【咲のどSS】和「不老不死」

鬼滅の刃20巻を無料で読む方法!

転載元 : http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1417350595/l50

1 : ◆tr.t4dJfuU 2014/11/30(日) 21:30:05.28 ID:5nSxPoq10

勢いで書いた
特に何も無い

2 : ◆tr.t4dJfuU 2014/11/30(日) 21:31:22.04 ID:5nSxPoq10

咲「和ちゃん、和ちゃん」

和「どうしました?」

咲「なんでもなーい」

和「なんなんですか…」

咲「ふふっ」

和「まったく…宮永さんは」ハァ

咲「仕方ないよ、だって今幸せだから」

和「…」

咲「どうしたの?顔赤いよ?」

和「恥ずかしい事を平然と言う宮永さんが悪いと思います」

咲「そうかなぁ…えへへ」

和「まったくもう……宮永さん」

咲「どうしたの?」

和「好きですよ」

咲「うん、私もだよ」

3 : ◆tr.t4dJfuU 2014/11/30(日) 21:32:31.47 ID:5nSxPoq10

和「お姉さんにお酒を飲まされました」

咲「お姉ちゃん、お酒癖悪いからね」

和「成人して間も無い事を分かって居ないのでしょうか」

咲「和ちゃんと一緒に飲めるのが嬉しいんだと思うなぁ」

和「そうなんですか?」

咲「お姉ちゃん、不器用だからね」クスッ

和「そ、それなら仕方ありませんね」

咲「すっかり気に入られちゃったねぇ、最初は険悪な仲だったのに」

和「そうですね、私自身も此処まで仲良くやれると思って居ませんでしたから」

咲「そうかなぁ…私はこうなるって思ってたよ?」

4 : ◆tr.t4dJfuU 2014/11/30(日) 21:33:03.19 ID:5nSxPoq10

和「……咲さん」

咲「何?」

和「私、成人を迎えて言って起きたい事があるんです」

咲「何かな?」

和「好きです」

咲「うん」

和「愛しています」

咲「うん」

和「結婚して下さい」

咲「……」

和「私が咲さんを支えます」

咲「結婚は支え合うものだよ、和ちゃん」

和「そ、そうですね……」

咲「うん、だから私も和ちゃんを支えるね」

5 : ◆tr.t4dJfuU 2014/11/30(日) 21:33:47.94 ID:5nSxPoq10

咲「和ちゃん、起きてよ仕事だよ?」

和「…後5分寝かせて下さい」

咲「もう…遅刻してもしらないからねー?」

和「ううう…」ムクリ

咲「よろしい」

和「おはようございます……」

咲「ほらほら、顔を洗ってご飯食べなきゃ時間ないよ?」

和「はい…」フラフラ

6 : ◆tr.t4dJfuU 2014/11/30(日) 21:34:15.99 ID:5nSxPoq10

和「では、行ってまいります」

咲「うん、いってらっしゃい」

和「今日は早く帰ります」

咲「うん、待ってるね」

和「なんと言っても初めての結婚記念日ですからね!」

咲「あはは、事故に気を付けなきゃ駄目だよ?」

和「はい、では行ってまいりますね!」

咲「はーい、気を付けてねぇ」

7 : ◆tr.t4dJfuU 2014/11/30(日) 21:34:46.72 ID:5nSxPoq10

咲「最近お母さんが孫を見たいって凄い急かして来るよ」

和「…その事に関してですが…」

咲「うん、分かってるから気にしないで」

和「ごめんなさい……」

9 : ◆tr.t4dJfuU 2014/11/30(日) 21:35:20.87 ID:5nSxPoq10

和「旅行楽しかったですね」

咲「結婚20周年記念だからね」

和「温泉に行くとあの頃を思い出します」

咲「あー…合宿だね、あの頃に戻りたいなぁ」

和「咲さん、今は幸せじゃないんですか?」

咲「んー…すっごい幸せ」ニコッ

和「そうですか」ホッ

咲「でも、一つね」

和「!」

咲「教えてあげないけどね」

和「咲さん、そこまで言ったのなら最後まで言いましょう!」

咲「嫌だよー」クスッ

10 : ◆tr.t4dJfuU 2014/11/30(日) 21:35:52.64 ID:5nSxPoq10

咲「大晦日だね」

和「そうですね、少し寒いです」

咲「こんな日は家から出たくないよね」

和「そういう訳にも行きませんよ」

咲「うー…」

和「ほら、お姉さんや皆が待っていますから立って下さい!」

咲「足腰が痛いよー…」

和「でしたら、私がおぶってあげます」

咲「本当?それじゃあお言葉に甘えて」スッ

和「全然動けてるじゃないですか!!」

11 : ◆tr.t4dJfuU 2014/11/30(日) 21:36:25.38 ID:5nSxPoq10

和「一応、定年退職を達成しました」

咲「今までご苦労様でした」

和「いえ、咲さんが居たから頑張れたんです」

咲「そうかなぁ…だと嬉しいね」クスッ

和「それじゃあご飯作りますね」

咲「私がやるよぉ…」

和「たまには作らせて下さい、仕事も終えて暇な身ですから」

咲「ん…それじゃあお言葉に甘えて」ニコッ

和「はい、お任せあれ」

12 : ◆tr.t4dJfuU 2014/11/30(日) 21:36:57.24 ID:5nSxPoq10

咲「……和ちゃん」

和「なんですか、咲さん」

咲「愛してるよ」

和「…咲さんに愛してると言われたのは初めてですね」

咲「えー、一回くらい言ってるよ~」

和「いえ、この六十年間一度も聞いた事がありませんでした」

咲「変な事ばっかり覚えてるんだから」

和「記憶力は良い方でして」

咲「知ってるよ、ずっと一緒に居たからね」

和「そうですねぇ…時間が過ぎるのは長いです」

13 : ◆tr.t4dJfuU 2014/11/30(日) 21:37:36.17 ID:5nSxPoq10

和「咲さん…」

咲「和ちゃん……」

和「……」

咲「ついに………この日が来ちゃったみたい……だよ」

和「……」

咲「一つ……心残りが………あるん……だけ.…ど聞いてくれる……かな」

和「…嫌です」

咲「我儘……言わないで……ちゃんと……0聞いて」

和「…っ」

咲「私の…事………忘れ…て?」

和「そんなの…そんなの」

咲「ん……和ちゃん……手を握って……くれるかな?」

和「さ、咲さん」ギュ

咲「うん、凄い……暖かいね和ちゃんの……手」

和「はい!ずっと……握ってます!!ずっとです!!」

咲「あり……が……ね?」

咲「そ……ごめ……い…」

咲「だ……た…」ニコッ

和「咲さん…?」

咲「……」ポロポロ

和「咲さんッ…!!」ギュウッ

14 : ◆tr.t4dJfuU 2014/11/30(日) 21:38:04.59 ID:5nSxPoq10

和「おはようございます咲さん」

和「私、一人ぼっちになったみたいです」

和「お姉さんも、優希も、花田先輩もムロもマホも、部長も染谷先輩も……皆居なくなっちゃいました」

和「私、咲さんの事ならなんでも知ってるんですよ?」

16 : ◆tr.t4dJfuU 2014/11/30(日) 21:40:28.40 ID:5nSxPoq10

和「朝弱いのに、毎日私を起こす為に早起きしてた事」

和「最初の結婚記念日に、持ち出されたケーキが手作りだった事も」

和「プロポーズの時に手が震えていた事も」

和「嘘を吐く時、すぐに話題を変える事も」

和「温泉に行った時、何を思って居たのかも」

和「子供が本当は欲しかった事も」

和「全部全部知っていました」

15 : ◆tr.t4dJfuU 2014/11/30(日) 21:38:59.88 ID:5nSxPoq10

和「咲さん……」

和「咲さん…咲さん……」

お墓「」

和「っ…」

和「っ…ううっうぁあああああ!!」ポロポロ

和「あっ、あああぁああああぁぁああああッ!!」ポロポロ

咲(ごめんね、和ちゃん、大好きでした)ギュッ

和「っあああぁあああうわああああああッッ!!」ポロポロ
-おわり-

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする