【咲-Saki-】玄「最近おもち分が不足してるから…」SS

鬼滅の刃20巻を無料で読む方法!

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/09(火) 22:40:03.52 ID:FWSkDFsv0

玄「灼ちゃんの貧乳で我慢するよ」

灼「え?」

玄「灼ちゃんは私がおもち分不足で苦しんでるのに助けてくれないの?」

玄「早く服を脱ぐのです!!」

灼「早く病院に行った方が良いと思…」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/09(火) 22:57:09.89 ID:FWSkDFsv0

灼「そもそもなんで私なの?」

灼「宥さんにお願いすれば良いと思…」
玄「実の姉の肉体を求めるなんて倫理に反することは出来ないのです」

灼「何でそこで常識人みたいなこと言うの!」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/09(火) 23:03:34.69 ID:FWSkDFsv0

玄「灼ちゃんもう良いよね」ワキワキ

灼「わ、私より憧の方が大きいし憧に頼んだら…」

玄「憧ちゃんに頼んだら打たれたのです」

灼「ほ、他にもハルちゃんとか憧のお姉さんとかいるし」

玄「私は女子高生のおもちが良いのです!!」

灼(ダメだこいつ…)

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/09(火) 23:11:01.30 ID:FWSkDFsv0

玄「灼ちゃん観念するのです」

灼「待って穏乃じゃだめなの?」

灼「穏乃ならきっと…」

玄「灼ちゃん見損なったのです。自分が助かるために穏乃ちゃんを犠牲にしようとするなんて」

灼「犠牲とか言うなら私も見逃して欲し…」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/09(火) 23:22:52.37 ID:FWSkDFsv0

玄「それは無理だよ穏乃ちゃんみたいな純真な子を汚す訳にはいかないもん」

灼(こいつ…)

玄「だからもう灼ちゃんしかいないんだよ!」

玄「このままだと私、我慢出来なくなって無関係な人を襲って警察のお世話になって麻雀部を廃部に追い込んじゃうよ」
灼「もしかして脅す気?心の病気みたいだし病院に行けば良いと思…」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/09(火) 23:24:40.26 ID:jOumbBRf0

くろちゃ自分ので我慢するんだ

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/09(火) 23:31:49.95 ID:FWSkDFsv0

玄「お願い見捨てないで、私には灼ちゃんしかいないの!!」ガシッ

灼「離して!離してくれないなら警察を呼ぶよ!」

穏乃「玄さん…灼さん…」

灼「え?穏乃いつの間に」

穏乃「お二人はそういう関係だったんですね…」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/09(火) 23:40:52.96 ID:FWSkDFsv0

灼「違うから!ほら玄も何か言ってよ!」

穏乃「別に隠さなくて良いですよ。ただ部室でそういうのは辞めた方が…」

灼「だから違うってば!」

憧「シズの言う通りよ、灼さんも部長なんだからちゃんと考えて下さい」

灼「憧!もとはといえば憧のせいで私が」

憧「何のことですか?」

灼(こいつ後で泣かす)

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/09(火) 23:46:18.71 ID:WD5t39z9O

何げにクラスメートな玄灼は流行ってもいいと思・・・

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/09(火) 23:50:07.99 ID:FWSkDFsv0

憧「二人の邪魔しちゃ悪いから行くわよシズ」

憧「今日は部活は無理でしょ」

穏乃「憧…そうだね赤土先生と宥さんにも言っておかないとね」

灼「待って!行かないで!二人きりになったら襲われる!」
憧「灼さん私もシズも応援しますから無理しなくて良いですよ。どうぞ二人きりで愛し合って下さい」

憧「シズ行こう」

灼(いつか同じ目に合わせてやる)

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/09(火) 23:54:08.62 ID:jOumbBRf0

沈黙を守るくろちゃ策士だな

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 00:02:29.23 ID:JoTVuevL0

穏乃「あっ宥さん」

玄「お姉ちゃんこんな私の姿みないで」

灼「ハァ?」

宥「玄ちゃん隠さなくて良いよ。玄ちゃんが悩んでるみたいって先生に相談したら良い考えがあるって」

灼「流石ハルちゃん!」

晴絵「そういう訳だ玄もう悩まなくて良いぞ」

穏乃「どうやって解決するんですか?」ワクワク

晴絵「灼お前をおもち部長に任命する。玄の欲求を発散させてやってくれ」

灼「えー!何言ってるのハルちゃん」

憧「公認されて良かったじゃないですか灼さん」

灼「黙れ憧!お前がなれ!」

宥「灼ちゃん暖かくない…」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 00:16:14.76 ID:JoTVuevL0

晴絵「照れなくて良いんだぞ灼」

晴絵「私も最初は宥に頼もうと思ったんだが、やっぱり姉妹は色々まずいから憧か灼に頼むつもりだったんだ」

灼「なんでそこだけはちゃんと気にするの他にも気にしようよ!色々おかしいでしょ!!」

晴絵「そうだな危うく二人の邪魔をするとこだったな、すまん灼」

玄「でも土壇場で私達の関係に気付くとは流石なのです」

灼「ちょっ玄何言って」

穏乃「灼さん私応援してますから頑張って下さい」

宥「灼ちゃん玄ちゃんをお願いね」

憧「灼さん頑張って」

灼「…」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 00:28:28.48 ID:JoTVuevL0

晴絵「さあ今日は近くの雀荘で練習するぞ」

晴絵「二人の邪魔しちゃ悪いからな!」
穏憧宥「はい!」

灼「ちょっと待って!」

玄「さぁ灼ちゃん始めよっか」

灼「…」

穏乃(こうして灼さんはおもち部長になって二人の仲も学校公認になった。)

穏乃(一度灼さんが暴れて憧と玄さんが怪我をしたけど上手く仲直りできたみたいだ)

穏乃(最初は照れていた灼さんも今では悟を開いたかのように落ち着いているし、玄さんも絶好調だやっぱり赤土先生は凄いなぁ)
終わり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする