【咲のどSS】咲「和ちゃん、ちょっといいかな」和「はい?」

鬼滅の刃20巻を無料で読む方法!

転載元 : http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1395763384/l50

1: 名無しさん 2014/03/26(水)01:03:04 ID:bQTNPoDv7

ばたんと閉められたドアに、がちゃりと鍵がかかった。

その音に和がびくりと身を震わせると、咲がゆっくりと近付いて来る。
「あ…」

ぴりぴりと与えられる重圧に、和の身体がガタガタと震え出す。

そんな和を見つめる咲がにぃ、と笑みを浮かべた。

「どうしたの?そんな顔して」

表情とは裏腹な冷たい声。

ひたり、ひたりと近付く足音が、怖い。

「違う!違うの!」

ぶんぶんと首を振って、ひたすら謝罪を繰り返す和の肩に咲の手が置かれた。

「わかってるよ、和ちゃんが一番好きなのは」

そこまでで、景色が一転する。

気付けば天井が見えて、ベッドの上に押し倒されていた。
「あたしだもんね」

2: 名無しさん 2014/03/26(水)01:05:50 ID:bQTNPoDv7

にっこりと笑う表情は影がかかっていて、表情を読み取れない。

がっ、と肩が押さえ付けられて、スカーフが抜き取られる。

ベッドの下へ投げ捨てると、両手で制服を開いた。
「やだっ…!やめ…!」
「大人しくしてないと、後で酷いよ」
低く、冷たい言葉に、和は抵抗を止める。

「初めからそうすればいいんだよ」

機嫌を直した咲がほんの少し口端を上げた。

しかしすぐに笑みは消える。

「で、何やってたの?」

咲の質問に和が再び首を振る。

「違う!あれは勘違いなんです!」

必死に叫んでみるも咲に睨み付けられると、和は黙らざるを得ない。

「言い訳は和ちゃんらしくないなぁ」

言い訳なんてレベルでもない。

ただ真実を伝えようとしているだけなのに。

咲が怒っている原因は、放課後の教室での出来事だった。

同じクラスの生徒と談笑している所を見られた。

ただ、それだけなのだ。

しかし咲にとってはそれだけなんて言葉では済まない。

咲は和に異常なほど執着していた。

今回みたいに、ただ他の人と話しているだけでも半端ではない苛立ちを露にする。

3: 名無しさん 2014/03/26(水)01:07:51 ID:bQTNPoDv7
咲との関係がいつからこんな関係に変化したかは覚えていない。
一番最初は恋人同士だった。

普通に一緒に帰ったり、手を繋いだり、甘酸っぱい時を共有していた。

しばらく経つと、咲の心に変化が表れ始める。

事ある毎に「淋しい」「嫌だ」と泣きじゃくる咲を慰める為に、身体を重ねることを繰り返した。

何かあれば咲がすぐに和を求める。和がそれに応える、そんな繰り返しだった。

それが少しずつ、少しずつエスカレートしていって、今では「淋しい」や「嫌だ」の代わりが 、「支配することで手に入る何か」を求める事へ変化していったのだ。

初めのうちは嫌だと精一杯抵抗していたが、繰り返し与えられる、どこか歪んだ愛に抵抗する力を奪われた。

今は成すがままの、まるで遊び道具の人形だ。

5: 名無しさん 2014/03/26(水)01:12:12 ID:bQTNPoDv7

「のどか」

先程とは変わって、泣き出そうな咲の表情が見えた。

「あたしは和ちゃんが好きだよ?」

覆い被さって、抱きしめてくる腕にはまだ温かみが残っているのだ。

だから、つい、許してしまう。
「咲さん…」

でもこのままじゃ、駄目だという事もわかっていた。
「ねぇ、もう止めましょう」
このままじゃ、お互いの為にならないの。

あなただってわかってるでしょう?

和の言葉に、咲はぴたりと動きを止めた。

そして額に手を当てて、ふと目を細める

「ほんっと」

その言葉と共に乱暴に下着を剥ぎ取られた。

7: 名無しさん 2014/03/26(水)01:20:29 ID:bQTNPoDv7
声にならない声を上げて、和が身体を丸めようとしたが 、咲の腕に遮られて、それも叶わない。

「まだ、あたしの気持ちわかってくれないんだね」

くつくつという笑い声が和の耳をぞわぞわとなぞった。

ぞくり、と身体が震え、危険を知らせる。

だが、知らされたところでどうにもならないのだ。

「や、だ…!」

ぐっと握り締められた手首を振り払おうとするが 、がっちりと掴まれた腕は解く事が出来ない。

「もっとわかってもらう必要があるね」

そう言って咲が和をうつ伏せにして押さえ込んだ。

うつ伏せられたその状態のままぐっと頭を押さえられて、顔がシーツに擦り付けられる。

顔を上げようとしても押さえ付けられる強さが大きく、醜くもがく事しか出来ない。

「あぁ…あっ…!」

この体勢になると、何をされるのかはもうわかっている。

身体を低く保った咲が和の背中に口付けた。
次の瞬間―……

8: 名無しさん 2014/03/26(水)01:21:36 ID:bQTNPoDv7

「いっ…!」

肩甲骨辺りに鈍い痛みを感じる。

咲がそこへ噛付いたのだ。

手加減無しの噛み付きに白い肌が傷付き、血が零れた。

しかし和は声を押し殺してそれに耐えようとする。

9: 名無しさん 2014/03/26(水)01:38:34 ID:bQTNPoDv7

「…んっ…っ…!」

更に傷口を舌で突かれるように舐められる。

ぎゅっとシーツを握り締めて和がひたすらその痛みに耐える。

目からは涙が零れ、シーツを色濃く染めていく。

和の白くて狭い背中には 、たった今新しく付けられた傷以外にも治り掛けの傷や、ここ2、3日で付いたと思われる傷が背中のあちらこちらに見えた。

傷口を貪っていた咲が、ふいと顔を上げる。

背中に付いた傷をじい、と見つめて、にやりと笑った。

「こんなに傷だらけになっちゃ、お嫁に行けないよ」

くつくつと笑いながら、和の身体を仰向けにさせる。

涙でぼろぼろになった顔が、咲の視界に飛び込んでくる。

10: 名無しさん 2014/03/26(水)01:48:08 ID:bQTNPoDv7

「そんなに泣くほどあたしが好きなんだね」

嬉しそうに歪められた表情に、和の背筋が凍る。

ゆっくりと顔を近付けた咲が、頬を伝った和の涙を舌で拭った。

んん、と声が漏れる。

快楽とは違う、苦痛と言うにもまた違う。

微弱な毒のように少しずつ、でも確かに身体が侵食されていく感覚。

抵抗する力はすっかりと姿を消した。

いや、もう初めから諦めているのだ。
「あ、和ちゃんはあたしのお嫁さんになるから、いっぱい傷だらけになってもいいか」

あたしはそんな和ちゃんでも大好きだから。

そんな和ちゃんでも愛してあげれるよ。

そう言って咲が和の唇を乱暴に奪った。

息も出来ないほどの深く、何もかもを奪いつくす口付けに頭がくらくらとする。
―その口付けは、微かに自分の血の味が、した。
―END―

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする