【晩成高校SS】やえ「ちょ、ちょっと聞いてほしいんだけど……」良子「またか」

鬼滅の刃20巻を無料で読む方法!

転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1403523957/l50

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 20:45:57.33 ID:iUn682y3O

やえ「じ、実は……」モジモジ
良子(また恥ずかしがってるのか)
良子(この様子だと、今回も長くなりそうだな……)
良子「いいぜ、ゆっくりで。言えるまで待ってるから」
やえ「……」
やえ「いや、やっぱりいい」プイッ
良子(?)
良子「お、おい。いいのか。何か相談事なんだろう」
やえ「まあそうなんだけど」
やえ「そうだった、と言ったほうがいいわね。今回は実行しないことにしたから」
良子「そうなのか。いったい何をしようとしてたんだ」
やえ「もうしないことだから、気にしないで」スタスタ
良子「あ、ああ……」
良子(……)
良子(珍しいな……これはなかなかに機嫌が悪そうだ)
良子(しかしいきなりどうしたっていうんだ。やえにしてはあまりに理不尽だな……)
良子(……俺のせいじゃないよな)ドキドキ

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 20:48:28.91 ID:INiUgVG3O

日菜「……」スタスタ
良子「日菜」
日菜「りょうちゃん。おつかれさまー」
日菜「……どうしたの?顔色悪いわよー」
良子「それがな……」
…………

……

日菜「ふーん、それでりょうちゃんは自分が何か気にさわることを言ったんじゃないかと心配してるのねー」
良子「そうなんだ」
日菜「でも、聞いた感じだと、りょうちゃんが何か悪いこと言ったようには思えないのよねー……」ウーン
良子「俺もそう思いたいんだが、あいつが突然機嫌を悪くするなんてこと無かったからな……」
良子「会話のなかにどこかポイントがあったとしか考えられん」
日菜「うーん……」
日菜「そうだとしても、少し情報が足りないわねー」
日菜「……」
日菜「うん。本人に直接聞いてしまいましょうー」
良子「やえに?大丈夫かな……」
日菜「大丈夫だよー。やえちゃんのことだもん、きっとちゃんとした理由があるはずよー」
良子「確かにそうだが、その理由が結局俺にあったりしたら嫌だな……」
良子「……まあ、聞いてみないと分からない、か」
日菜「そういうこと。いきましょうー」
スタスタ

4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 20:52:42.04 ID:96dbmm9aO

やえ「……」
やえ(うーん……)
やえ(……)
やえ(やはりどうにかすべきか……だけど……)
やえ(……)モヤモヤ
やえ(ああもう、どうしたらいいんだ……)ワシャワシャ
良子「……」ジーッ
日菜「……」ジーッ
日菜「確かに、けっこうきてるわねー」
良子「だろう?やっぱり引き上げた方がいいんじゃないか……」
日菜「だいじょうぶよきっとー」
日菜「では、とつげきー♪」スタスタ
良子「うーん……まあ、仕方ないか……」スタスタ

やえ「……」
日菜「やえちゃーん」ヒョイッ
やえ「ひ、日菜!?」ビクッ
やえ「お疲れ様……」
日菜「おつかれさまー♪」
日菜「ねえやえちゃん」
やえ「な、何……?」
日菜「もし何か悩みがあるなら、相談してほしいなー」
日菜「わたしたちの仲だものー」
やえ「……!?」
良子「……」
やえ「……」
やえ(良子、言ったか……)

5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 20:53:58.70 ID:INiUgVG3O

やえ(まあ、あんな態度とった以上そうなるのは当然か……)
やえ(……でも)
やえ「日菜」
日菜「んー?」
やえ「確かに私は良子に話を聞いてもらおうとした」
やえ「でもそれは、もう終わったこと。その話をぶり返したりすることはしないわ」
日菜「……」
やえ「というわけで、悩みなどは特になし。ということになるんだけど」
日菜「そんなー……」
…………

……

6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 20:56:16.07 ID:P1gLQSjMO
良子「……」スタスタ
日菜「……」スタスタ
良子「やえのやつ、結局口を割らなかったな……」
日菜「そうねー。あそこまで強情になるとは正直予想外だったわー」
日菜「いったい何があるんでしょうねー」
良子「謎は深まるばかりだな……」

日菜「わたしたちだけではちょっと解決しなさそうねー」
日菜「協力者を募りましょうー」
良子「そうだな」
良子「とりあえず、今度紀子に声をかけてみるか」
日菜「そうしましょうー」

…………

……


やえ「……」
やえ(ふたりには悪いことしたな)
やえ(……でも)
やえ(……しょうがない。私の中で決心がつかないんだから)
やえ(……)
やえ(ああもう……)ワシャワシャ

8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 21:11:26.57 ID:Jgv36kH7O

ワイワイ

紀子「……」
良子「紀子」
紀子「……?」クルッ
紀子「……上田か」
良子「今日は売店の弁当か」
紀子「そういう事だ」
良子「まあ、俺もそうなんだけどな」
良子「ところで、ちょっと聞いてほしい話があるから昼飯一緒に食おうぜ」
紀子「……ほう」
紀子「こちらの都合を問わないのは如何なものか……」
良子「うっ……」
紀子「……しかし」ニヤリ
紀子「いいだろう。ちょうどこちらも誰かと行動を共にする予定は無い」
良子「そうか。それは良かった」
良子「ならさっさと買って移動しよう。教室でいいな」
紀子「うむ」
…………

……

9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 21:16:46.92 ID:EniazBobO

紀子「……それで、話というのはなんだ」
良子「実はな……」
良子「やえが聞いてほしいことがあると言うんで話を聞こうとしたんだが、なかなか言い出さなくてな」
良子「また恥ずかしがっているんだろうと思った、前回がそんな感じだったからな。だから言い出すのを待ってたんだ」
紀子「巽に恩返しをするという話の時か」
良子「そうだ。あの時もやたらテレテレしてたから、今回もその類かと思っていたんだが」
良子「いきなり話はしないと言い出してどっかに行っちまった」
紀子「……」
良子「その時のやえの様子が、なんだか怒った感じだったんだ……」
紀子「……ふむ」
良子「その後日菜と一緒に会いに行ったんだが、結局その事は話してくれなかった」
良子「一体何にツンツンしてるのか分からないんだ」
紀子「……」
紀子「小走にしては珍しい」
良子「そうなんだよな」
紀子「今の内容だけで答えを導くのは難しいが……」
紀子「何か、あの小走が感情的にならざるを得ない事柄があったのだろう」
紀子「ここ最近で思い当たる出来事は無いか」
良子「そうだな……」
良子「団体戦のことか、個人戦で何かあったか……」
良子「部活中は普通の感じだと思うけどな」
紀子「うむ」
良子「うーん……特に思い当たりは無いな」
紀子「……」

10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 21:18:07.29 ID:wq3B3k52O
紀子「巽なら何か知っているのではないか」

良子「なるほど、そうだな。最近は前にも増して仲良しだからな」

紀子「その通りだ」

紀子「どうやら私では事態を収拾させることは難しいと見る。巽に協力を仰ぐことにしよう」

良子「そうするか。明日にでも聞いてみるか」
…………

……

11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 21:22:16.45 ID:fZDfBHy7O

やえ「……」スタスタ

由華「やえ先輩!」ササッ

やえ「由華」

由華「今からお昼ですか?」

やえ「うん」

由華「良ければ、ご一緒させてください」

やえ「うん。そうしましょう」

由華「ありがとうございますっ♪」

…………

……

良子「……」スタスタ

良子「……ん?」

やえ「」ワイワイ
由華「」キャッキャッ

良子「あれは……」

12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 21:24:51.98 ID:bJAE36l9O
日菜「楽しそうねー」ヒョイッ

良子「うわっ!」ビクッ

良子「日菜か、いるなら声かけてくれ……」

紀子「私もいるぞ」ヒョイッ

良子「うおっ」ビクッ

良子「なんというか、鼻が利くな、お前ら……」

紀子「上田。これは良いタイミングなのではないか」

良子「そ、そうだよな……」

良子「よし。別れ際に由華を捕まえて話を聞こう」

日菜「例の件、ゆかちゃんにも協力してもらうのねー」

日菜「それがいいと思うわー♪」

良子「だよな……」

13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 21:27:23.41 ID:INiUgVG3O

やえ「じゃあまた練習で」スタスタ

由華「はいっ!」

由華「……♪」スタスタ

良子「由華」

由華「あっ、良子先輩。お疲れ様ですっ」

良子「おう、お疲れ」

良子「ところで少し聞きたいんだが……」

由華「はい」

由華(……?)

良子「やえのやつ、何か変わった様子は無かったか?」

由華「やえ先輩が?うーん、特にいつもと違うようには感じなかったですね……」

由華「……って、またみてたんですか!?」ゴーッ

良子「す、すまん……」

日菜「ごめんねーゆかちゃん」ヒョイッ

紀子「……済まない」ヒョイッ

由華「日菜先輩に紀子先輩、いらしてたんですね……」

日菜「これにはちょっとした事情があるのよー」

由華「事情、ですか……?」

良子「そうなんだ。実は……」

14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 21:29:34.50 ID:0ueDIgqOO
由華「……そんなことがあったんですね」

良子「そうなんだ。本人に聞こうにも話してくれなくて困っている」

良子「出来れば、それとなく聞き出してくれると有難いんだが……」

由華「確かに、やえ先輩が理由なく怒るなんて考えにくいですね……」

由華「ましてや良子先輩相手に……」

由華「……」

由華「……わかりました、どうにか確認してみます。いったいやえ先輩が何に悩んでいるのか」キッ

良子「すまん。恩に着る」

日菜「っと、そろそろ授業はじまっちゃうわねー」

紀子「戻るか」

良子「そうだな。由華、じゃ、また練習で!」ササッ

由華「はいっ!お疲れ様です」ササッ

15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 21:35:29.08 ID:SZmMRlAJO

ワイワイ

やえ「……」ピシッ

良子「……」パシッ

やえ「ロン」パララッ

良子「!」

良子「くそ……」ジャラッ

由華「……」ジーッ

日菜「やえちゃん、いつも通りねー」

紀子「うむ……」

由華「そうですね……」ジーッ

由華(……ん?)
やえ「……」フウッ
由華(いつも通りに見えるけど)

由華(どこか辛そう、にも見える……)

由華(……)ハッ

由華(もしかして、単純に体調が悪いんじゃ)

由華(それが影響して、皆にあたっちゃってるんだとしたら……)

由華(……)

由華(心配だな……)ソワソワ

16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 21:41:25.41 ID:xsd70XrvO

やえ(……そろそろ時間か)

やえ「今日は終了とします。片付けましょう」サッ

一同「はいっ!」ガタガタ

…………

……


やえ「……」

由華「やえ先輩!」

やえ「由華」

由華「こっ、これっ……!」ササッ

やえ「?」

由華「えと、売店で買ってきた栄養ドリンクですっ!あと、補助食品やゼリーや……」ガサガサ

やえ「ど、どうしたの?いったい……」

由華「えっ?」ビクッ

由華「あっ……い、いえ、練習中、少し調子が悪いように見えたものですから……」

由華「もしかして体調が良くないんじゃないかと……」アセアセ

由華「その、心配になって……」

やえ「……」

やえ「私は普段通りに振る舞っていたつもりだったんだけど」

やえ(……)

やえ(由華の目は欺けない、か)フフッ

17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 21:42:53.47 ID:PdB81+ZaO

由華「そうですか……」

やえ「由華」

由華「……はい」

やえ「とりあえず、体調が悪いわけではないから安心して」

由華「そうでしたか……」ホッ

やえ「ただ、悩みというわけではないんだけど、少し自分の中で釈然としない事はある」

由華「……!」

やえ「その……せっかくだから、由華には話しておこうと思うわ」コホン

由華「……はい」ゴクッ

18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 21:50:48.01 ID:qEQIsOIiO

やえ「……阿知賀女子、いるでしょう?」

由華「……はい。思い出すと今でも悔しいですね」

やえ「うん」

やえ「本当だったら、我々晩成がインターハイに出場していたと今でも思ってる。試合後のミーティングでは純粋に相手の力が上だという風に言ったけど、やっぱりどうしても、悔しさは残ってる」

由華「……」

やえ「だけど、だからと言ってそれはもう過ぎたことだというのも分かる。実際にインターハイに出場するのは阿知賀のメンバーなんだと、自分に言い聞かせるしかないわけ」

由華(先輩……)

やえ「でもそうなると、やっぱり阿知賀の面々には……」

やえ「……勝ち上がって貰わないと困るじゃない」

由華(……!)

やえ「い、いや、別に応援しようとかいう話じゃなくて……なんというか、あのチームは結成したばかりのようだし、全国で舞い上がられても困るわけ。私たちに代わって出るわけだからしっかりやって貰わないといけないでしょう……」アセアセ

由華(……)

やえ「だ、だから我々の面子を保つためにも、あの連中には良い成績を残してもらう必要があって、そのために……」

やえ「……な、なにか働きかけができたら、って……」モジモジ
由華「やえ先輩……」

19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 21:54:15.44 ID:bJAE36l9O
由華(やっぱり……阿知賀に負けた悔しさは、ずっと持ってたんだ……)

由華(それでも、その阿知賀を応援しようとしている)

由華(晩成の面子のため……それは半分は本当なのかも知れない)

由華(でも、もう半分は違う)

由華(隠しても分かる。やえ先輩は、本心から、阿知賀に勝ってほしいんだ。純粋に、応援したいんだ)

由華(でも、自分たちを負かした相手を応援するなんて実際は簡単じゃない。ましてや、やえ先輩は晩成高校の部長)

由華(その思いに邪魔されて、ずっと悩んでたんだ……)

由華(……)フフッ
ギュッ

やえ「!」ビクッ

20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 22:02:01.51 ID:96dbmm9aO

やえ「ちょ、ちょっと由華……!」

由華(私だったら、自分たちを負かした相手をそこまで想ってあげられない……)

由華(やえ先輩……)

由華(立派です。凄いです)

由華(やっぱりやえ先輩は、やえ先輩だ)

やえ「ちょ、ちょっと、何なの……?」アセアセ
パッ

やえ「も、もう……いきなりどうしたっていうの……」ドキドキ

由華「やえ先輩」

やえ「んー?」ドキドキ
由華「壮行試合、しましょう」

やえ「」ピクッ

やえ「壮行試合……」

由華「はい。阿知賀の皆さんが全国に出発する前に、私たちでいっちょうもんであげるんです」ニヤッ

やえ「……」

由華「やえ先輩が、そこまで阿知賀のことを想ってあげるなら、私は協力します」ニコッ

やえ「だ、だからあくまで晩成の面子のためであって、そんな……」カァァァ

やえ「……」

やえ「……そ、そうね」

やえ「……良いアイデアだわ」モジモジ

21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 22:04:08.54 ID:xsd70XrvO

由華「ええ。きっとお互いにとって実になるはずです」

やえ「う、うん……」

やえ「明日、良子たちにも話してみましょうか」

由華「ええ」

やえ「ん。今日はもう引き上げましょう。いつの間にか誰もいなくなってる……」

由華「そうですね。途中までご一緒しますよ♪」

やえ「うん……」
22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 22:06:04.64 ID:PQTZnt79O

スタスタスタ

やえ(ん……)

やえ(なんだか、胸のつかえがとれた感じだ……)

やえ(……)

やえ(そうか……)

やえ(これで良かったんだ……)フフッ

由華「……」スタスタ

やえ「由華」

由華「はい」

やえ「……ありがとう」

由華「いえ。お礼をされるようなことは何も」

やえ「ふふっ」

由華「……♪」スタスタ

やえ(……)

やえ(ありがとう)

23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 22:10:27.13 ID:xsd70XrvO
良子「なるほど……」

日菜「そういう悩みだったのねー」

やえ「うん……」

やえ「ごめん良子。日菜も紀子も。こんなことで変にツンケンしてしまって」

良子「いや。こっちこそ、何も気づいてやれなくて悪かった」

紀子「うむ」

やえ「そんな……」

由華(……ふふっ)

日菜「ともかく、そうと決まれば早速計画しましょうー♪」

良子「そうだな」

紀子「まず日程か」

由華「こちら側のメンバーも決めなきゃですね!」

やえ(みんな……)

やえ(……)フフッ

やえ「よし、やろう」ザッ

良子「ああ」ニヤッ

紀子「……」コクッ

日菜「やりましょうー♪」

由華「……はいっ!」

24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 22:11:58.01 ID:PQTZnt79O
良子「それじゃー阿知賀への呼び掛けはよろしくな、やえ」
やえ「わっ……私が!?」ドキッ
日菜「こういうのは部長から言うのが自然だと思うなー♪」
紀子「……その通りだ」ニヤリ
やえ「ま……まあ、それは確かにそうだけど……」カァァァ

ワイワイ

…………

……

25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 22:31:01.75 ID:EniazBobO

良子「お疲れー」ガラッ

日菜「おつかれさまー」

良子「おう……ん?」

やえ「……」ズーン

良子「や、やえのやつ、どうしたんだ……?」
日菜「それがねー、阿知賀の子を誘う文句を練習してたら一年生の子に見られていたらしいのー」

良子「それはまあ……」

日菜「ほら、あそこ」チラッ

ガヤガヤ

初瀬「……」
良子「岡橋か……もう他の部員も来てるが、確かに一人だけ気まずそうにしてるな」

日菜「部室にはやえちゃんひとりだったからつい熱心にやっちゃったみたい」
良子「そうか……しかし、誘い文句に練習なんているのか」

やえ「何事も準備は必要なの!」ガバッ

良子「うおっ!?」ビクッ

日菜「復活したわねー」

良子「元気そうじゃないか」

やえ「ほっといて!」ゴーッ

良子「どうどう……」

由華「お疲れ様です」ガラッ
紀子「……」ガラッ

良子「おっ、揃ったか」

26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 22:37:50.87 ID:iUn682y3O

日菜「それじゃあ練習始まる前に確認しましょうかー」

やえ「うん」

やえ「日取りは来週末を予定。面子は私達団体戦メンバー五名。阿知賀へは私から要請する」

日菜「りょうかいー」

やえ「と、いうことで皆には当日以外特にしてもらうことは無いわね」

良子「それはいいが……阿知賀にはどうやって連絡取るんだ?電話か」

やえ「それは……部長の鷺森さんを駅で何度か見かけてるから、そこで声をかけるつもり」

良子「既にチェック済みだったか……」

紀子「流石だ」

やえ「たっ、たまたま見かけただけでチェックなんかしてない!」カァァァ

由華「ふふっ♪」

日菜「やえちゃん、ひとりで声かけできる?わたしたちもついていきましょうかー」

やえ「そっ、それは……」

やえ「だいじょうぶ、だと、思う……」

良子「不安だな」

やえ「あっ、甘くみないでほしいわね……!」

やえ「と、とにかく、先方の予定もあるし少しでも早めに伝えないといけないから今日にでも駅に行くから!そろそろ練習始めましょう」ガタッ

良子「へーへー」ガタッ
ガヤガヤ

27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 22:40:41.35 ID:CMPucwoVO

ガサガサ
良子「……と、言いながら」

日菜「結局全員で来ちゃったわねー♪」

やえ「くっ……」

紀子「……」

由華「やえ先輩、このあたりですか?」

やえ「そう。そろそろ現れる時間帯なんだけど……」

日菜「心の準備はだいじょうぶ?」

やえ「そ、それはもう……」

やえ「た、ただの声かけに、心の準備も何もないわ」

良子「口上の練習までしておいて良く言うぜ」

やえ「なっ……!」カァァァ

紀子「……あまり騒がしくすると不審者扱いされるぞ」ガサガサ

やえ「!……そっ、そうね」ガサガサ

日菜「……」

良子「……」

紀子「……」

由華「……」

やえ「……」ドキドキ

28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 22:46:37.27 ID:W50YIDIjO

良子「しかし……」ガサガサ

やえ「ん?」ガサガサ

良子「……隠れている必要って、あるのか」

やえ「それは……」

日菜「正面切って堂々と、は恥ずかしいんだよねー」フフッ

やえ「……!」カァァァ

紀子「偶然を装うのだ」

良子「そういうことなら別にいいが……この絵面はどことなく不憫だな」

日菜「これはこれで楽しいものよー♪」

由華「ふふっ、そうですね」

やえ「……」

29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 22:53:51.56 ID:iUn682y3O

やえ「みんな……」

紀子「?」

やえ「なんか、悪いわね。こんなことまでさせて……」

日菜「こっちも楽しんでるからねー♪」

良子「そういうことだ」

由華「そうですよ。ついでに阿知賀にリベンジも出来ますしね♪」

紀子「ついでにリベンジ、か……」

良子「由華、大きく出たな……」ゴクリ

由華「そんな、変な意味は無いですよ……!」アセアセ

やえ「……」

やえ「まあ確かに、それも悪くないわね」フフッ

やえ「……!」ハッ

30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 23:03:04.80 ID:0ueDIgqOO

灼「……」

良子「あれは……」

日菜「阿知賀の部長さんねー」

紀子「来たか……」

由華「やえ先輩……!」

やえ「う、うん……」

良子「早くしないと行っちまうぞ!」グイグイ

日菜「がんばって、やえちゃん!」オシダシー

やえ「ちょ、ちょっと、自分で出るから……!」ヨタヨタ

ガサガサ

良子「……大丈夫かな」

日菜「だいじょうぶよー。わたしたちは見ていましょうー」

由華「……そうですね♪」

31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 23:19:58.41 ID:PdB81+ZaO

灼「……」

やえ「ちょ、ちょっと……!」トタタタッ

やえ(私は……)
やえ(私は、晩成の面子のためにこの子達を応援する……?)

灼「?」

やえ「ぐ、偶然ね……」

やえ(由華にも皆にも、本当のところはぼやかして話した……)
やえ(本当の私は、いったいどうしたい……?)
灼「晩成の……」

やえ「あんた達……来週少しヒマない……?」
やえ(本当は、私は……)
灼「こわ……意図が読めな……」

やえ(……)カァァァ
やえ(……ああもう!)
やえ(そうよ、晩成の面子とか関係ない!)
やえ(ただ勝ってほしいの!この子達に!それで良いでしょう!)
やえ「壮行試合してあげるっつってんの!奈良個人一位の私含む晩成がよ!?」ガーッ

カンッ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする