【花田煌SS】煌「すばらですよ江崎先輩」

鬼滅の刃20巻を無料で読む方法!

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 22:07:32.11 ID:ykGydCBf0

煌「皆さんお揃いのようで!」ガラッ

煌「あら?江崎先輩だけですか?」

仁美「ん」チュウチュウ

煌「サンマも出来ませんね」

仁美「ん」チュウチュウ

煌「…」

仁美「…」チュウチュウ

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 22:09:45.58 ID:TqebiCKz0

仁美たんイェイ~♪

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 22:10:07.64 ID:pNbVMBFG0

えばらとは珍しい

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 22:10:28.09 ID:LC6udc0s0

もしかして羊先輩?名前知らんかった

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 22:10:55.87 ID:ykGydCBf0

煌「…前から気になってたんですが」

仁美「?」

煌「先輩はいつも何を飲んでるんです?」

仁美「知りたい?」

煌「ええ、それはもう!」

仁美「乙女の秘密ばい」

煌「すばっ」ガーン

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 22:13:28.82 ID:ykGydCBf0

仁美「…」スッ

煌「?」

仁美「一口」

煌「!」

煌「すばらっ!ではお言葉に甘えて…」チュー

煌「むむ…これは牛乳ですか…しかし普通の牛乳より随分と味が濃厚ですね」ゴクッ

仁美「シープミルクぞ」

煌「なんと、これはすばらですね!」

仁美「すばらやろ」フフン

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 22:15:20.26 ID:ykGydCBf0

煌「…」ジー

仁美「…?」

煌「江崎先輩の髪型はセットしてるんです?」

仁美「んーん、天パーやよ」

煌「おお、これはまた見事な」

仁美「フワフワやろ」

煌「個性的ですばらです!」

仁美「個性的な髪型は花田もや」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 22:17:53.80 ID:ykGydCBf0

煌「~♪」サワサワ

仁美「…」

煌「~♪」サワサワ

仁美「…髪の毛さわんの楽しい?」

煌「もこもこしてます!」スバラッ

仁美「そか」チュー

煌「~♪」サワサワ

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 22:19:54.33 ID:ykGydCBf0

仁美「花田のその角も触らせ」

煌「いいですよー少々お待ちを」

スポッ

煌「どうぞ」つ角

仁美「…」

仁美「着脱できると?」

煌「勿論です」

仁美「何も勿論じゃなか」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 22:20:05.76 ID:Dl/6FXWR0

シープミルクって脱脂粉乳ってやつじゃ

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 22:22:37.04 ID:ykGydCBf0

>>17 脱脂粉乳はスキムミルク シープミルクは羊乳ヤデー

仁美「…」ギュー

仁美「これは八筒やね」クルッ

煌「おお…すばらな盲牌ですね!」

仁美「伊達に長いことやっとらんよ」フフン

煌「何を隠そう私も出来るのです!」

仁美「ホンマかぁー?」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 22:24:45.82 ID:ykGydCBf0

煌「見ていてくださいよー」ギュー

煌「白ですね」クルッ

煌「ほらぁ!」ドヤァ

仁美「誰でもわかるばい」

煌「つるっつるです!」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 22:26:32.48 ID:ykGydCBf0

煌「ではこれは如何でしょうか」スッ

仁美「…」ギュー

仁美「んん?」

仁美「下の方だけ偉い彫られとるばい」

煌「…」ジー

仁美「わからん、白旗ばい」クルッ

つ春

仁美「花牌やないかー」

煌「ふっふっふ、花牌無しとは言ってませんよぉー」

仁美「生意気言いおってからに」コチョコチョ

煌「ひゃー」ケラケラ

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 22:26:57.59 ID:SD9AgMW80

なんか和む

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 22:29:10.51 ID:ykGydCBf0

仁美「リーッチ!」バシィィィン

煌「…」

仁美「ツフォッ!」

仁美「ロクセッ…イチマンニセッ…」

煌「…」

仁美「終わりだな…」

煌「何してるんです?」

仁美「真雀鬼ごっこ」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 22:30:56.44 ID:ykGydCBf0

仁美「…」カチカチ

煌「メールですか?」

仁美「んにゃ、ニュースば見とる」

煌「すばらっ、意外と真面目なんですね」

仁美「意外とは何ぞ意外とは」

煌「あはは、これは失礼」

仁美「政治欄だけはチェックしたい」カチカチ

煌「将来は政治家ですか?」

仁美「政治家は花田みたいな奴がやるべきやと思うけどね」

煌「えぇー私じゃ役者不足ですよ」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 22:33:51.80 ID:ykGydCBf0

仁美「花田は他人の事ばよう考えよるからな」

煌「そうですか?」

仁美「ん」

煌「いやぁー、照れますねぇ」タハハ

仁美「…」

仁美「…それに比べて私は自分の事ばっかよ」

煌「?」

仁美「なんでもなか…ところで―」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 22:36:02.49 ID:ykGydCBf0

仁美「あと一ヶ月程で全国大会が始まるわけやが」

煌「すばらっ!」

仁美「緊張しとる?」

煌「まぁ、それなりに緊張もありますが…楽しみですよ」

仁美「そか」

煌「はいっ」

仁美「…最近、打ち方ば変えよったな」

煌「…」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 22:38:52.14 ID:ykGydCBf0

仁美「前はもっとがんがん攻めとったんに」

仁美「最近じゃ防御ば重視しよるね」

煌「お気付きでしたか」

仁美「まーな」

仁美「花田…お前レギュラーに選ばれた時すげー喜びよったな」

煌「ええ、こんなにすばらなことはありませんよ…それも先鋒を任されるなんて光栄です!」

仁美「…」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 22:39:21.51 ID:bYcPkMuo0

羊先輩が先輩をしている……

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 22:40:26.95 ID:x429g9SJ0

このすばらはおっちゃんやな
支援

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 22:41:39.86 ID:ykGydCBf0

仁美「お前、ほんまは知っとるんやろ?」

煌「…」

仁美「…そか」

仁美「…すまんな」

仁美「私達がもっとしっかりしとればよかったんに」

煌「江崎先輩」

仁美「?」

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 22:44:34.59 ID:ykGydCBf0

煌「仮に先輩方がセオリー通りの布陣でも問題ないと先生に判断された場合…」

煌「果たして私に出番が来るでしょうか…」

仁美「…」

煌「たとえ捨石でも、私は必要とされている」

煌「そんなすばらな事はありません」

仁美「…」

煌「私にはエースになれる力などありませんが」

煌「先輩達や鶴田さんの為に出来ることがあるなら、そんなすばらなことはないのですよ」

仁美「…そか」

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 22:47:56.06 ID:ykGydCBf0

仁美「花田は強いな」ナデナデ

煌「そ、そんなこと…」

仁美「私はダメばい」グデー

煌「?」

仁美「この二年半…この名門新道寺で麻雀ばずっと打ち続けて来たんに」

仁美「負けることが怖くてしゃーない」

煌「…」

仁美「増してや花田にそんな役目を押し付けて、私が皆の足ば引っ張ったら思うとどうもなあ…」

煌「江崎先輩…」

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 22:52:04.28 ID:ykGydCBf0

煌「先輩は…部長や鶴田さん、安河内先輩が信用なりませんか?」

仁美「そげんこつなかよ…」

煌「だったら…」

仁美「花田」

煌「!」

仁美「私は三年で、新道寺校内ランク3位ぞ」

仁美「私が負ける事で…足を引っ張ることで新道寺の名に泥ば塗ることになるんぞ…」

仁美「あいつ等が負ける筈が無いっちゅー信頼が…自分だけ負けたらどうしようっちゅー不安に変わる事もあるんぞ」

煌「それでも!」

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 22:55:13.66 ID:ykGydCBf0

煌「それでも…誰しもツいていない時なんてあると思います」

仁美「…名門新道寺のレギュラーが運ば言い訳に出来ん」

煌「それでも先輩のせいじゃありません!」

仁美「仮に私が焼き鳥になってもか?」

煌「はい!」

仁美「全局振り込んでもか?」

煌「は、はい…」

仁美「慰めにもならんよ…」

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 22:55:59.42 ID:JkDh2DRz0

新道寺はほんとすばらな関係やね
チーム愛ちゅうもんを感じるわ

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 22:56:50.07 ID:ykGydCBf0

煌「で、でもぉ…」チラッ ケータイ

煌「せ、政治のせいです!」

仁美「は?」

煌「え、江崎先輩が振り込んだらそれはもう弛んだ世の中のせいということで…是非…」アタフタ

仁美「…」

仁美「…プッ」

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 23:00:24.61 ID:ykGydCBf0

仁美「あっはっはっは」

煌「せ、先輩?」

仁美「これは答えられんばい」

煌「…」

仁美「私の負けぞ、花田…悩んでも仕方なかとね」

煌「!…そ、そうですよ」

煌「何とかなるですばい!」

仁美「使い方間違っとんぞ」

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 23:02:57.78 ID:4Z4hB/GYO

仁美先輩ぐうかわ

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 23:03:29.52 ID:ykGydCBf0

煌「先輩」

仁美「あん?」

煌「絶対勝ちましょう!」

仁美「当たり前よ」

仁美「…有難う」ボソッ

煌「いいってことですよ」

仁美「なっ…聞こえたんか」

煌「すばらですっ!」

仁美「…っ///」フイッ

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 23:05:14.67 ID:ykGydCBf0

仁美「ほな…ラーメンでも食いにいくとね」

煌「ラーメンですか、それはすばらですねっ」

仁美「おう、本場の博多ラーメンば食わせちゃるばい」

煌「すばらっ、江崎先輩は太っ腹ですね」

仁美「痩せとるけどなー、ほれ行くぞ」ガラッ

仁美「あ」

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 23:09:55.80 ID:ykGydCBf0

哩「…」

姫子「あ…」オロオロ

美子「…」

仁美「…」

仁美「さっきの話、聞いとったんか」

哩「…」

哩「…ラーメンの話か?」フッ

仁美「…ん」

哩「おう、私等も行くとよ」

仁美「ん」

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 23:13:57.16 ID:JkDh2DRz0

やっぱすばら先輩って偉大だわ

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 23:14:02.18 ID:ykGydCBf0

哩「そーと決まったら全国制覇に向けてラーメン食っとくばい」

哩「姫子、江崎がラーメンば奢ってくれるとよ」

仁美「え」

姫子「ホントですか!ゴチになるとです!」

仁美「ちょ」

美子「ごちそーさま」ポンッ

仁美「…えぇー」
哩「ほら行くぞ、”期待しとーとよ”仁美」フッ
仁美「!」

仁美「仕方なかとね」

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 23:17:49.01 ID:ykGydCBf0

煌「…お金、大丈夫ですか?」オロオロ

仁美「いらん心配ばせんで、お前もさっさと用意するたい…煌」

煌「!」

煌「はい!仁美先輩!ごちになりますよぉ」

仁美「おー食え食え」

煌「すばらですよ仁美先輩」

仁美「やけんど大盛りと替え玉は無しとよ」

煌「すばっ!?そんな~」

姫子「チャーシューマシマシで!」

仁美「それも却下ばい」

ジャーラーメンフタツデ クイスギバイ ジャージャー

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/08(月) 23:19:53.10 ID:ykGydCBf0

仁美たんイェイ~♪
新道寺が一番好きな上で仁美ちゃんが一番好きです
あとおっちゃんがおっちゃんだとすぐバレる所以が気になるね、書き方やろうか

なんにせよ終わりです 支援アシャス!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする