【宮永照SS】照「あけましておめでとうございます」淡「まーす!」

鬼滅の刃20巻を無料で読む方法!

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 20:00:22.18 ID:V3xHjqRB0

大星家

照「えっと、本日はおまなき・・おめなき・・・おなねき・・・あれ?」

淡「お任せください?」

照「多分それ。お任せ下さってありがとうございます。今年もよろしくお願いします」ペッコリン

淡「いえいえ、こちらこそ。よろしくお願いします」ペコ

照「ではお邪魔したります」

淡「どぞー」

照「あ、うん。スリッパお借りします」ハキハキ

淡「こっちが私の部屋だよ~」スタスタ

照「・・・この廊下、見事なフローリングだね」

淡「でしょー?」エッヘヘ

照「うん。なんか・・・いい」

淡「で、ここが私の部屋。入って」ガチャ

照「えと・・お邪魔したります」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 20:04:00.78 ID:V3xHjqRB0

淡の部屋

淡「コートはこっちに掛けておくね。っと・・じゃあ座って座って。はいクッション」

照「ありがとう。これはまたいいフワフワで・・・」

淡「?さっきからテルーなんか変」スワリ

照「・・・ちょっと緊張して・・」

淡「緊張?なんでー?」

照「いや・・・お正月に友達の家に行くなんて現象なかったから・・・」

淡「そうなんだー!じゃあ今日みたいな現象初めてなんですか?」

照「うん」

淡「わー、なんか嬉しいな~!菫先輩とかと過ごしたりしなかったんだ?」

照「菫は親戚の家で過ごすみたい。多分お年玉狙いだね。お金が好きだから菫は」

淡「あー・・でも私もお金好きだよー。テルーは?」

照「・・・お菓子がタダで食べられる世界ならお金はあんまりいらない。でもこの世界はそうじゃないからお金いる」

淡「分かる分かる」ニコー

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 20:09:26.73 ID:V3xHjqRB0

照「そういえば・・・淡のお母さんって私より年上だよね?」

淡「え?うん、テルーより上かを直接聞いた事はないけど、年上のはず」

照「じゃあ私にお年玉くれるかも」ワクワク

淡「くれるかも!」

照「催促してこようかな」ソワソワ

淡「あ!」

照「?」

淡「テルーは私より年上だよね?」

照「?・・・・それが・・・・あ」

淡「じゃあ・・・・ちょーだい!」

照「・・・・・・」

淡「おとしだま~!」プリーズ!

照「・・・・その常識は宮永家には適用されません」

淡「えー!?なんでー!?」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 20:14:03.12 ID:V3xHjqRB0

照「分からない」

淡「もー!」

照「そういえばお年玉で思い出したけど、うるう年って知ってる?」

淡「え?うるう年?・・・確か全く水不足がなかった年の事だよね?」

照「うん。そうなんだけど、その年に生まれた人って、人の4倍長生きするんだって」

淡「ええーーー!!本当!?」

照「本当。4年で1つ歳をとる方式らしい」

淡「都市伝説じゃないのー?」

照「ううん、事実。凄いよね」

淡「すごーい・・・」パチパチパチ

照「あ、私も拍手する」パチパチパチ

照・淡「・・」パチパチパチパチ..

照・淡「・・・・・・・」パチ….パチ…….

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 20:17:38.40 ID:V3xHjqRB0

淡「そうだ、お正月だし、おめでたい物食べようよ!」

照「いいね」

淡「おめでたい物ってどんなのかなー?」

照「うーん・・・・・・和了牌をツモった時はおめでたいけど・・・」

淡「でも安めだったらあんまり良くないよー?」

照「そうか・・・でも和了り牌じゃなくてもペンチャンツモとかおめでたい」

淡「それは言えるねー♪」

照「ずっとそんなツモでありたいね」

淡「うん」

照「・・・・・・・・」

淡「・・・・・・・・」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 20:20:17.76 ID:V3xHjqRB0

グゥー..

照「今の音は、お腹の鳴る音だね」

淡「うん。これってお腹が減ったって事だから、何か食べよう」

照「いいね」

淡「やっぱりお正月はお餅だよね」

照「そうだね」

淡「お餅食べよう!あ、テルーは差し歯とかない?」

照「大丈夫。全部自分の歯。いぃー・・・」キラーン

淡「私も!いぃー・・・」キラーン

照・淡「いぃー・・・」キラキラーン

淡「じゃあお餅焼いてくるね」バイバイ

照「気を付けて」バイバイ

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 20:20:49.10 ID:rtR2GW1f0

ポンコツ過ぎるだろ

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 20:23:16.25 ID:RIhoK70Q0

アホが二人

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 20:24:43.37 ID:V3xHjqRB0

ガチャバタン

照「・・・・・」ンー..

照「淡の部屋・・・四角いな・・・私の部屋と同じだ・・・」

照「・・・机の上に教科書が開いて置いてある・・・しかも全教科・・・いつでも勉強出来る様にしてるんだ、偉い」

照「・・・?」

照「ノートとかはあるのに・・鉛筆削りが見当たらない・・・どうして?」ウーム

照「芯が折れたら諦めるのかな・・・?」

照「・・・・経済的じゃないね・・・」ムム

照「ベッド・・・四角い・・・」ゴローン

照「・・・・やらわ、柔らかい・・・」

照「・・・・・・・・・・ふッ!」バッ!

バイーン!ボフッ!

照「いい反発力・・・・」ゴロロー

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 20:27:58.33 ID:V3xHjqRB0

照「・・・足踏みしてみよう」バフバフバフバフ..

照「あ、なんか楽しい」バフバフバフ

照「・・・・・もっと・・・」バフバフバフバフ

照「もっと強く!もっともっと!」バフ!バフ!バフ!バフ!

照「早く!強く!」バババババババ!

淡母「淡ー!うるさいから注意してきなさい!」

淡「えー、でもお餅見張ってないと」

照「・・・・何やら・・フォンな空気」

照「淡のお母さんは気性が荒らそう・・・お年玉も貰えないかも・・・」ザンネーン

ガチャ

淡「テルー、お母さんがなんかうるさいって」

照「うん、聞こえた」

淡「伝えたよ?じゃあお餅の続き焼いてくるね」バイバイ

照「気を付けて」バイバイ

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 20:31:55.07 ID:V3xHjqRB0

ガチャバタン

照「・・・・・」

照「大人しくしてよう」メイソー

照「・・・・・・そろそろ飽きた」スクッ

照「そうだ。淡のノートを見てみよう」ペラッ

照「真面目にノートとってる・・・しかも、一つのノートで全教科をまとめるなんて経済的・・・ベストアルバムみたい」ペラ

照「・・・・・あ、こっちのページは・・・サインの練習かな?・・・・なんて書いてあるんだろう?」ペラ..パラパラ..

照「ん?これは?・・・パンくずだ。結構たくさん・・・・食事中もノートを開いてるとは・・・凄い」

グゥー

照「・・・・パンくず見てたらお腹が・・・どうしよう・・・後輩のパンくずを勝手に食べるのは悪いし・・・」

ガチャ

淡「お待たせテルー!お餅が完成したよー!」ワハーイ!

照「わ、やった」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 20:34:57.09 ID:V3xHjqRB0

淡「2個ずつね」

照「ありがとー」

淡「これはただ焼いただけなんだけど、これにおしょーゆつけて海苔を巻いて食べると美味しいみたい」

照「なるほど・・・来年やってみる」

淡「うん!」

照「はむ・・・ぅみーん」ニューン

淡「あはは!テルーのお餅ーがにょーんて伸びてる!」ケラケラ

照「淡も食べたら淡ーになるよ」ハムハム

淡「そうかな?ぱく・・・ぅみーん」ニョーン

照「わ、凄い伸びた・・長い・・・」

淡「ははっへははっへ(測って測って)」ョーン..

照「うん」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 20:41:59.00 ID:V3xHjqRB0

照「・・・・1・・・2・・・3・・・4・・・5・・」

淡「わぷ」プチーン!

照「・6・・っ!」

淡「何秒だった?」

照「えっと・・・多分7秒くらい」

淡「そっかー・・・基準が分からないからよく分からないけど・・・楽しかった~」ホッ

照「ね」

淡「さて、一段落ついたところで、お餅お餅・・」ハムハム

照「もぐもぐ」

淡「・・・お餅あんま味しないね」

照「・・・・・・うん」

淡「何が足りないのかな?」

照「・・・・おめでたさとか?」

淡「それだ!」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 20:45:55.29 ID:V3xHjqRB0

照「そうだよね。おめでたい感じな感じで食べれば、美味しい感じを感じるはず」

淡「おめでたさ・・・おめでたさ・・・」

照「あ!」

淡「何か思いついた?」

照「うん。さっき時間計ったよね」

淡「え?そうだっけ?」

照「あれ・・・?確か・・・でも・・・自信なくなってきた・・」

淡「・・計ったかはこの際無視しよ。ともかく、それで?」

照「うん・・・ストップウォッチで、7秒77とか出たらおめでたくない?」

淡「・・・・・わぁあああ!おめでたいよ!チャリンチャリンってなるよ!」

照「なるよね。だから・・・携帯電話のストップウォッチ能力で、ピッタリを目標にして羽ばたこう?」

淡「いいねいいね!」

照「じゃあ私の携帯電話のストップウォッチ能力を今から使うね」ピッピッ

淡「うんうん!」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 20:52:11.60 ID:V3xHjqRB0

照「・・・・・」ピッ

淡「・・・」ワクワク

照「・・あ、メール来てる・・・亦野だ・・・返信しないと」

淡「・・・」ワクワク

照「・・・あ・け・ま・し・て・こ・ち・ら・こ・そ・お・め・で・と・う・ご・ざ・い・ま・す」ピッ

淡「・・・」ワクワク

照「こ・と・し・も・よ・ろ・し・く・お・ね・が・い・し・ま・す・・・っと」ピッ

淡「・・・」ワクワク

照「送信・・あ、キャンセルしちゃった・・わ、下書きも消した・・・」

淡「・・・」ワクワク

照「・・もっかい。あ・け・ま・し・て・こ・ち・ら・こ・そ・お・め・で・と・う・ご・ざ・い・ま・す」

淡「・・・」ワクワク

照「こ・と・し・も・よ・ろ・し・く・お・ね・が・い・し・ま・す・・・っと」ピッ

淡「・・・」ワクワク

照「送信・・あ、またキャンセルしちゃった・・わ、また下書きも消した・・・もっかい・・・あ・け・ま・し・て・・・」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 20:54:00.02 ID:mX5pDApz0

ポンコツを通り越した狂気を感じる

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 20:55:58.74 ID:RIhoK70Q0

やっぱり保護者の菫さんがいないとダメだな

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 20:57:18.59 ID:U0YhZeXU0

3歩歩いたら全部忘れるレベル

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 20:57:51.75 ID:V3xHjqRB0

5分後―――

照「・・・携帯電話って難しいね」

淡「うん」

照「えっと・・・何してたんだっけ?」

淡「確か・・・・・んー・・・・・・あ、ストップウォッチ能力♪」

照「そうだった。えっと・・・・よし、じゃあいくね」

淡「うん!」

照「えい・・・・・・・ストップ!・・・ダメだ・・・・2秒38・・・」

淡「ちょっと早かったね」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 21:02:19.20 ID:V3xHjqRB0

照「もっかい・・・・・ストップ!・・・ああ・・・・2秒27・・・・」

淡「惜しい」

照「そういえば・・・・何秒目指せばいいんだっけ?」

淡「えと・・・・・忘れちゃった」テヘ

照「うん・・・・」

淡「・・・・・・」

♪~

照「?なんの音?」キョロキョロ

淡「テルーの携帯電話からメロディー鳴ってるよ」

照「あ、本当だ」ピッ

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 21:06:44.96 ID:V3xHjqRB0

淡「誰から?」

照「お母さんからメール・・・・・もう夕食の時間だから帰ってきなさいって」

淡「あー、確かにもう18時ですもんね」

照「せわしない」

淡「帰ります?」

照「うん。生みの親からの言霊だし」

淡「来年は朝から遊びましょうね!」

照「・・・・来年は卒業してるけど、来ていいの?」

淡「もちろんです!」

照「ありがとう」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 21:11:25.39 ID:V3xHjqRB0

玄関

照「それじゃ」

淡「はい」

照「あけましておめでとうございました」ペッコリン

淡「これはこれはご丁寧に」ペコ

照「お邪魔したりました。失礼したります」ガチャ

淡「ばいばーい」

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 21:15:50.34 ID:V3xHjqRB0

バタン

淡「あー、楽しかった」

淡「やっぱりテルーと話すの楽しい!」

淡「部室だといっつも邪魔が入るからなー」

淡「私とテルーが話してると、いっつも菫先輩が『違うだろ』とか『何を言っている』とか茶々入れてくるし・・」フゥ

淡「はー・・また今日みたいに遊びたいな♪」

淡「・・・?あれ・・・」

淡「・・・・テルーの靴がある・・・テルーは今帰ったのに・・・」

淡「???」

淡「・・・気のせいか♪」

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/02(水) 21:20:20.56 ID:V3xHjqRB0

商店街

照「・・・・どうも歩きづらいな・・」ペタペタ

照「去年のお正月は、ここまで歩きづらくなかった気がするけど・・・」

照「靴底が急に浅くなった様な錯覚をしてしまう」

照「まるでスリッパのまま歩いているような・・・」チラッ

スリッパー

照「・・・・・」

照「当たった・・・やった」

照「新年早々縁起がいい・・・今年はいい事がありそう・・・」オォォ..

照「なんかコートも忘れてきた気もするけど、それ以上に縁起がいいのがいい!」

照「よーし、走って帰ろう!」ワーイ!

照「今年もいい事がいっぱいありますように~!」タタタタタッ..ドデーン!ゴロロロロ..パッカーン!….ブジー!

【完】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする