っても大会は……」

胡桃『お昼には着けると思うけど、微妙に間に合わないかもしれないし……』

胡桃『シロやエイちゃんに、悪いけど極力試合長引かせてもらって!』

胡桃『お願い!』

塞「ちょ、そんな無茶だって!」

胡桃『ホントごめん!』

胡桃『あ、ケータイ電池切れそ――――』

塞「あ、ちょっと、胡桃!」

プツッ

ツー……ツー……ツー……

塞「……」

塞「……胡桃だけじゃなくて、私以外の皆、まだ到着してないんだけど……」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 02:49:43.73 ID:5FZ+8P9I0

塞「ちょ、これ、どうしたら……」

トシ「うーん、シロは電話が繋がらないねえ」

トシ「電池が切れちゃって、目覚ましもならずにまだ寝ているパターンかね」

塞「……さすがに大事な県大会決勝戦でダルいからって電源意図的に切ったってことはないと思いたいですけど……」

トシ「エイスリンは……電話に出ないねえ」

塞「サボるタイプじゃないだけに心配ですね……」

トシ「豊音にも今かけてみるね」

塞「お願いします……」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 02:52:10.92 ID:5FZ+8P9I0

トシ「こっちも出ないねえ」

塞「ちょ、ど、どうすれば……」

トシ「もうメンバーは登録終わっちゃってるし……」

トシ「そもそも補欠部員がいないからねえ」

トシ「このままだと、不戦敗に……」

塞「そ、そんなのダメですよ!」

塞「皆今日のために必死に努力してきたんじゃないですか!」

トシ「そうだねぇ……」

トシ「他の高校の子も、いきなりサンマです、なんて言われても困るだろうし……」

トシ「とりあえず、何とか出来ないか色々調べてみるから、皆に連絡取ってみて」

塞「はい!」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 02:55:21.90 ID:5FZ+8P9I0

塞「って言ってもシロと胡桃は電池切れてるし……」

塞「とりあえず豊音とエイちゃんだよね……」

塞「ふたりとも、こういう時に遅刻する娘じゃないのに……」

塞「事故に巻き込まれてるとかじゃないといいんだけど……」 ピポパ

塞「……」 トォルルルルルルン

塞「……」 トォルルルルルルン

『ハーイ、ジャーップ。アイムエイスリン。シャベレナイカラ伝言ぷりーず』

塞「……留守電、かぁ」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 02:59:21.45 ID:5FZ+8P9I0

トシ「どうだった?」

塞「ふたりとも、留守電ですね……」

トシ「参ったね……」

塞「何とかなりませんか……?」

塞「私達、どうしても全国に行きたいんです」

塞「少なくとも、こんな形で終わりたくなんて無い……」

トシ「……」

トシ「仕方ないね」

トシ「出来ることならこの手は使いたくなかったんだけど……」

塞「え?」

トシ「替え玉作戦で行くよ」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 03:02:15.10 ID:5FZ+8P9I0

塞「か、替え玉って……」

塞「そんな他人の力で優勝するような真似……」

塞「それに、そんなことしてバレたら、出場停止になっちゃうんじゃ……」

トシ「ちなみに、シロの代役はもう見つけてきてあるよ」
_
/,.ァ、\
( ノo o ) )  替
)ヽ ◎/(.   え
(/.(・)(・)\. 玉
(/| x |\)
//\\
. (/   \)
塞(あまりの事態にボケたかババア……)

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 03:03:46.01 ID:3nfPm/oD0

痴呆だな(確信)

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 03:03:51.80 ID:J7UId2C/0

(アカン)

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 03:06:51.37 ID:5FZ+8P9I0

塞「ええと、少々ツッコミたいというか、多々ツッコミたいというか、どこからツッコんだらいいか……」

塞「せめてそっくりさんの人間を使いましょ? ね?」

トシ「いいかい、塞。冷静になるんだよ」

トシ「大会規約にはこうある」

トシ「別『人』がなりすましで試合に参加することを禁止し、これに違反した高校は出場停止処分になる、と――」

塞「いや、あの」

トシ「最悪、これならバレてもごめんなさいで済むんだよ」

トシ「とりあえず、やってみる価値はあるんじゃないのかい?」

塞「え、あ、えーと……」

トシ「それとも、何もせずにただ諦めるっていうのかい?」

トシ「この麻雀部で過ごした日々は、全国に賭けた想いは、その程度だったのかい?」

塞「え、えっと……」

塞「じゃ、じゃあ、とりあえずやってみましょうか」

▼さえは こんらんしている!

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 03:11:34.46 ID:5FZ+8P9I0

審判「えーっと……」

塞「……み、宮守先鋒の小瀬川白望と付き添いの臼沢塞です」

塞「ちょっと熱っぽいみたいなんで、体を支えに……」

審判「……」

塞「……」

審判「ええと、ちょっと、なんというか、生気が薄いですね」

トシ「どうも、横から失礼します。宮守女子監督です」

トシ「選手名鑑の写真見て下さい」

トシ「ほら、元からこの娘は目に生気がない娘でしょう?」

トシ「風邪によって顔色が悪くなったせいで生気が0に見えますけど、元からこんな娘なんですよ」

審判「はあ……」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 03:18:45.81 ID:5FZ+8P9I0

トシ「それにほら、髪の毛が一緒じゃないですか」

塞(ヅラだしね……)

審判「でも、髪型は自由に似せられるじゃないですか」

塞(超正論……)

トシ「男の貴女には分からないだろうけど、髪は女の命だよ」

トシ「そんなに気軽に変えられるものじゃないんだ」

トシ「間違いなく、この髪型なのはシロだけだよ」

塞(何言ってんだこの人……)

審判「いや、まあ、おっしゃりたいことはわかりますけど……」

トシ「ほら、塞からも何か言っておやり」

塞「え!?」

塞「えーと……」

塞「ほら、制服も宮守のものですし……」

塞(凶悪犯の弁護させられる国選弁護人ってこんな気持ちなのかな……)

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 03:28:44.18 ID:5FZ+8P9I0

審判「ええと……」

トシ「さ、もういいだろう?」

トシ「席につかせてあげよう」

審判(いや、でも、あれだよなぁ……)

トシ「それとも何かい」

トシ「根拠のない言いがかりで、いたいけな女子高生の夢を奪うのかい?」

トシ「他校の娘達にも、迷惑がかかるんだよ?」

トシ「……その責任を、貴方が負うのかい?」

審判(俺この仕事就職してまだ4ヶ月なのに……どうしろっていうんだよ……)

塞(何かものすごく胸が痛い)

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 03:34:18.40 ID:5FZ+8P9I0

審判(これ以上放送を遅らせて責任問題になっても困るよな……)

審判(最悪、テレビ放送出来ないと判断されたりやばいと判断されたら先輩とかが突っ込むだろ)

審判「ええと、じゃあ、とりあえず席についてもらっていいんですけど……」

審判「もしかしたら後でちょっと詳しいお話を聞かせてもらわないといけないかもしれませんので」

審判「監督さんにはここに残って頂いてもよろしいですかね」

トシ「ああ、私は部員に激励したりしないといけないからね」

トシ「部長のこの娘を残していくよ」

塞「!?」

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 03:47:48.97 ID:5FZ+8P9I0

塞(いやいやいや、どないせーと)

塞(そもそもこれ、シロとか配牌取れないでしょ)

塞(……あ、これ、配牌まで自動でしてくれる自動卓だ)

塞(無駄にお金かかってるなー)

塞(今年結構プロ注目の選手が岩手に集まってるからって、奮発して決勝前に買ったな……)

塞(とと、それどころじゃないか)

塞(とりあえず配牌の問題はクリアー)

塞(……まあ、ツモれないからオシマイだけど)

塞(ツモらないで時間をかせぐ……だけってのは、現実的じゃないわよね……)

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 03:52:28.68 ID:5FZ+8P9I0

塞(こんなの私じゃどうしようもないって……)

塞(半荘乗り切れば、トシさんが家までシロを迎えに行ってるのかもしれないし、何とかなるかもだけど……)

塞(そのせいで、突然こんな状況乗り切れって言われるのはちょっと理不尽だけど……)

塞(ここを乗り切るのは私の役目、よね……)

塞(……)

塞(トシさんのことだし、きっと私ならなんとかなるって算段が合ったんだよね……?)

塞(っていうか、今、ちゃんと他の皆探してきてるんだよね……?)

塞(……)

塞(いかん、不安になってきた)

塞(だめだめ、ネガティブになったらおしまいよ)

塞(今は前向きにこの先鋒戦を乗り切ることを考えなくちゃ)

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 04:04:31.46 ID:5FZ+8P9I0

塞(思い出せ、何かこの状況を切り抜ける術は無いかを……)

塞(私は部長)

塞(他校のデータは頭に叩きこんでいる)

塞(必死に頭を絞れば、オカルトだらけのこの卓くらい、何とか乗り切れるはず――)

塞(幸い私にはこのモノクルがある)

塞(この距離からでも塞いでいくことで、卓上をコントロールできれば……)

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 04:19:29.93 ID:5FZ+8P9I0

塞(親番、遠野高校先鋒の爺代小鳴選手は、確かとにかく鳴いて喰い断や役牌ばかりで細かく何度も上がる選手…・・)

塞(何とか鳴きまくってもらってシロの手番を飛ばしまくってもらわないと……)

塞(とはいえ、必ず鳴けるわけではないし……)

塞(役牌ないときに端牌切られたら鳴かないだろうから確実性は低い)

塞(狙うならむしろ、強力なオカルト持ちの西家)

塞(金鷲高校の久我ストレイ子選手は配牌天牌率が9割り超えの超速選手)

塞(こちらも速さと引き換えに打点が低いけど、うまく行けばさっさと上がって場を流してくれるはず……)

塞(あとはローリングフラワー女学院の黄生野ひかり選手が問題ね)

塞(振り込み率脅威の0%の超鉄壁)

塞(彼女の余剰牌は絶対に他家の当たり牌にはならない……)

塞(このまま放っておくと運任せで久我選手と爺代選手の殴り合いに期待するはめになる)

塞(それだけでシロ――という名の人形的なアレ――の手番が来ないのを期待するのは正直厳しい)

塞(ここは相手の能力を知りつつも平気で不要牌をバスバス切ってくるであろう黄生野選手のオカルトを封じて、積極的に振り込ませる……)

塞(振り込み皆無の力を封じれば、相当振り込みやすくなるでしょ)

塞(動揺して手牌を崩してまで鳴きやすかったり当たり牌だったりを切るようになればなおのことよし!)

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 04:22:21.22 ID:GzO9PrJp0

塞さん苦労人

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 04:27:51.22 ID:lGRWVT3H0

クーガーさんなにやってんすかwwww

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 04:38:17.37 ID:5FZ+8P9I0

塞(……何とか思惑通りシロ――と呼んでいいのかな、アレ――に一度もツモらせずに東4局まできたけど……)

塞(……これ、親番どうしようもないじゃん)

塞(さようなら、全国)

塞(さようなら、楽しかったあの日々)

塞(そりゃ無理だよこの状況で全国とか無理に決まってんじゃん冷静になりなよ……)

ココーハーウラギリノティルナノーグ♪

審判「……」

塞「あ、すみません、音付きっぱなしで……」

塞(さっき緊急連絡きてもいいように音つけてたの忘れてた……)

塞(あ、トシさんからだ!)

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 04:42:15.43 ID:J7UId2C/0

着メロどうにかならなかったのか

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 04:43:37.15 ID:5FZ+8P9I0

塞「も、もしもし!?」

審判「」 ジロリ

塞「あ、す、すみません……」 ペコペコ

塞「あの、皆と連絡取れたんですか?」 ヒソヒソ

トシ『いや……』

トシ『ただ、とりあえず次鋒戦は安心だよ』

トシ『ちゃあんと見つけたから』

塞「ホントですか!?」

審判「……あの」 ジロリ

塞「すみませんすみません」 ペコペコ

塞「でもよかった……これで変な形で夢が終わらなくてすみますね……」 ヒソヒソ

トシ『ああ、無事見つかってよかったよ』

トシ『この娘なら、立派な替え玉になるよ』

塞「本人探してこいやババア」

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 04:44:57.01 ID:maKzTrJx0

これは使えないトシさん

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 04:54:24.68 ID:5FZ+8P9I0

トシ『何か言ったかい?』

塞「実況の声が雑音になって空耳でも起こしたんじゃないですか」

塞「それより、シロなんですけど……」 ヒソヒソ

塞「いや、あれシロって呼びたくない気持ちはあるんですけど……」 ヒソヒソ

トシ『それなら問題ないよ』

塞「え?」

トシ『連発は出来ないではあるけど、ちゃんと仕込んではあるよ』

トシ『ちゃんと街頭テレビで見ながら遠隔操作するから』

塞(ちょっと既にヤな予感がする)

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 05:06:16.18 ID:5FZ+8P9I0

トシ『まあ、確実ではないけど……』

トシ『たとえ低い可能性でも、やらないで諦めるよりはいいでしょう』

塞(いいこと言ってるはずなのに、あの替え玉見た後だと何も言えない……)

トシ『ピンクロータースイッチ、ON』 ポチットナー

塞「ちょっと待って今何て」

ヴヴヴヴヴ

塞「うわっ何かシロ――他に何て言えばいいのか誰か教えて、マジ――の腕が微振動してるッ!?」

塞「うへえ……何あの片腕全速前進……」

ガシャン

塞「あ、牌倒れた」

ストレイ子「ロォーーーン! 白のみ!」

トシ『ふふ……どうだい、上手くいっただろう?』

塞「余計な牌めっちゃ見せ牌してますけどね……」 モウドウデモイイカ・・・

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 05:29:58.82 ID:5FZ+8P9I0

古館『先鋒戦、決着――!!』

古館『少女達の3年、いや、雀士としてこの世に生を受け十数年』

古館『その長い長い、ひたすら駆け抜けてきた道のゴール地点が、今日決まる!』

古館『その最初のスタート地点先鋒戦ッ』

古館『一巡すらしない内に終わる局のなんと多かったことか!』

古館『まさに閃光ッ!』

古館『一瞬の煌きの中で、少女達の血の結晶がぶつかり砕け散っていくッ!』

古館『現在トップは驚異的な人和率を披露した久我選手率いる金鷲高校ッ』

古館『追うは鳴きで泣きを見たのか泣きを見せたのか、ほぼ原点の遠野高校!』

古館『何も出来ず無力感で項垂れるは2つの高校』

古館『しかしバトンは繋がれますッ』

古館『タスキを受け取り始まる次鋒同士の戦いッ』

古館『見据えているのは前一点』

古館『負うべき背中と、その先にある栄光のゴールですッ!』

塞「の、乗り切った……先鋒戦を乗り切ったあ……!」 パァァァァ

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 05:42:20.84 ID:3nfPm/oD0

古舘さん仕事選ばねぇww

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 05:46:09.03 ID:5FZ+8P9I0

トシ「おまたせ、塞」

塞「トシさん!!!」

塞「いや、ほんと、どうなるものかとめちゃくちゃヒヤヒヤしましたよ!」

トシ「軽いボディを替え玉にしたからこそ、こっそり腕の中に仕込んでおいたローターの振動で腕が動き牌を捨てられた……」

トシ「腕を戻せないからどうなるか賭けだったけど、次局で競り上がってきた牌山に押されて戻ってくれるとはね」

トシ「ここまで上手くいくとはさすがに思わなかったよ」

塞(ホント、それでよく実行して私を現場に残してったなあ……)

トシ「まあ、塞には苦労をかけたけど……」

トシ「その分ちゃんと、代役見つけてきたから」

塞「あ、はい」

塞(できれば本人連れてきてほしかった……)

トシ「ちょっと待ってね、今出すから」 ゴソゴソ

塞「ストップ。待って。ちょっと待って下さい」

トシ「どうしたんだい?」 ゴソゴソ

塞「替え玉の娘を呼び出すって流れで鞄漁らないでぇぇぇぇぇっ!」

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 05:52:34.27 ID:5FZ+8P9I0

.γ⌒ヽ、
,,.(ノ、’ (゚)
(( ,ノ ゙̄i
`(´ )JJ
塞「犬だよ畜生……」

塞「もはや人型ですらないし……」 orz

トシ「どうしたんだい、そんな隅っこで突然四つん這いになって」

トシ「時間はあまりないんだし、遊んでいる暇はないよ」

塞「……」

トシ「この娘が次鋒のエイスリン・ウィッシュアートってことで通すからね」

塞「あ、はい……そうですか……」

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 05:56:41.63 ID:5FZ+8P9I0

トシ「それじゃあ、とりあえず操作方法を教えておくよ」

塞「操作方法!?」

トシ「ええ、この娘は愛犬ロボだからねぇ」

塞「ロボって……」

トシ「犬は人間みたいなもの、愛娘のようなものとはよく言ったものだけど……」

トシ「こちらがきちんと操作できるものを使うに越したことはないからね」

トシ「さっきのローター操作みたいな不確定な操作に頼らずにこれで済むよ」

塞(間違ってはいない……間違ってはいないんだけどもッ……!)

塞(もっと別の所に問題があるんだよなァァァァァァァァ…………)

塞(ツッコミたい……代替案何もないしグッと堪えるしかないけれどもッ!)

塞(突っ込んでしまいたい……!)

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 06:06:58.56 ID:5FZ+8P9I0

トシ「これがコントローラーだよ」

塞「はあ……」

塞(や、安っぽい……)

トシ「このボタンで、前進」

塞「見事なまでの四足歩行ですね」

トシ「ええ」

トシ「だからこの機能は使えないわね」

トシ「激しい生理痛で歩くのがきつい、とか言ってまた付き添って席に座らせてあげてちょうだい」

塞(あ、これまた私が審判の横で言い訳しながら試合見守らせられるやつかな)

塞(さっきも散々怪しい点にツッコまれて無理やりごかましてたっていうのに……)

塞(……夢を追いかけるのって、こんなに辛いことだなんて、思ってもみなかったなぁ……)

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 06:20:57.40 ID:5FZ+8P9I0

トシ「で、当然だけど、喋れないから鳴けない上がれないだからね」

塞「わぁ……」

塞「って、このボタンのTボタンって、トークボタンで喋らせられるんじゃ……」

トシ「何言ってるんだいこの娘は」

トシ「わんちゃんが喋るわけないだろう?」

塞「え、あ、はい」

トシ「もう、しっかりおし」

トシ「今は貴方だけが頼りなんだから」

塞「すみません……」

塞(……私が悪いの?)

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 06:26:31.68 ID:5FZ+8P9I0

トシ「で、このTボタンなんだけど……」

トシ「Tは『ツモボタン』の略で、これを押すと牌をツモってくるわ」

塞「え、犬はツモなんてしないんじゃ……」

トシ「何言ってるんだいこの娘は」

トシ「ツモも出来ないような娘を、替え玉に出来るわけないだろう?」

塞「え、あ、はい」

トシ「もう、しっかりおし」

トシ「さっきも言ったけど、今は貴方だけが頼りなんだからね」

塞「すみません……」

塞(……私が悪い気すらしてきたやばいすでにめっちゃ疲れてる)

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 06:36:16.45 ID:5FZ+8P9I0

トシ「それでこっちのKボタンなんだけど……」

トシ「これは『クソボケがこんな牌いらねーんだよぶっ殺すぞ』の略で、ツモった牌をそのまま河に並べるわ」

塞「なにそれがらわるい」

トシ「とにかく、上がりが出来ない・捨てる牌を選べない以上、この2つのボタンを駆使してツモ切りを繰り返させることになるわね」

塞「……その仕事は……」

トシ「私はリモコンの射程圏の外まで胡桃や豊音を探しに行かないといけないから……」

塞(やっぱりそうなるのか……)

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 06:43:06.76 ID:5FZ+8P9I0

トシ「ついでに、ちゃんと他の選手を適材適所に塞いで追いつけるよう点数調整頼んだよ」

塞「あ、はい」

塞「頑張ります」

塞「それしか道はないんですから……」

トシ「いい目をするようになったね……」

トシ(何か凄く濁ってる自棄糞めいた瞳だけど、とりあえず肯定してでも次鋒戦の支援してもらわないとね)

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 06:52:38.21 ID:5FZ+8P9I0

審判「……あの」

トシ「はい?」

審判「その腕に抱えているのは……」

トシ「次鋒のエイスリン・ウィッシュアートだよ」

審判「……」

塞「……」

トシ「それじゃ」 スッ

審判「いやいやいやいやちょっと待って頂いてもいいですか」

審判「そんな普通に通せる状態じゃないですからねコレ」

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 07:09:31.76 ID:5FZ+8P9I0

トシ「何が問題なんだい?」

審判「そうですね、直球で言わせていただくと、その腕に抱いた犬ですかね」

トシ「犬じゃないよ、エイスリン・ウィッシュアートだよ」

審判「いえ、あの」

審判「明らかに違うんですよね、登録されてる写真と」

トシ「外国の子は、老けちゃうのが早いからねえ……」

トシ「ちょっと毛を剃るのをサボったら、ご覧の有様だよ」

審判「いや、その、体格からしておかしいですよね」

トシ「なんだい、外国人の体格は日本人とは違うからって差別するのかい?」

審判「いや、その……」

トシ「この娘の眼の色や毛の色で差別をするのかい?」

トシ「それとも、日本語が満足に喋れないからダメなのかい?」

トシ「この大会は、そこまで激しい外国人差別を、決勝戦にコマを進めたあとで尚もするのかい???」

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 07:13:55.53 ID:5FZ+8P9I0

審判「いや、でも、どう考えても別人――」

トシ「まったく……フランス人とイタリア人の区別すら満足につかない人が多いっていうけど……」

トシ「アンタにはそれが出来るのかい?」

トシ「白人は全員似たような顔に見えるような人種じゃないと断言できるのかい?」

トシ「フィーリングだけで安易によく分かりもしない外国人を別人だの同一人物だの言ってるだけじゃないって言い切れるのかい??」

トシ「この娘が髪型と化粧を変えただけでもう分からなくなっただけだという可能性には行き当たれないのかい?」

審判「え、ええと……」

審判(もうやだこの仕事実家に帰りたい……)

塞(なんかすごく申し訳ない気分……)

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 07:25:41.54 ID:5FZ+8P9I0

塞「ぜぇ……ぜぇ……」

塞(あーしんどい……他校3つを外から平らにするとかちょっと無理だってホント) ゼェゼェ

塞(あんまり強くないオカルトでも毎回塞ぐとしんどくなるわ……) ハァハァ

塞(オカルト使い多すぎなのよ岩手ェ!!!) ゼヒー

審判「あの、君、大丈夫?」

塞「ら、らいじょうぶれす……」

審判(何でこの娘へんなリモコンのボタン操作しながらはぁはぁ言ってるんだろう……)

審判「……」

塞「んっ……」 ボウサイッ

塞(しんっどい……!) ゼハーゼハー

審判「……」

審判(試合に害はなさそうだし、カメラにも映ってないし、害はなさそうだから関わらないでおこう……)

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 07:42:37.75 ID:5FZ+8P9I0

塞「うぉえええええええええ……ッ!」 ビチャビチャビチャ

塞「無理。マジ無理。死ぬってホント……」 ゼハーゼハー

塞「あと3巡オーラス終わるの遅かったら間違いなく便器にでなく対局室の床に吐いてたわ……」

塞「おえっぷ……」

塞「で、でもこれでようやく昼休み……」

塞「胡桃も来るはずだし、そうすれば副将戦まで休める……」

塞「さすがに豊音は間に合うでしょ……」

アースッキリシター

ソウイエバサー、キイタ?

ナニガー?

ナンカー、レッシャジコガアッテ、フッキュウノメドタッテナイラシイヨー

ヤバーイ

トオノノチュウケン、コラレナイカラ、ホケツガデルンダッテー

ナニソレカワイソー

塞(ちっくしょおおおおおおおおおおおおおお!!) マァジカァァァァァァ

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 07:49:09.41 ID:5FZ+8P9I0

塞「……」

塞(食事が喉を通らない……)

塞(初戦の時も確かに上手く喉を通らなかったけど……)

塞(あの時は皆がいたから、何とか流し込めたんだっけ……)

塞(……)

塞「一人ぼっちって、辛いなあ……」

シロ(偽)「……」

エイスリン(偽)「……」

塞「……ほんと私、ずっと大事な日になると思ってた日のお昼を、なんでこんな意味の分からないモノに挟まれて迎えてるんだろ……」

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 08:10:15.93 ID:5FZ+8P9I0

塞「……休憩が終わる……」

塞「……」

塞「胡桃も来ない」

塞「っていうか誰も来ない」

塞「……休憩だけじゃなくて、私達の夏もここで終わるのかな……」

塞「こんな、形で……」

塞「……」

塞「一生懸命、頑張ったんだけどなあ……」

塞「……」

「塞!」

塞「!」

塞「胡桃!?」

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 08:12:48.89 ID:5FZ+8P9I0

トシ「胡桃かと思ったかい?」

トシ「私だよ」 バーーーン

塞「……」

塞「……はぁ」

トシ「なんだい、その一気に目から生気が失せるくらいのテンションの落ちっぷりは」

塞「いえ、別に……」

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 08:27:07.45 ID:5FZ+8P9I0

塞「……ちなみにお一人ですか?」

トシ「……あいにくね」

塞「そしてその小脇に抱えているものは……」

トシ「ああ……」

トシ「どうやら列車事故の影響で胡桃は間に合わないらしくてねえ」

トシ「無事みたいなんだけど、タクシーで来ても間に合わなかったようだから」

トシ「胡桃の替え玉を、と思って……」

塞「……」

トシ「どうしたんだい?」

塞「いえ……薄々分かっていたのに涙が止められない自分が少し情けなくて」

トシ「?」

塞「ちょっとだけ泣かせて下さい」 チクセウ・・・

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 08:29:54.56 ID:5FZ+8P9I0

塞「……」

審判「……」

塞「またですか、って顔ですね……」

審判「……まぁ」

塞「何かすみません……」

審判「……」

トシ「さ、それじゃ、胡桃を送っていってあげとくれ」

トシ「この娘、列車の事故に巻き込まれて重症の所をわざわざ来たんだ」

トシ「付き添いくらいいいだろう?」

審判「いや、その、ええっとですね……」

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 08:31:12.45 ID:5FZ+8P9I0
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : _/  __/ ̄\__  \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : _,:-‐’ ̄ ̄ ̄ ̄  /           \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、: : : : : : : :
: : : : : : ;-‘´           |_             _|           `ヽ、 : : : :
: : : :/    , ,  , ,  , ,     \       /      , , , , ,,       \: : :
: : /  、、、ヽ |i.!ii i|i|iil |i.|i,; // ,, ,  \    /    、、i ii l.| |ii.|i|iii|il/ ;;, , ,    \:
: /、、ヾ;ゞゞヾi!゙゙゙     ゙゙゙゙ヾ///,; ,_  `ー─´  、、ヾゞヾll!゙゙     ゙゙゙ヾ彡;//,, ,   `
. ミミヾミ゙゙゙` ,.-´ ̄ ̄ ̄`ヽ、 `゙゙ヾ彡彡     ゙ミミゞ゙゙´ ,.- ‘ ̄ ̄ ̄`ヽ、゙ヾ彡彡彡
 ゙゙̄ミミ/ /      (  ) ヽ   ヾ        /   /    (  )  ヽ  ヾ彡彡
|  |  |    ,,;iilllllli;,     ‘;    ヽ!     |イ   ,’    ,,;illlllli;,    ‘;  ’i  |
|  |  |    llllllllllllll!     |    .|       .|    .|    lllllllllllllll!     |  |  !
.  ! .!  !、   `゙゙゙゙゙゙´     /   /|      .|、   !、   `゙゙゙゙゙゙゙´   /  ./  |
! `、 ヽ        /   / .|      .| ‘:、  \        /  ./  /
`、. \  ヽ、____,.-‘   ./ ./      .!、ヽ   `- ..____. ‘   ./  /
\  \           /,.- ‘        \ \            / ./
` ー-`ー——‐’- ‘´    ___    `ー`ー——–‐’‐ ‘´
__,.-‘´     `丶、
,.:’           `ヽ、                      ダノウラーーーー!!
/               \
: : : : : : : : : : : : : :     /                  ヽ    : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : :   /                   ’;   : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : |_______________|  : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : |  /             ヽ   .| : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \            /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \_______/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :           : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :       : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ー—-‐: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

審判「……もう似せる気もないですよね?」

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 08:36:03.19 ID:5FZ+8P9I0

トシ「なんのことかわからないね」

胡桃(偽)「ナデナデシテー。ナデナデシテー」

審判「明らかに人間のサイズを下回っていますよね?」

トシ「元から小さい子なんだよ」

胡桃(偽)「ダエイロウウータイ!」

審判「意味分かんないこと喋ってますけど」

トシ「毒舌な子だからねえ、毒が自分にまで回りすぎてちょっとロレツが回ってないのさ」

胡桃(偽)「ファービー、オマエ、マルカジリ」

審判「ファービーとか名乗ってますけど」

トシ「事故で頭をぶつけて意識が混濁しているんだよ」

審判「百歩譲っても、これどっちかっていったらエイスリン・ウィッシュアート選手ですよね」

トシ「正直相当高かったからねえ。出来れば出したくなかったんだよ」

トシ「愛犬ロボはゴミ捨て場で拾えたんだけどねえ……」

審判「今これが鹿倉胡桃選手じゃないと認めましたよね?」

トシ「なんのことだか。この歳になると記憶力が衰えてきてねぇ……」

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 08:52:54.64 ID:5FZ+8P9I0

審判「大体制服ほとんど脱げてるじゃないですか」

審判「それじゃ放送できませんよ」

トシ「甘いね」

トシ「私はちゃんと全国のVTRをチェックしてるけど……」

トシ「鹿児島にはこれ以上衣服のはだけた娘もいたけど、普通に公共の電波に乗っていたよ」

審判「でも、これじゃあ牌山に手が届かないんじゃあ」

トシ「おや、また身体的特徴で差別かい」

トシ「いやな運営団体だねえ」

トシ「口では散々平等だの差別撤廃だの謳ってるスポンサー様に資金出してもらっておいて」

審判「いや、あの、そういう問題じゃ……」

トシ「じゃあどういう問題なんだい?」

塞(無理難題)

審判「そもそも牌を取れないと試合にならないので、最低限そこを何とかしてもらわないと……」

トシ「そのことなら心配ないよ」 テーレッテレー

塞「ま、マジックアーム……」 ウワァ

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 09:03:41.18 ID:5FZ+8P9I0

トシ「さ、通しておくれ」

トシ「これで麻雀は打てるし、問題無いだろう?」

審判「いや、その、そういう道具の使用は……」

トシ「なんだい、酷い人だね」

トシ「不慮の事故で上手く動かぬ体に鞭打ってきたんだよ」

トシ「補欠のいない部活のため、こんな体にまでなって会場に来たんだよ」

審判(来てないだろ)

塞(来てないわよねぇ……)

トシ「その想いを、無碍にしようっていうのかい?」

審判「いや、そういうわけでは……」

トシ「大体、死人が出ていないとはいえ、結構な人が迷惑してる事故の被害者の一人だっていうのに……」

トシ「そんなに無神経に色々突っ込むなんて、不謹慎だよ」

審判(事故をネタにしてくる方がよっぽど不謹慎だろ……)

塞(さっきケータイで見たけど、事故って普通に信号の大破とその欠片の線路上侵入って書いてあったんだけどなあ)

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 09:09:36.21 ID:5FZ+8P9I0

トシ「大体、折り返しまで来ちまったのに、今更一校欠けました、なんて出来るのかい?」

トシ「相当面倒な手続きだし、上から睨まれるのは間違いないよ?」

審判「……」

トシ「それにアンタ、差別的扱いをしたって訴えられて、責任はとれるのかい?」

審判「……それは……その……」

トシ「ほら、古館さんの前口上も佳境だし、そろそろ行かないと間に合わない」

トシ「通してもらうからね?」

審判「……はい……」

審判(おっかぁ……やっぱり、村に帰って畑さ手伝うべよ……この仕事さ向いてねーべや……)

塞(何かホント申し訳なさ過ぎて胃袋やばい)

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 09:11:47.25 ID:5FZ+8P9I0

塞(さて、この試合……)

塞(他校にそれほどオカルト使いはいないし、ゆっくり休めそう)

塞(とりあえず、マジックアームが一応私から遠隔操作出来るみたいだけど……)

ウィーーーーーン

ピロリロピロリロピロリロ

トゥイントゥイントゥイン

ポテッ

塞(すごくクレーンゲーム気分……)

塞(こんなのよく制服の腕から生やせたなあ……)

塞(……)

塞(そんなことする暇があるなら道交法違反してでも胡桃迎えにいってほしかった……)

154 :次またさるったら仮眠とります。その時は適当に保守できたらよろしくおねがいします。 2013/11/11(月) 10:03:44.73 ID:5FZ+8P9I0

塞(とりあえず、ロンとかツモとか狙って上がれない以上、私に出来るのはベタオリのみ)

塞(とはいえこの位置だと河は見えないから、実質ノーヒントみたいなもんだけど)

塞(少しでも頑張らなくちゃ……)

審判「……」

審判(明らかに遠隔操作してる……)

審判(でも、声かけても凄い面倒になりそうだしなあ……)

審判(この場所にいる限り河はおろかモニターで相手の手配を見ることは出来ないし……)

審判「……」

審判(よし、見なかったことにしておこう)

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 10:06:47.10 ID:5FZ+8P9I0

塞「あー……乗り切った」

塞「色々しんどかったけど、塞ぎまくるよりは楽だったかな……」

塞「とりあえず、次は副将戦」

塞「……」

塞「無事試合に普通に出られるってことがこんなに幸せなことなんてね……」

塞「正直、もう負けてもいいかって何度か思っちゃってたけど……」

塞「ここまで、来ちゃったもんね」

塞「三者連続焼き鳥で大分差がついちゃったけど、何とか取り返してあげますか」

塞「豊音が到着した時に、逆転不可能です~じゃカッコつかないしね」

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 10:13:21.87 ID:5FZ+8P9I0

塞「……シロ……エイちゃん……胡桃……トヨネ……」

塞「皆と過ごした麻雀部の日々、ここで終わらせたくないから」

塞「私、頑張ってくるよ……」

胡桃(偽)「ブルスコファー……」

エイスリン(偽)「……」 ツモギリバスー

シロ(偽)「……」 ヴィイイイイイイイイイイイイ

塞「あんたらに言ったわけじゃないから!」

塞「……」

塞「そんでもって誰も来ないし!」

塞「いやいいけどね!」

塞「励ましに来た挙句薬局のカエルを大将に据えられるくらいならこの時間でトヨネ迎えに行ってもらった方がいいし!!」

塞「別に寂しくなんてないから!!」

胡桃(偽)「ボッチィ……コドクシィ……」

塞「やかましい」 ボコー

胡桃(偽)「モルスァ!!」

160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 10:17:31.46 ID:5FZ+8P9I0

塞「……」 スタスタ

審判「あの……」 オズオズ

塞「あ、ご苦労様です」 ペコリ

審判「あ、どうも」 ペコリ

審判「それで、いつもの監督さんは……」

塞「今はちょっと外しています」

塞「……私“一人”です」

審判「……!」

塞「ええ、そうです」

塞「宮守女子高校麻雀部副将・臼沢塞」

塞「正真正銘、人間の本人です」 ドン

審判「……!!」

161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 10:20:08.30 ID:5FZ+8P9I0

塞「この副将戦……思う存分やってやるわ」

塞「無機物のためなんかじゃない」

塞「無機物の黒子なんかじゃない」

塞「私が、私の意思で、私の大切な本物の仲間のために打てるんだ……」

塞「そのために、邪魔するモノがあるならば――――」

塞「全部、塞ぎ殺すッ」 ゴッ

163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 10:34:24.14 ID:5FZ+8P9I0

金剛「ハーッハッハー」

金剛「英国で産まれた帰国子女の金剛デース!」

金剛「このまま全国まで行かせてモラいマスから、ヨロシクオネガイシマース!」

塞(さて……結構絶望的な差ね……)

塞(しかもダンラス。楽な作業じゃないわ)

金剛「私の実力、見せてあげるネー」

塞(……確かこの娘、オカルトによる鉄壁の防御に依存してガンガン攻めてくる脳筋だっけ)

金剛「お? 張ってますネ?」

金剛「まあでも、トゥーンだから平気デーーース」

金剛「イージス相手に攻撃したければ、同じレベルの土俵に上がってきて下サーイ!!」

塞(……気に入らないなあ)

塞(オカルトに頼りっきりなのも、対雑魚専で自慢気なのも)

塞(……まあ、この人トップ目だし)

塞「こっちは点棒回収しなきゃやばいってのに、まだまだ攻めても大丈夫なんて慢心しているなら……」

塞「アンタから死ね」 塞ッ

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 10:38:08.51 ID:5FZ+8P9I0

塞「ふう……」

塞「大分取り返せたわね」

塞「維持になって全ツッパしてくれて助かったわ……」

塞「こちとら個人戦でも入賞狙ってんのよ、なめんなってーの!」

塞「それでも一番はやっぱり団体戦だもんね……」

塞「……皆の夢のためにも、頑張らなくちゃ……」

塞「……」

塞「しんど……」

塞「さすがに限界近いかなあこれ……」

塞「……」

塞「一人で皆の居場所守るのって、しんどいなー」

塞「はは、漫画のキャラとかってすごいや」

塞「……」

塞「あーくそ」

塞「……こんだけしんどくしてるんだから、白馬にでも乗って励ましにでもきなさいよね……」

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 10:47:47.63 ID:5FZ+8P9I0

シロ「白馬とか、会場に立ち入り禁止だと思うけど」

塞「 ( ゚ Д ゚ ) 」

シロ「……どーしたの?」

塞「シロ……?」

胡桃「私もいるよー」

胡桃「白馬に乗った王子様は来られなかったけど……」

胡桃「シロにのったお姫様なら来られたってところかな!」 フフン

シロ「おちびさま……」

胡桃「うわ! 思ってもそれ迷わず言う!?」

塞「ふたりとも……今、ついたの……?」

シロ「うん……」

胡桃「遅れてごめんね、ほんっとーに!」 ペッコー

167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 10:49:04.56 ID:5FZ+8P9I0

塞「……本物、だよね……」 ウル

シロ「そりゃ、ね……」

胡桃「むしろ偽物がいるなら見てみたいくらいだけど」

塞「いやそれはやめたほうがいいかな」

胡桃「?」

胡桃「っていうか、今、もしかして副将戦?」

シロ「失格じゃないんだ……よかった……」 ホッ

塞「……」

塞「うん」

塞「失格にならないよう頑張ったんだから」

塞「感謝してくれてもいいのよ?」 クス

169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 10:52:34.45 ID:5FZ+8P9I0

胡桃「でも随分苦しいみたいだねー……」

塞「そりゃあ、まあね」

シロ「……不在だったし、ツモ切り強制だったとかじゃない?」

胡桃「まあ、失格にならなかっただけよかったんじゃない」

塞(多分アンタら代役見たら卒倒するわよ、とは言わないでおこう……)

172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 11:04:21.75 ID:5FZ+8P9I0

胡桃「でもホントごめんね……事故で遅くなっちゃって……」

シロ「……私も、ケータイアラームが鳴らない不慮の事故で……」

胡桃「充電忘れただけでしょ!」

塞「まあ何にせよ、無事でよかったわ……」

胡桃「私達もダッシュで来たけど、塞の方がしんどそうだもんね」

シロ「だるい……走り疲れた……」

胡桃「ちなみにシロは私が引きずってきたから」

塞「引きずられなくても走りなさいよ……」

シロ「急いで家は出たから……」

胡桃「ケータイも置いたまま家を出たらしく、まだ復旧前なのに駅来て待ってたみたいでさー」

胡桃「まったく困っちゃうよね!」

シロ「ごめん……」

173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 11:10:42.25 ID:5FZ+8P9I0

塞「そういえば、トヨネとエイちゃんは?」

胡桃「二人とも熊倉先生が迎えに行ってるよ」

シロ「二人共、警察のお世話になってるみたい……」

塞「はあ!?」

胡桃「何か、トヨネは早めに家を出たんだけど、途中で有名雀士のはやりんを見かけたらしくて……」

塞「ああ……何かのドラマの撮影だっけ……?」

胡桃「サインを貰いたくてあとをつけてたらしいんだけど、はやりん忙しそうにしててなかなか声をかけられずにいたら……」

胡桃「身長180を超える前進黒尽くめの大男がいきなり走ってきて、はやりんのおもちを揉みしだいて逃げたんだって」

塞「あ、なんとなくもうオチがわかった」

シロ「トヨネは追いかけたらしいんだけど、男には追いつけなかったみたい」

胡桃「その結果、はやりんに痴漢した不届き者の逃げた方向に、前進黒尽くめの長身少女が誕生しましたとさ」

塞「うわぁ」

胡桃「事前にはやりんを物陰から追い回してるのを目撃されてたのもあって、犯人だって決めつけられてたみたいだよー」

胡桃「これを機に、ちょっとでもチャンスと思ったら躊躇0でバンバンサインを要求するようなアクティブさが得られるといいね」

塞「それはどうだろう」

176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 11:16:52.94 ID:5FZ+8P9I0

塞「それで、エイちゃんは?」

シロ「……私と待ち合わせしてたんだけど……」

胡桃「シロが来ない中待ちぼうけで、ちょっと日射病になりかけたみたい」

塞「しーろー……」

胡桃「それでも健気にシロに何かあったんじゃないかと思ったエイちゃんは……」

胡桃「健気にもシロの家を探して街を徘徊したんだって」

胡桃「片言の日本語で、『シロ、行こう! 時間なるよ』とうわ言のように呟きながら……」

塞「それで保護されたの?」

胡桃「うわ言が次第に呟きのようになっていって、上手く聞き取れないうえにちゃんと言えなくなっていて……」

シロ「呟きも『しろ、いこー……なるよー……』みたいになったんだって……」

胡桃「そして、虚ろな瞳で「白い粉、あるよー」と呟き徘徊する外国人として、無事に保護されましたとさ、と」

塞「ひどい話だ」

177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 11:22:12.63 ID:5FZ+8P9I0

古館『さあ、間もなく時刻は副将戦が再開しようかというところ』

古館『一人、また一人と夢への舞台の挑戦権を賭けた場へと舞い戻ってきます』

古館『宮守女子高校の臼澤選手の猛追により状況は非常に混迷』

古館『果たして並み居る強敵というそびえ立つ壁を乗り越えて』

古館『東京という新たなステージに挑めるのはどこなのか!』

胡桃「……そろそろ時間みたいだね」

塞「……ん」

塞「いってくるわ」

胡桃「ふぁいと!」

シロ「……とりあえず、楽しんできて」

胡桃「そんで出来れば巻き返してきて!」

シロ「……まあ、私達は立場が立場だからアレだけどね」

塞「……ん」

塞「任せておきなさい」 グッ

179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 11:26:11.34 ID:5FZ+8P9I0

塞「ふう……」

塞「かなり取り返したけど……」

塞「首位浮上、とまでは行かなかったか……」

エイスリン「サエ!」

エイスリン「オツカレサマ!」

塞「エイちゃん!」

塞「よかった、到着してたんだ!」

エイスリン「ハイ!」

エイスリン「遅れてゴメンナサイでした……」

塞「あー、いいって」

塞「事情はもう聞いてるし」

塞「半分以上はシロのせいだから」

エイスリン「ソレモソーダネ」

塞「半分はエイちゃんのせいだかね? そんな『あーよかった許された肩の荷降りた』みたいな顔は許されないからね?」

180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 11:29:41.95 ID:5FZ+8P9I0

塞「トヨネと先生は?」

エイスリン「……」

エイスリン「アッチ、イマス」

エイスリン「モウ、キマスヨ」

塞「そう、よかった」

塞「トヨネには頑張って逆転してもらわなきゃいけないからねえ」

塞「勝ってくれたら皆で何か奢らないとね」

エイスリン「……」

塞「……エイちゃん?」

エイスリン「サエ……」

エイスリン「サエモ、ガンバッタ」

エイスリン「ナニガアッタカ、ゼンブ、キイタ」

塞「エ?」

エイスリン「センセイガ、カエダマシタッテ」

エイスリン「サエガ、ナントカガンバッテ、バレナイヨウニシテクレタッテ」

183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 11:40:16.42 ID:5FZ+8P9I0

塞「はは……」

塞「まあ、エイちゃん達はエイちゃん達で苦労してたみたいだし」

塞「……結果的に全国出れたらチャラってことでいいわよ」 ニコ

エイスリン「ダメダヨ!」

エイスリン「サエ、ワタシタチヨリ、ズットズットクロウシタ!」

塞「そんなこと……」

エイスリン「ソンナコトアル!」

エイスリン「ワカルヨ! スゴクツラカッタデショ!?」

塞「はは、ほんとにそんなことないって、大袈裟だなあ」

エイスリン「オオゲサ、チガウ!」

塞「いやー、でも、そこまで言ってくれてありがとうね、エイちゃん」

エイスリン「ダッテ……ダッテワタシタチ、イマモノスゴクコマッテルモン!」

塞「はは、なんだそんなこt……」

塞「……」

塞「……は?」

184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 11:44:51.93 ID:5FZ+8P9I0

塞「待ってエイちゃん」

塞「今熊倉先生はトヨネと一緒にいるのよね!?」

塞「控室にいるのよね!?」

エイスリン「……マモナク、コノツウロニクルヨ」

塞「そのトヨネって私達の知るトヨネだよね!?」

塞「トヨネって名前で卓を囲む別の何かじゃないわよね!?」

エイスリン「……」

塞「何とか言ってよエイちゃん!!」

塞「目ぇそらさないで!!」

エイスリン「……ゴメン、サエ……」

塞「謝らないで! 泣かないで!」

塞「うわあああああああああああああ!!」

185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 11:47:28.25 ID:5FZ+8P9I0

トシ「どうしたんだい、そんなアスキーアートみたいな顔して」

塞「く、熊倉先生……!」

塞「だ、だって……」

塞「今までは後から捲ればいいって……」

塞「だから、ツモ切りマシーンでもいいから代役を立てたらいいって……」

トシ「……そうだね」

トシ「でも、大将戦だけは違う」

トシ「ここでは、捲らなくてはいけない」

塞「わかってるなら、どうして……」

塞「あ!」

塞「もしかして質の悪い冗談で、トヨネは間に合ったんですか!?」

シロ「……」 フルフル

胡桃「トヨネ……大将戦に間に合わないのを恐れて、熊倉先生と連絡が付く前に警察を振りきって逃走しちゃったって……」

トシ「そろそろつくかと思ったけど……この様子じゃどこかで再確保されたのかね……」

塞「そ、そんな……」

193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 12:08:55.08 ID:5FZ+8P9I0

トシ「……安心をし」

トシ「アンタばかりに苦労はかけないよ」

トシ「最悪の事態を想定し、ちゃんと助っ人を呼んでおいたんだ」

塞「……え?」

トシ「もう、アンタが苦労して後ろについてる必要はないんだよ」

トシ「安心して、観戦していていい」

トシ「豊音(偽)がキッチリ、優勝を決めてくれるから」

胡桃(それはそれで喜んでいいのかビミョーだけどね……)

塞「あ、あの……」

トシ「ん?」

塞「失礼ですけど、本当に信頼していい替え玉なんですか?」

塞「ここまで来た以上、私は皆と全国に行きたい……」

塞「私達全員の夏を、賭けるに値する替え玉をちゃんと用意してくださったんですか!?」

トシ「ああ、勿論さ……」

塞「両脇の胡桃とシロ全力で目をそらしてますけど!?」

194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 12:11:57.56 ID:5FZ+8P9I0

トシ「大丈夫」

トシ「今度の替え玉は、おそらく最強」

トシ「誰にも負けやしないよ」

塞「……ちゃんと自分で動いて自分で打てる意志ある生命体ですよね……?」

トシ「当たり前だろう」

トシ「何言ってんだいこの娘は」

トシ「防塞で他家同士潰し合わせればよかった先鋒戦ならモノでもよかったんだろうけど……」

トシ「大将戦に、無生物なんて出せるわけないじゃないか」

塞「……」

塞(何か釈然としない……)

塞「まあ、でも、そうなると、あとは替え玉がばれないようにするだけの話ですね」

トシ「それなら大丈夫だよ、色々とそっくりだし」

塞「はあ……」

塞「でも別人を替え玉にした場合、バレると出場停止処分で個人戦も危うくなりますよ?」

トシ「そこのところも問題ないよ」

196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 12:15:59.39 ID:5FZ+8P9I0

トシ「――今回も、慎重に、人以外からチョイスしてきたからね」

|! トヽヽ,\__ __,、
f ,i !- ‘:´  ̄ ̄ヽ. ヾト ィ’,ィ, ,.ィ__
__∠    ― 二 =、 ヾY,}:i:iK ‘`  `てイーzィ
`斗レ’   ¬ .<ヾト、 Y}:}:j厶- – 、      `t__
__ノ’ ,.  –、ヽ.\ヽ:Y!iv厂 –一- ``、      `^戈__,>`ヘ
__Z   , ィ’´fiミ__Yiいヽ!:リ√ィ彡r ‘´ ̄´¬丶ヽ、   X. i{     ’,
___)    ≦ ‘ラ_{(・)}j川 kソ个rイ〃 ‘// _ヽ ヽ.     ヘヾ       }
_,)’/,  z 彡rシ ソソ:`,ソ:’ メ⌒i. j ‐、ヾi i,.ィ_’ニ二ヽ,  ヽ    }:i    /   「ガァァァァァl!」
勹/〃,  -ー彳´ ;/¨:::`::く._    ヾ Yij{(・)>= ≧ヾ:ヽ:ヽ ヾ,  `ミゞ–:r’
之. イ/ / , ゙ ,’ {::f⌒}::,’:::::::::ヽ  ,丶 `iヾ三ぐ¬ミド} }ヽト :}    ゞミ(^
‘ライ〃i;’ ,’   ,’ :v’ヾ| ,ノ:::/⌒!:::/    ,.i トヽヽ丶`  ヾミ:ヾト、   ヾヽミi}
_,メィ/;:イ ’ /  ;i: i! ヽ.. ー’ ¬’Lイ ji ,i   ,i.l }: ヽ丶``   ヾ ヽ \:.ヽ:トゝ
__Z イィ /i ,〃 /!i iト .,___ ヾ´ ’’ ,八 ヽ }!   \ヽ`    \、ヾ :,ハ ヘ,
ブイ〃//i ,:/:, ハ1i: ,>’‐L/7’ァ-ァァ’个 、 ヽ ヾ     c ヾ` 、`: ミト、} ハ メゝ
厶’〃// ,’ ,.イ ,’ / ’i:iハ.y’ {_  ̄ ブZ j:j:ヽヽ__,ィこつ ヾヽ、   ヽ. \  ヾト、ヘN
,ノiii/〃/ ,’/ ,’ ,: ,’ i:{,ハ!  7ー’´/り } :ト、  ̄´  ヽ   \ヽ`: \ヽ`\ヘヘ!
,jハ/:〃/〃/〃,’ ,’ ,’iハ/`ト、/__,_,_仄! .Nト、\ ヾミJヽト、ヾ` ` ヾ``ヾ``ヾ``ヾし!
, イ:〃/〃/〃/〃;ハli `’く,_l,」jノ┘iト :i: j: ヾ`ヾ`ヾ`ヾ`ヾ`ヾ`ヾ`ヾ`ヾ`ヾミ三;く
,ノィ〃/〃/〃/〃〃,’:ヾ= ーz i 、トヾi: .:|:. ! i  i:.i:. i:.ヾ\ヾ\ヾ\ヾ\ヾ\ヾミ::(_

198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 12:18:39.45 ID:5FZ+8P9I0

.    /::::::::::::/::::!::::::::::::::::::::ヽ:::::ヽ:::ヽ
.     /::/::::::::::/:::::ハ:::::::::::ヽ:::::::ヽ:::::ヽ::::’,
i:::::::::::::::::i:::::::! ヽ:::::::::ヽ:::::::::ヽ::::’;:::::i    ヽ
ハ::::::::从ハ::::ハ ヽー―’ ー-‘‐┤:::!:::::’,    つ
l:::┬’ _ノ       \    }::::}::::::ハ   わ
j::::ハ彡 ⌒ヽ::::::::::: ‐‐-、 ̄ j::::j::::::::::}  あ
/:::j::::{ 、_(o) }::::::::::: _(o)_,  ;:::’:::::::::::j    あ
/ノ:/::人”_ノ      ,,,,,,, /:/::::::::::::j  あ
.   レ::/:::::::ハ”””   `       /:/:::::::::::::::!   あ
∨:::∧::::ゝ /( [三] )ヽ .ィ::イ::::::i::::::レ  あ
/i:::::{ ヽ::::::::> _   ´{ハ:ハレ´ ̄    あ
V:ゝ {      ハ    〉’ \_
{    ..イ ヽ  ィ  }}:.:.:.:.:.:7ヽ
ィ:.:.:.:.://∧_,へ\ } }:.:.:.:.:.:!
/ ハ:.:.:./ィヘヘ  } //ヽ,j:.:.:.:.:.{
/  i:.:ヽ:.´:.ヘ マ、  // /:.:.:.:.:.:.:.:.!
/ i  }:.:.:.:\:.ヘ マ、//,ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{
ノ   ヽ/:.:.:.:.:.:.:.:.:┼V7ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
塞「ヒグマだーーーーーーー!!」 ガビーーーーン

201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 12:21:18.66 ID:5FZ+8P9I0

トシ「逃げたらダメだよ」

トシ「ヒグマは背を向けて逃げる者をもしゃもしゃする癖があるからね」

塞「いやいやいやいやいやいや」

塞「そんな超弩級のやばいもん連れて来ないでくださいよ!」

トシ「……でも……」

トシ「こうでもしないと、もうウチの優勝は無いんだよ」

塞「これ投入しても無いですからね!?」

塞「むしろ殺傷事件に発展したら出場停止どころか消えない十字架永久に背負いますからね!?」

塞「しかもヘタしたら豊音の罪になりかねない流れだし」

胡桃(ごめん塞もっと言ってあげて来たばっかでノリがわからない)

シロ(がんばって塞……)

204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 12:29:06.58 ID:5FZ+8P9I0

トシ「どうすればいいか悩んだけど……答えは意外に身近にあったんだね……」

トシ「自分の名前にヒントが隠れてるなんて思わなかったよ」

塞「一生思わないままで何の問題もありませんでしたからね!」

塞「っていうか、ヒグマとか牌握れないでしょう!?」

トシ「問題ないよ」

トシ「ヒグマは伸びる速度の早い爪を有しているからねえ」

トシ「伸びきった爪を使えばしっかりつかめるはずさ」

トシ「多少の器用さが求められるけど……」

トシ「ヒグマはなかなかどうして器用な側面もある」

トシ「例えば襲った人間の衣服をきちんと剥いでから食べたり……」

塞「いりませんよそんな恐ろしい情報!!!」

トシ「大丈夫、この娘はまだ人間の味を知らないから」

塞「まだ、じゃなくてフォーエバー知らないままにしてください!!!」

206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 12:36:17.01 ID:5FZ+8P9I0

塞「だ、大体ヒグマに麻雀のルールなんて理解できるわけが……」

トシ「ヒグマは頭がいい動物だよ」

トシ「先回りや待ち伏せをする知恵や、記憶力など図抜けている」

トシ「道具こそ使わないから猿以下扱いされているものの、その知能指数は犬以上」

トシ「獲物への執着や恨みを忘れない点からも、麻雀への適正はバッチリ」

トシ「己の点棒への執着もあるし、きっと点棒を減らさないでくれるよ」

塞「普通の人なら怖くて点棒奪えませんからねそりゃ!」

塞「っていうか、これヒグマに勝った人が血を見るんじゃないですか!?」

トシ「そこは大丈夫」

トシ「腕っこきのハンターを呼んであるから、いざってときはこいつで眠らせて……」

トシ「あとは優勝の勢いではしゃぎ過ぎた、体格の与える恐怖感を考慮してなかったすまないって言っておけば大丈夫だよ」

塞「その『いざ』がきたら割りと洒落になりませんからね!?」

208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 12:41:47.47 ID:5FZ+8P9I0

塞「だ、大体、麻雀って発声しないと無効ですよ!?」

塞「喋れないとか論外ですからね!?」

トシ「そこは大丈夫だよ」

トシ「……ほら、上がってごらんなさい」

豊音(偽)「ヴォォォォォォォン!!!」

トシ「ほら、今、ちゃんとロンって」

塞「明らかにフルパワーの威嚇音声でしたよ!?」

210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 12:48:54.50 ID:OW25EAjTi

流石トシさん。ヒグマを完璧に支配してやがる

212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 12:51:04.16 ID:Xa+3nMSWP

たしかクマのボーガーとかデュエリストもいたしマージャンくらい余裕だろ

213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 12:52:55.51 ID:5FZ+8P9I0

塞「大体コレをトヨネって言いはるのには無理があるんじゃ……」

トシ「この娘はねえ、苦労して見つけた黒みの強いヒグマなんだよ」

塞「はあ……」

トシ「豊音のイメージカラーはなんだい?」

塞「……」

トシ「なんだい?」

塞「……純粋無垢な白い色とか……」

トシ「相手は内面をよく知らず、外見しか知らない審判と他校の生徒だよ」

塞「……」

トシ「……そう、黒色だよ」

胡桃(まだ答えてないのに……)

トシ「そして、あの大きな体もまた、豊音の印象の大半を占める」

塞「まさか……」

トシ「つまり、大きくて黒いこの娘は、限りなく豊音なのよ」

塞「さすがのあの娘もそれ聞いたら殴るか泣いて村に帰るかしちゃいますよ!?」

214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 12:57:07.02 ID:5FZ+8P9I0

トシ「大丈夫、それに意外とヒグマってのは臆病だからね」

トシ「今もほら、結構縮こまって逃げたがってる」

塞「森に帰してあげましょうよ!」

トシ「意外と臆病なところもある、豊音にそっくりじゃないか……」

塞「慈しむように毛並み撫でても騙されませんよそんな所に毛ぇ生えてませんからね本物は」

トシ「まあ、見ていなさいって」 スタスタ

塞「あ、ちょっ……」

トシ「もう時間がないし、他の替え玉を探す時間なんてないからね」

審判「……」 アゼーン

トシ「どうも」

審判「………………ど、どうも」 メヲソラシー

トシ「ほら、今までの娘達と違って、あっさりと通ったろ?」

塞「あ、明らかに暴力がちらついてましたよ!?」

塞「びっくりするほど力押し……」

塞「っていうか、やっぱり前三人に無理があったとは思ってたんですね!?」

216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 13:00:00.54 ID:5FZ+8P9I0

トシ「まあまあ」

トシ「今度の娘は無理がないし、いいじゃないか」

塞「いや相対的に見ても大差ないですから」

胡桃「前のって……」

トシ「この娘たちだよ」

シロ(偽)「……」 ヴィイイイイイイイイイイイイ

エイスリン(偽)「……」 ツモギリバスー

胡桃「ファービーファービー、オコヅカイ、ホシイノネン。オコヅカイ、600マンエン、イタダクノネン」

シロ「……まあ、確かに」

エイスリン「コレヨリハ、マシカモ」

塞「ええ!?」

塞「騙されてるから!! 落ち着いて!! ね!?」

219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 13:06:08.08 ID:5FZ+8P9I0

古館『さあ始まりました運命の大将戦ッ』

古館『東京への、全国への』

古館『否!』

古館『共に夢追い支え合ってきた友と目指した頂点への挑戦権を賭けた戦い』

古館『その最終局面が近付いております』

塞(私以外ぽっと出の無機物だらけだったけどね……)

古館『注目は、圧倒的点差から優勝射程圏内に迫った宮守女子高校でしょうか』

古館『その恰幅のいい体格から、繊細な手つきで牌が取られます』

古館『ダイナミックな動作からは、野生味あふれる力強さを感じますッ』

塞(野生そのものだしね……)

221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 13:13:29.54 ID:5FZ+8P9I0

古館『おおっと! ここでローリングフラワー女学園菊池選手先制リーチだ!』

古館『最強モンスターの称号に相応しい速度と打点であります』

古館『今のこの卓にいる全ての者が魔に魅入られたモンスター』

古館『その中でも最強は自分だ――まるでそう言わんばかりです!』

豊音(偽)「……ヴゥゥゥゥィィィィィ……」

古館『おおっと? 姉帯選手呻いております』

古館『いや……』

古館『これは! リーチ! リーチです!』

古館『風邪気味なのか声がこもっておりましたが、これは紛れも無く先制のリーチです!』

古館『この先制の奪い合いを制するのは――――』

古館『なんとォォォォォォ!』

古館『一発ッ!』

古館『菊池選手、痛恨の一発振り込みですッ!』

トシ「……ふっ」 ニヤリ

223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 13:19:43.57 ID:5FZ+8P9I0

胡桃「こ、これって……」

エイスリン「アレハ……トヨネ!?」

シロ「でも、追っかけは地区大会では封印する手はずじゃ……」

塞「待って。落ち着いて。確かにインパクトは強かったけど三人共冷静になって」

トシ「ふふ……さっきも言ったろう?」

トシ「ヒグマには、逃げるものを追う習性がある」

トシ「逃げ切ろうとするものを驚異的な速さで追いかけ後ろから縊く――」

トシ「それが、背向のヒグマという生き物だよ」 ドン

胡桃「すごい……」

エイスリン「マルデ、トヨネガイルミタイ……」

シロ「これなら……勝てるかもしれない……」

塞(早く来てこの空気ぶっ壊して本物のトヨネッ!!!!)

224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 13:23:15.59 ID:5FZ+8P9I0

古館『前半戦、終了ーーーーー!!』

古館『強い、強すぎるぞ姉帯豊音ーーーーーッ!』

古館『最強モンスターすら屠るその姿、まさに地上最強の生物ッ!』

古館『さながらグリズリーのようです!』

塞(ヒグマ……)

胡桃(ヒグマだけどね……)

エイスリン「オンナノコニタイシテ、ヒドイアダナ……」

塞「うんそうだね、でも今一番トヨネに酷いこと言ったのエイちゃんだからねアレはトヨネじゃないからね」

エイスリン「OH、ウッカリ……」

塞「いやほんと皆落ち着こう冷静になろうおかしいから絶対におかしいからこれ」

227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 13:34:40.69 ID:5FZ+8P9I0

トシ「ある時、私の友人がこう言った……」

トシ「人間では、羆には勝てないと――」

胡桃(そりゃそーだ)

シロ(勝てたら引く……)

トシ「そしてその人はこうも言ったわ」

トシ「ならば、どーする――――なっちまえばいいんだよ、羆に」

塞「ファ!?」

トシ「その言葉が、頭のどこかに残っていたからこそ、この替え玉作戦ができたんでしょうね」

トシ「人間が決して羆に勝てないなら……」

塞「肉弾戦の話だと思いますよソレ!?」

トシ「出してしまえばいいのよ、羆を」

塞「ダメですからね、ホントは!?」

229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 13:41:36.85 ID:5FZ+8P9I0

トシ「さて……このままヒグマを出し続ければ間違いなく勝てるわ」

トシ「でも……ヒグマは手加減というものを知らない」

トシ「追っかけリーチだけでなく、他にも色々見せちゃうかもね」

トシ「まだ射程に捉えられてはいるけど……」

豊音「お、おおお遅くなってごめんだよー!!」

トシ「さっき迎えを寄越しておいた本物と、勝利を約束されたあっちの娘、どちらを後半向かわせる?」

塞「……」

豊音「え? え?」

豊音「あの……何の話……?」

232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 13:47:54.46 ID:5FZ+8P9I0

塞「そんなの、決まってるじゃないですか」

塞「私は、あの馬鹿みたいな前半戦を、自分が全国に行きたいだけでやったわけじゃないんですよ」

塞「私は……宮守女子の仲間5人全員で全国の地に行きたいから、血反吐を吐いて一人で点棒を守ったんです」

シロ「塞……」

胡桃「塞……!」

エイスリン「サエ……!」

豊音「……?」 オロオロ

豊音「さ、さえ……!」 トリアエズー

塞「ノリわからないなら無理しなくていいからね」

胡桃(偽)「サエー……ナデナデシテー……」

シロ(偽)「……」 ヴィイイイイイイイイイイイイ

エイスリン(偽)「……」 クソボケガコンナハイイラネーンダヨブッコロスゾー

胡桃(偽)「マージャンノハッテンニ、ギセイハツキモルスァ!!!」

塞「アンタらについては言及してないから」

塞「っていうかこれちょっと目障りなんでどっかやってもらっていいですかね」

235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 13:54:32.47 ID:5FZ+8P9I0

塞「ま、元からウチラの大将なんて一人しかいないんだからね」

シロ「……ほら、行ってくる」

胡桃「頑張ってー!」

エイスリン「イッショニ、ゼンコク!」

豊音「う、うん!!」

塞「頼むわよ、豊音!」

トシ「そう……それが貴女達の出した結論なのね……」

塞「ええ」

塞「今日一日で、思ったんです」

塞「やっぱり私達は、五人揃って宮守女子麻雀部なんだよなぁって」

塞「……皆の陰がちらついてくれなきゃ、私だってとっくに折れてましたからね」

トシ「ふふ……」

トシ「仲間を思うその気持ち、忘れるんじゃないよ」

塞「……はい!」

237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 13:56:21.44 ID:5FZ+8P9I0

塞「う……うわあああああああああああああ!!」

胡桃「やった……!」

シロ「ん……」

エイスリン「!!」 ピョンピョン

塞「やった! 優勝! 優勝よ!」

トシ「ふふ……」

トシ「いつもは大人ぶってるのに、今日だけは誰よりはしゃいじゃって」

塞「まあいいじゃないですか!」

塞「ほら、皆! 豊音を迎えにいこっ!」

240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 13:59:44.83 ID:5FZ+8P9I0

塞「トヨネーーーーーー!!」 ダダダダダ
,,…–――–…,,,   __
,.r”’::::::::::::::::::::::::::::::;;:`”´__;;;;::::`ヽ       ,…-、
,.r”::::::::::::::::::::::::::::::::;;:”::::::ヾ:;;;;;;`ヽ.-+―-…、/;;;;;;;;i
,r”::::::::::::::::::::::::::::::::::;;:”:::::::::::::::!;;;;;;;;;;;;;;):::::::::::::::ヽ:;;;;;;/
,i::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;”::::::::::::::::::::〉;;;;;;/::::::::::::::::::::::::ヾ:!
,i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::!:/:::::::::::rーi:::::::仁!:::::i
l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::”7::::;;;;;:ヾ:::::l
l::::::;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::;;::::::::::::::::::::::l:::::::;;;;;:::::::::::l::::illlllllli::l::/  「ヴォオオオオオ!!」
l::::;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::;;::::::::::::::;;;;;;;;;l:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ:llllllll!ノ”
l:::;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::;;:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::l
l:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::;;:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
l;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r” l;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;i
.l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ヽ:;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i”   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!   ヽ;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l    l;;;;;;;;;;;;;;;;;/
l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l    l;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l    l;;;;;;;;;;;;;;;/
.!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|.    l;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;|    l;;;;;;;;;;;;;/
ヽ:;;;;;;;;;;;;;;;;l      ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;|    l;;;;;;;;;;/
ヽ:;;;;;;;;;;;ヽ.      ヽ;;;;;;;;;;;;;)   !;;;;;ノ
ヽ:;;;;;;;;;;;;)
241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 14:01:06.23 ID:5FZ+8P9I0

.    /::::::::::::/::::!::::::::::::::::::::ヽ:::::ヽ:::ヽ
.     /::/::::::::::/:::::ハ:::::::::::ヽ:::::::ヽ:::::ヽ::::’,
i:::::::::::::::::i:::::::! ヽ:::::::::ヽ:::::::::ヽ::::’;:::::i
ハ::::::::从ハ::::ハ ヽー―’ ー-‘‐┤:::!:::::’,
l:::┬’ _ノ       \    }::::}::::::ハ
j::::ハ彡 ⌒ヽ::::::::::: ‐‐-、 ̄ j::::j::::::::::}
/:::j::::{ 、_(o) }::::::::::: _(o)_,  ;:::’:::::::::::j    「お前じゃねえ座ってろ」
/ノ:/::人”_ノ      ,,,,,,, /:/::::::::::::j
.   レ::/:::::::ハ”””   `       /:/:::::::::::::::!
∨:::∧::::ゝ /( [三] )ヽ .ィ::イ::::::i::::::レ
/i:::::{ ヽ::::::::> _   ´{ハ:ハレ´ ̄
V:ゝ {      ハ    〉’ \_
{    ..イ ヽ  ィ  }}:.:.:.:.:.:7ヽ
ィ:.:.:.:.://∧_,へ\ } }:.:.:.:.:.:!
/ ハ:.:.:./ィヘヘ  } //ヽ,j:.:.:.:.:.{
/  i:.:ヽ:.´:.ヘ マ、  // /:.:.:.:.:.:.:.:.!
/ i  }:.:.:.:\:.ヘ マ、//,ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{
ノ   ヽ/:.:.:.:.:.:.:.:.:┼V7ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!

242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 14:02:18.08 ID:5FZ+8P9I0

/\___
ヽ/ ̄ ̄ ̄\ノヽヘ
/:::△ u ?   \:::::∫
/:::::::/エヽ: : ::: : ミ/
ミ:::::/WWVヽ:: : :/ミ
ミ:::::::\MMノ : ::/ ミミ
ミ::::::::::::::::::::::::::/ミミミミ
ミ::::::::::::::::ミミミミミミミミミ
ミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ     あ?
ミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ
ミ::::::::::::::::::::::::::::::::::: :: ::::ミ
ミミ:::::: : : : : : : : : : : : : : : : : ::ミ
ミ:::::::: : : : : :::::::::: :: :: : : : : : : :ミ
ミ:::::: : : : ::::::: : : :: :: : :: : : : : : : :ミ
ミ:::::::\::: : : : : ::::::::::::::: : : : ::::::::::ミミ
ミ:::: : : :::\: : :: : :: :: : : : : : :: : : :::::::ミ
彡:: : : ヽ: : : :::::::::::::::::: : :: :: :: : ::ミ
彡WW V|:::::::::::::: ::: ::: :: :: :/::::::: ::ミ
彡彡丿::::::::: :: : ::::::::::::: :丿:::::::::::ミ
彡ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\VWWミ
ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミミミミ
ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :: :: :ミミ
ミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :: :: :: ミ

244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 14:06:59.45 ID:5FZ+8P9I0

.      /:::/:::/::::::::::::/:::::::::::::::ヽ:::ヽ:::ヽ:::::::ヘ
/:::/:::/:://:::::/!::::i::::::::i::::ヽ::::ヽ:::ヽ::::::ハ
/:::/:::/:://::::::ハ::::!::::::::}:::::} !:::ハ:ヘ:ヘ::::::ヘ   「あ、いやすみません調子こいてましたごめんなさい
l::::::::::j:::i::L::L:! ゝゝ―’―’ _  Vヘ:::::::ヽ    貴方様ではないですのでどうか森にお帰りあそば――
.    j:::::::::/::i ―-、_ u     /     V:ヘ::::::::ハ  やばいやばい物理に防塞って多分効かな――――――――――
.   ノ:::::::/::V , ―‐ミ     _,z云≦ ∧:::ヽ::::::ハ
/:::::::/::::ハ//ん≧ヽ    ‘弋 r )〃 ii::::::ヽ:::::::ヽ
/:/:::/:::::::p{ ヽ弋__ソ ノ     ´ ̄   /ノ:::::::::Vハ::ヽ.
/:/!::/:::i::::ノハ _ ./  ,       /:::::::i、:::::}::} ヽ:)
.〈:〈 i:!::!::ハ::〃::ヘ             U イ::::::::ハ:::ノノ  ´
\:ハ::!:ハ:〃::::::>     ー  ´  イ::レ‐ァノ-ァ’′
ヽ:ゝ〃\::ゝ:ゝ::>r┐  < // ´/
〃    ̄ ノ ‘ヘ ヽ   / / /´ノ
((      イ   }  ー’     ´/ァ: :―:―へ
} ー{{‐イ: ̄: : //  //        ´ /: : : : : : : :} ヽ

246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 14:08:58.59 ID:5FZ+8P9I0

__      ,,
/:::::/`    //
/:::::/      /:::/
/:::::/    __,/:::/_
, -┤゙゙゙゙゙ヾ、_/´//゙゙゙゙゙///`ヽ、          ,.-.,
//////,-..//∧///// ̄`ヽ//}         /:::/
//////,’::::::`ヽ/}///,’:::::::::::::::::}//j , -―- 、 _/:::/
,’//////{::::::::::::::}///i{:::::::o:::::::::}//////////`ヽ;/
∧/////il{::::::::::o:j////ヽ;:::::::::::://〃// ̄`ヽ///ハ
,’///////∧:::::::::シ//////`ー一’/////:::::::o::::::::}i///ガ        強、速、避……無理!
.{/////////`ー'”////////`ヽ、///{:::::::::::::::::ノ////j    ,_     防塞……効果なし!!!!
|//////////////__/:::::::::::::::\/,\:::..//////   ,/::ヽ     受け止める――無事で?
|///////////i/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::}/// ̄//_/_  _/:::::/       出来る!?
}///////////:::::::::o::::::::::::::::r::::::::::://////////三//`ヾ::::::/
///////////{::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::{////// ̄:::::::`ヽ//`Y′
.////////////i\:::::::::::::::::ノ、::::::::::::::V////::::::::::::o::::::::::}///}    否――――――――――死!!
///////////////i`ヽ、_:::::::::::::::::::::::ハ///ヽ;:::::::::::::::::/i//ヌ
//////////////////////ヽ;::::::::::::::::::ノ/////`ー一”///iマ
//////////////////////////\::::::://////////////,r ”′
//////////////////////////////`¨´///////////i/´
_////////////////////////////////////////////´
///////////////////////////////////////////´
////////////////////////////////////////´
/////////////////////////////////////゙
////////////////////////////////////
//////////////////////////////////
/////////////////////////////////

248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 14:16:09.58 ID:5FZ+8P9I0
・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

・  ・  ・  ・  ・  ・

・  ・  ・

シロ「おつかれ」

胡桃「そんなに黄昏れて、ダイジョーブ?」

塞「え、あ、うん……」

塞「何か走馬灯みたいな感じで、県大会決勝のこと思い出しちゃってた」

胡桃「え、それ本当に大丈夫?」

塞「まあ、相手が強いからしんどいのはしゃーないわ」

塞「……県大会決勝の時の意味の分からない理不尽さによる疲労感に比べたら……」

胡桃「あ、うん、なんていうか……ごめん」

249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 14:19:19.95 ID:5FZ+8P9I0

塞「あんときは死ぬかと思ったしね……」

胡桃「ヒグマの胴上げ、洒落にならない粗さだったよね……」

塞「来るのがわかってもガードとかマジで無理だからね」

シロ「あれ、塞いでなければ鋭利な爪で顔の皮がずるーっと……」

塞「いーわーなーいーでえええええええ!!」

塞「防塞に物理防御効果も多少あったからよかったけど、危うく死ぬとこだったんだからね!」

塞「記念撮影一応したけど、さすがにもうヒグマ映ってる写真は見返したくもないから!」

胡桃「まあ、あの決勝戦は思い入れようないしねー私らも」

シロ「うん……」

塞「まあ、二人共クマの無双とトヨネの試合見ただけだしね……」

胡桃「面目ない……」

250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 14:24:46.42 ID:5FZ+8P9I0

塞「とりあえず、あの時のお詫びとして、これで豊音が無事逃げ切ったら打ち上げ皆のおごりね」

胡桃「わかってまーす」

胡桃「前は戦った気がしないわ塞がヒグマの荒々しい胴上げで入院する輪で打ち上げどころじゃなかったもんねえ」

塞「ほんとそれ」

塞「……まあ、だから、感覚的にはここで勝って、ようやく皆で全国区っていう感じ?」

胡桃「だねえ」

胡桃「これで、ようやく、皆で全国!って胸張って言えるんだね」

シロ「……じゃ、戻ろっか」

胡桃「あ、うん、そうだね」

胡桃「倒れてないか見に来ただけだし、エイちゃん待ってるもんね」

胡桃「全国大会初戦突破の、そして宮守女子が全国レベルと正式に証明される瞬間を、モニタ越しでもちゃんと一緒に迎えなきゃね!」

251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 14:28:41.43 ID:5FZ+8P9I0

ワアアアアアアアア

トシ「おや、今回は先陣切って駆けてかないのかい?」

塞「トラウマがありますから」

トシ「嫌味だねえ」

塞「冗談ですよ」

塞「……シロはエイちゃんが引っ張ってくんでしょうし」

塞「胡桃は小さて歩幅がアレですから」

塞「私が勢いに任せて突っ走っちゃうと、皆よりフライングしちゃいますし」

トシ「また一段と周りが見えるようになって」

塞「……ま、好きこそものの上手なれ、ですよ」

塞「やっぱり私は、このチームが好きですから」

塞「改めてこのチームが全国レベルと証明できましたし、このまま頂点、目指しますよ」

トシ「ふふ、そうかい」 クス

塞「次が永水だろーと姫松だろーと、私はばっちり塞いで仲間達に託しますから!」 フフン

252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 14:32:12.44 ID:5FZ+8P9I0

トシ「じゃあ、二回戦を突破するって前提で、今から三回戦向けで特訓メニューを組もうかねえ」

塞「三回戦っていうと、おそらく臨海ですよね」

トシ「ああ」

トシ「それと、私は有珠山高校が来ると予想しているよ」

塞「……熊倉先生の予想、外れませんしね」

塞「私もソレを盲信しますよ」

トシ「じゃあ、有珠山対策用意しておこうかね」

塞「どんなのか、もう聞いてもいいですか?」

トシ「ああ」

トシ「有珠山は、北海道の頂点に立っている雀士達だからね」

トシ「そして北海道を代表する強者といえばヒグm」

塞「わあああああああ胴上げ行ってきまーーーーーーーーす!」 キキタクネーーー

254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 14:34:44.38 ID:5FZ+8P9I0

トシ「冗談だよ、そんな話を途中で切り上げなくても」

塞「あ、あはは……ですよね」

塞(本気でもおかしくなかったからなあ……)

塞(県大会決勝が何よりの前科だし)

トシ「北海道のアイヌはヒグマを上回っているわけだからね」

トシ「そんな有珠山を倒すのなら、ヒグマより強いグリズリーを取り寄せないとね」

塞(明日までにその意味不明なクマとのパイプを何が何でも塞がなくちゃ……)

カン!

257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 14:59:04.44 ID:3nfPm/oD0

おつおつ
クマさえいれば清澄にも勝てるな(錯乱)

260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 15:06:16.00 ID:5FZ+8P9I0

【おまけ  その頃の姫松高校】

恭子「これが最後の一校、宮守女子の牌譜と映像か……」

恭子「……この先鋒、決勝では迷う間もなく負け……」

恭子「……いや、これアレやん。完全にアレやん」

恭子「え、ちょっと待って」

恭子「次鋒、これ、珍しくノーホーラやと思ったら、オモチャやん」

恭子「え?」

恭子「何、岩手って人口不足で補欠代わりにこんなん使えるん?」

恭子「……ほ、他の選手は……」

恭子「ひ、ヒグマやーーーー!!」

恭子「ヒグマやこれ!!」

郁乃「どうしたん末原ちゃん、めっちゃ騒いで」

恭子「あ、いや、その……何でもないです……」

恭子(さ、さすがに代行の悪ふざけとはちゃうよな……?)

261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 15:10:05.81 ID:5FZ+8P9I0

洋榎「おう、恭子」

洋榎「どーしたん、ミーティング前に相談ごととは珍しいやん」

恭子「いや、その……」

恭子「例えばなんですけど、人間・姉帯豊音の闘牌データの参考に、羆・姉帯豊音の闘牌データを使っていいものか……」

洋榎「wwwwwwwwっw!?wwwwwwwwなんて?wwwwwwwwwwwww」

洋榎「え?wwwwwwwひぐwwwwwwwwwwっw!?wwwwwwwwwwwwwwwwっw」

恭子「……何でもないです」

恭子(そらそうなるか……)

恭子(やめやめ、考えるのやめや)

恭子(姉帯は追っかけリーチ率0とかって判断でええやろ)

恭子(こんなモロ別人のデータはポイーで)

なお、

カン!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする