【咲-Saki-SS】美穂子「上埜さんが働いてるコンビニ…」蒲原「行けば」衣「いい!」

鬼滅の刃20巻を無料で読む方法!

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 00:36:23.42 ID:UZBBZf920

蒲原「夏ももう終わりだなぁ」

衣「そうだな。楽しい刻はあっと言う間だ」

蒲原「衣、宿題はやってるのか?」

衣「なっ…!?衣を見くびるなよ!自由研究はやったぞ」

蒲原「ワハハ、私よりマシだな」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 00:41:51.85 ID:UZBBZf920

衣「智美、大丈夫なのか?宿題の方は」

蒲原「ワハハ、ゆみちんには見捨てられてしまったけどな。捨てる神あれば拾う神ありさ」

衣「福路か?」

蒲原「そうそう。ミッポが教えてくれるってさ。今からミッポの家に勉強しに行くんだ」

衣「では、衣も行こう。迷惑か?」

蒲原「大丈夫だろう。衣も宿題するのか?」

衣「宿題はハギヨシにやって貰えばいいが……、まぁたまには勉強もいいかもな」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 00:46:08.10 ID:UZBBZf920

福路家

ピンポーン

蒲原「ワハハ」

衣「ワハハ」

美穂子「はーい、今開けますね」
ガチャ

美穂子「いらっしゃい…あら、天江さんもいらっしゃったのね?」

蒲原「今日はお世話になるぞー」

衣「うむ」
~~勉強中~~

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 00:52:23.63 ID:UZBBZf920

衣「うー!つかれたー」バタン

蒲原「衣、人様の家で寝っ転がるのはあまりよくないぞーワハハ」

美穂子「そろそろ休憩しましょう。あっそうだわ。スイカを華菜から貰ったので、切って来ますね。」

蒲原「宿題教えて貰って、スイカまでご馳走になって何だか悪いなぁ」

美穂子「いえいえ、全然いいですよ。私って友達少ないから、こう言う家で勉強会とか憧れてて」

衣「智美と衣で良かったら、いつでも誘ってくれー」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 01:01:51.72 ID:UZBBZf920

美穂子「ふふっ今年はたくさん友達が出来て良かったわ」

蒲原「ワハハ、私は衣と色んな事をしたぞ」

衣「海に山、そして川。先週など北海道に行ってたぞ」

美穂子「北海道?二人で旅行ですか?他校生徒同士なのに、仲がよくて羨ましいです」

智美「正確には三人だ。宮守の姉帯さんとも仲良くなってな。岩手に行くついでに北海道にも。来週は京都に行くんだ」

美穂子「次は京都ですかー。お金とか大丈夫なのかしら?」

衣「智美と一緒にアルバイト頑張ったのだ!透華も社会勉強になるからと了承してくれたしな」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 01:07:33.12 ID:UZBBZf920

美穂子「京都?神社とか見に行くのかしら?」

智美「ワハハ、今回は花火大会だな」

衣「福路山と言う所で大きな花火大会があるのだ」

美穂子「福路山ですか?」

衣「そうそう、福路山……だった気がする」

智美「ミッポも行くか?」

美穂子「わ、私は…、あっ…あの人が行くなら……///」チラッ

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 01:07:45.98 ID:jQl+KHMl0

こらこら、姉帯さんと死神コンビをセットにするんじゃない

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 01:13:15.35 ID:UZBBZf920

智美「竹井さんか?彼女なら」

衣「ツイッターで夏休みはバイトバイトバイトとつぶやいておったぞ」

美穂子「アルバイトで忙しいんですね」シュン

智美「残念ながら竹井さんは来れないだろうな。おっとメールだ」
ブーブー

智美「来週の短期バイトだ。なになに、ピザキャップかー」

衣「問題なかろう。ピザをこねるだけの簡単な仕事だろ?」

智美「それもそうだな。じゃあ、衣と二人で行くか」ポチポチ

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 01:19:54.99 ID:gJgUm9M00

>ピザキャップ

おい

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 01:21:01.46 ID:UZBBZf920

美穂子「みんなアルバイトしてるのね……、私も何かすれば良かったかしら」

智美「私と衣は遊ぶ金欲しさだな」

衣「うむ。いい経験になった。働くと言うのは楽しい事なのだな」

美穂子(楽しいのかしら?)

智美「北海道に行った時の写真があるんだ」

美穂子「わー、ぜひ見たいです」

衣「ふっふっ、見て驚くがいい!」

バーン

智美、衣、豊音の三人が写ってる写真

美穂子「キレイに撮れてますね。…あら?この写真」

智美「ワハハ、気付いたか?衣が一番大きいだろー」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 01:28:07.80 ID:UZBBZf920

美穂子「天江さんがジャンプしてるのかしら?かなり大きく飛ばないと駄目だけど……」

智美「ワハハ、垂直跳び日本記録でも持ってないと無理だと思うぞ」

美穂子「うーん…あっ、わかったわ。何か台のような物に乗って写真を撮ったのね」

衣「もうバレてしまったか」

智美「これ別角度からの写真だぞー。地元の漁師さんが撮ってくれたんだ」パカッ

携帯電話を見せる智美

美穂子「台って…、これパトカーじゃない!?」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 01:35:19.67 ID:UZBBZf920

衣「パトカーのテッペンに登って撮ったぞ」エッヘン

智美「これで豊音より大きいように見せかけたわけさ」

美穂子「いやいやいや…、これ大丈夫なんですか!?」

衣「大丈夫って何が?」

智美「別にパトカー傷つけたわけじゃないし大丈夫だろー。靴も脱いでるし」

衣「ちゃーんと漁師さんにも聞いた。中二病だと大丈夫だと言ってた」

美穂子(まぁ…、この写真を私以外の人に見られなければ…大丈夫な…ような…)

美穂子(コーチが体罰してるのも、隠し通してるわけですし)

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 01:36:19.14 ID:untHOiqT0

たいむりー

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 01:43:36.12 ID:UZBBZf920

美穂子「こ、この写真は私以外には見せない方がいいと思いますよー」ブルブル

智美「おっそうか?ゆみちんに見せようと思ってたけど」

衣「ふぁー」ポチポチ

衣「バルサミコ酢っとな」ポチポチ

美穂子「天江さんもいいですか?」

衣「んっ?すまない。つぶやいてる最中で聞いていなかった」

美穂子(つぶやく?何のことかしら)

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 01:50:54.06 ID:UZBBZf920

そして勉強会も終わり

美穂子「ふぅ……、今日はこれくらいにしませんか?」

智美「ワハハ、遅くまで済まないな」

衣「お礼に我々が食事を奢ろう」

美穂子「いいんですか?お言葉に甘えてみようかしら」

智美「あまり高い食べ物じゃなければ、全然大丈夫だ」

美穂子「えっーと…、お好み焼きなんてどうかしら?」

衣「お好み焼き?それはいいな!」

智美「お好み焼きかぁー。確か竹井さんのバイト先のすぐ近くにあったような」

美穂子「上埜さんのバイト先ですって!?すぐ行きましょう!」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 01:56:48.88 ID:UZBBZf920

お好み焼き屋
美穂子「私が焼きますね」キュキュ

衣「衣はマヨネーズたっぷりで!」

智美「私のエビを衣のに入れてやってくれ、ワハハー」

美穂子「はい、わかりました」
ジャージャー
美穂子「そ、それで…、うえ…上埜さんのアルバイト先って…///」

智美「ワハハ、やっぱり気になるのか?」

衣「すぐそこにあるぞ。たまに衣も寄ったりするし」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 02:03:00.23 ID:8hPZ6jCC0

お好み焼き屋…コンビニ…

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 02:04:06.65 ID:UZBBZf920

智美「帰りに寄ってみよう」

美穂子「えっ!?そ、そんな急に……。ご迷惑じゃないかしら?」

衣「迷惑なわけなかろう」

智美「ワハハ、買い物すればお客さんだしな」

美穂子「こここ、心の準備が…///私、上埜さんと会うの全国大会以来で…」

衣「今会わないで、次にいつ会うんだ?」

美穂子「うっ…」ガタッ

智美「そうだぞ。次って麻雀の選抜強化合宿か?ミッポは選ばれるだろうけど、竹井さんは選ばれないかもしれない」

美穂子「……」ガクガク

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 02:11:37.34 ID:UZBBZf920

衣「後悔噬臍」

智美「後悔先に立たずって意味だそうだ、ワハハ」

美穂子「…ですよね」

智美「別に会って今すぐ告白するってわけじゃないだろ?」

美穂子「こ、告白だなんて///無理です、無理無理」ブンブン

美穂子「けど…、顔くらい…、見たいです///」

衣「よし決まったな」

智美「ワハハ、よし竹井さんが働いてるコンビニに行こう」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 02:14:03.29 ID:dulXqQns0

部長がロッカーじゃなくてアイスの箱に収まってるのか

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 02:17:50.66 ID:UZBBZf920

美穂子「お化粧直しの時間下さい!」

ドタドタ

トイレに駆け込む美穂子
智美「ワハハ、流石恋する乙女だな。長くなりそうだ」

衣「化粧なんかしなくても福路は美人なのにな」

智美「暇だし何かつぶやくぞーワハハ」

衣「智美、そこのマヨネーズとソースの容器を鼻に突っ込んで写メを撮ろう。大ウケ間違いなしだ」

智美「ワハハ、変顔写メだぞー」
カシャ!

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 02:24:49.63 ID:UZBBZf920

進撃のtoyone:@wahaha ちょーwwwウけるよーwww
智美「おっ、受けた受けた」

衣「よし衣もつぶやこう」ポチポチ
美穂子「お待たせしました」

智美「よし行こう。ここから歩いて3分の所だ」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 02:32:07.31 ID:UZBBZf920

上埜マート

ウィーン

久「お客さんだわ」

久「いらっしゃ……あれ?」

美穂子「こここここ、こんばんわ///」オドオド

智美「ワハハ」

衣「ワハハ」

久「あら、美穂子に蒲原さんに天江さん。珍しいわね」

美穂子「ほほほ、本日はお日柄も良く!あの!あっあああ、あっあののの」ワタワタ

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 02:38:19.41 ID:UZBBZf920

久「美穂子どうしたの?顔、真っ赤じゃない」

美穂子「ああああ、あの…あのあの…」

久「これでも飲みなさいよ。アイスティーだけど」コトッ

美穂子「は、はい」

美穂子「んぐっ」ゴクゴク

久「120円になりまーす」

美穂子「は、はい」チャリン

久「で、どうしたのよ?珍しいじゃない。ってか初めてか」

美穂子「ぐ、偶然、近くのお好み焼き屋さんに来たものですから」

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 02:46:32.53 ID:UZBBZf920

久「あぁ、あのお好み焼き屋さんね。美味しいもんね」

美穂子「はい、初めて行きましたけど美味しかったです」

久「この時間、お客さん居なくて暇なのよ。少しお喋りして行かない?」

美穂子「よ…喜んで!!!!!」パアァァァ
智美「ワハハ、何やらいい雰囲気になったぞー」

衣「今日は王者の入荷日か。王者でも読むか」ペラッ

智美「衣、知ってるか?雑誌の懸賞って商品を用意して無かったりするらしいぞ」

衣「それでは詐欺ではないか!?一体、どこの雑誌だ!」

智美「それは知らないけどさー、そんな噂があるって話だよワハハ」

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 02:51:53.51 ID:UZBBZf920

久「~~~」ペラペラ

美穂子「~~~///」コクコク

智美「ま、まだ話してるぞー」

衣「もう雑誌も読み終わった」プクー

智美「先に帰るかー…んっ」キュピーン
蒲原が見つけたのはアイスが売ってあるアイスケース

智美「ワハハ、衣なら小さくてアイスケースに入るんじゃないか?」

衣「いやいや、いくら衣が小さいからって…、こんなアイスケースなんかに…」パカッ

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 02:58:26.71 ID:UZBBZf920

進撃のtoyone:@korotan 天江さんwwwどこで涼んでるのwwwウけるよーwww
衣「ふっふっ…」ニヤリ

智美「いやー今日はいいつぶやきが出来たなー」

衣「ああっ!そうだ、福路も撮ってつぶやいてみよう」

カシャ

美穂子「///」

久「~~~」
とってもいい笑顔のキャップが撮れたらしい
終わり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする